車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

必読推奨 高リセール車両を狙っている方へ

      2017/04/01

このブログもリセール記事を書き始めてから早8ヵ月。

リセールを調べた車種はゆうに200車種は超えたかと思います。

 

ご要望で他メーカー車も調べたりしているのでしょうがないことですが・・・

一体いつになったら最初のメーカー。

 

トヨタ車は終わるんだ・・・?(ゴールがまったく見えねぇ・・・)

 

と不安になってきている管理人ですこんにちは。

 

スポンサーリンク

 

早速ですが、少し気になることがあるのでリセールじゃなくこの記事を書いた次第であります。

 

というのも色々とコメント欄や直接メールでご質問を受け、分かる範囲でお答えしておりますが、最近「一体何の車を買えばいいのか分からなくなって悩んでる」という質問が非常に増えております。

 

 

どうせ買うなら高リセール車両を買って損を無くしたい。

 

このブログ内で「ランクSSS」「ランクSS」なんかで検索を掛けてみよう。

 

有名車種をある程度調べている分、色々出てくる高リセール車両。

 

しかしMCやFCなんかで下落の不安も・・・

 

一体MCが来たらどれくらい落ちるんだ。

 

FCが来たらどれくらい落ちてしまうんだ。

 

輸出はどう影響してしまうんだ。

 

あーどうしよう!!

 

一体何を買えば一番損をしないんだー!!

 

 

このようなお悩みを抱えている方。

多数いらっしゃると思います。

 

 

そして良かれと思ってリセールを調べている私も最近悩んでおります。

悩ますためにリセール記事作ってるわけじゃないのにどうしたもんかと。

 

 

 

まずこの記事をご覧になった、車のリセールを気にされている方々へ。

決してリセール亡者にはならないで下さい。

リセールを気にすることはおかしな話じゃないですし、しっかり考慮すべき部分だと思っています。

 

ただ!

 

リセールの数値だけを盲信しないで下さい。

 

それではいつか必ず・・・失敗し後悔をする時が来てしまいます。

 

欲しくもないのに「この株上がるよー!」って言われて買ったら下がってうおおおおい!!みたいな感じがいつか来ます。

 

 

まず高リセール車両にある特徴をザックリ書きます。

本当に!本当に!これは頭に叩き込んで下さい。

 

おさらいも含めてですが超重要です。

・高リセール車両(主にランクS以上)でも国内需要によって成り立っているものと海外需要、輸出によって成り立っているものがある

・とりわけ最高位となるランクSSSに関しては一部を除き、ほぼ輸出による特殊な相場として成り立っている

・基本的には車の相場は水物、常時変動するものである

・しかし輸出の相場変動は非常に激しいのが特徴である

 

ここは本当にあなたが後々後悔をしないようにする意味で重要ですからね。

 

 

参考程度に一つ例を出します。

 

【国内需要で相場が形成されている車】

リセールパーセンテージ

1年経過後・・・86%

2年経過後・・・81%

3年経過後・・・75%

4年経過後・・・70%

5年経過後・・・65%

 

【海外需要で相場が形成されている車】

リセールパーセンテージ

1年経過後・・・85%

2年経過後・・・95%

3年経過後・・・95%

4年経過後・・・62%

5年経過後・・・58%

 

これは何の車種とかではなく私が適当に作ったものです。

ただ国内需要と海外需要の傾向はすぐ分かると思います。

 

国内需要の傾向としては、大きな夢(新車価格を超えるとかほとんど差分が無いとか)はありませんが、国内の需要が急激に下がるなんて三菱不正のような特別な状況じゃない限りはありませんので順当に落ちていきます。

人気があっての高ランクになるため、MC、FCが絡まなければ下落幅も低いのが特徴です。

MC、FCに関しての情報は事前に入手も出来ますので今後の展開が読みやすいのも特徴ですね。

しかし相手は国内、日本人なので距離数、状態など国内の人気ポイントを押さえているかどうかでリセールが変わっていきます。

 

 

それに対して海外需要はその車種毎に傾向は異なるものの、車によっては国内需要では絶対に無理なクソ高いリセールを一定期間維持するのが特徴です。

距離に対しても融通が利くので過走行には向いています。

ただしその期間ははっきりとせず、外れた時には本来の国内相場に戻ってしまうため急激な相場下落を引き起こします。

そして外れるタイミングも分かりません。

 

重要なのでもう一度。

 

外れるタイミングは分かりません。

 

 

 

これが分からないため車屋のプロもしくじれば泣きますし、人によっては億単位の大量発注、大量転売で人生終了レベルまでいきます。

実際私も過去に数度泣いています。

 

 

当然皆さんが思うことは高リセールの車を選んだ以上、売る時にその恩恵に預かりたい。

これが大前提でしょう。

 

特にリセール90%以上の車両をピンポイントで狙っている方。

今一度、そのリスクを再確認して下さい。

 

今が90%以上でも、それが1年後・・・半年後・・・1ヶ月後・・・続いているのかは分からないのです。

その上で、ギャンブル性があることを分かっていて狙うのが特需も絡んだ輸出車両狙いです。

 

過去の傾向から高リセールの信頼度(継続率のようなもの)は推測出来る部分もあります。

パチンコみたいなものですね。

 

ただしあくまで推測であり確実なものではありません。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、こういった部分を把握すれば考え方も色々と出てくると思います。

・ギャンブル性を把握した上で、現状トップリセールの車を狙っていく。

・ギャンブル性を把握した上で、その中でも保険で国内需要も高そうな車を狙う。

・ギャンブルは嫌だ。もっとローリスクに国内需要で高リセール車を狙っていく。

・あくまで自分が乗りたい車(系統)が先だ。その中で高リセールになりそうな車を選んでいく。

 

人それぞれの選択があると思います。

どれくらいの期間を乗る見通しなのかによっても選択は変わるでしょうし、何が正解というものでもありません。

 

ただくれぐれも・・・

ランクSSSを選んどけば自分は幸せになれるという、言葉は悪いですが短絡的な考えを持つのは危険ですので止めましょう。

 

不幸な方を量産するためでは無く、売る時にこの車選んどいて良かったな”って思って貰えるようにこのリセール記事作っているわけですからね!

 

 

※注意

すでに最初の頃に調べた車は8ヵ月前ということで、現在の市場相場と食い違いが発生しているかと思います。

その当時は特需ー!って騒いでたけど今はもう終わってるとかとか。

そういった内容も含めて既存記事に対して随時、もしくは定期更新があるのかという質問を受けましたが・・・

さすがにそこまでやるとマジでエンドレスモード。

趣味の範疇超え過ぎていますのでその予定はありません。

重要な部分は記事内に追記しとくくらいが精一杯ですのでご了承下さい。

 

 

 

  

 - 管理人のつぶやき ,