車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【XC70】リセールバリューをランク付け!

   

あーなるほどV70とXC70が合わさってV90になってるのか・・・

 

本日はボルボXC70です。

 

この車はスバルのアウトバックみたいな感じなので、なんというか純粋なSUVという感じではありません(私の中では)

車高が高いアウトドア向けワゴンという感じで車自体の高さはそこまで高くないので、たぶんリセールもかなりワゴン寄りになるんじゃないかな?

この形状だと輸出該当があってもおかしくないので、その辺も気になるところではあります。

 

平成29年に生産終了です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D 33%

 

 

・海外輸出情報

最終型(平成19年~)・・・低輸出に該当

 

 

・総評

あららら・・・

かなり後半壊滅的だなぁ。

 

平成24年以降のデータが3台だけと、まともにグレード別調査が出来ません(笑)

 

まぁグレード設定もXC70は少ないんでなんとなく数値化してみた感じでは、3年経過3万キロ時でリセール数値30%台で止まりますね。

SUVよりワゴン寄りという見方で問題無いかと思います。

 

となると気になるのは後半にかけてなわけですけどー・・・

うん、ワゴンにしてはまぁまぁかも。

 

8年経過8万キロ時の目安リセールが10%強くらい。

 

10年経過10万キロ時の目安リセールが8%前後くらい。

 

10年経過なんてまずワゴンは5%以下になってますのでやっぱりちょっと優秀ですね。

走行距離20万キロオーバーでも低輸出で保証もされていますので、燃費悪いし壊れそうだしでまったく過走行向けの車じゃないと思うけど一応安心も出来ます。

 

ただ、そういった価値の最低保証があるのも最終型スタートとなる平成19年まで。

 

前型になった途端最低保証が無くなり廃車一直線です。

距離薄、程度良好、比較的高年式(前型の末期)であればまだ国内需要もしっかり残ってますけど、廃車比率は7割くらいまで一気に増加しますので、いずれ最終型初期の平成19~22年式当たりも廃車の波が押し寄せてくることでしょう。

 

このタイミングがいつになるかは生産終了しちゃってる車なのでさっぱり分かりませんけど・・・(V90のビッグマイナー時あたりか?)

20万円くらいが一気に0円になる時が来ますので、過走行気味の方は早めに動いちゃった方が良いような気がしますね。

 

それなりの国内需要もあるためいまいち中古の購入お勧めポイントが発見出来ず、おまけにいつ梯子が外されるかも分からない。

個人的にはリセール気にするなら、ちょっと中古購入には不向きだなと感じてしまうXC70でございました。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランク【ボルボ】

【XC70】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0