車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アテンザスポーツ】リセールバリューをランク付け!

   

本格派では無くライトなスポーツセダン。

 

本日はアテンザスポーツです。

 

正確に言えばトランク部分が車内と繋がっているので5ドアハッチバックタイプですね。

 

リアスポイラーやサイドエアロなどでスポーティー感を出している車ですが、市場流通はかなりAT車両が多く雰囲気を楽しみたい方用だったかと思います。

なので踏めば普通に加速するけど“ぶっ飛ぶ”という車ではありません。

 

平成24年に生産終了しております。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C

 

 

・海外輸出情報

2代目(平成20年~)・・・中輸出に該当(ATとMTに違いは無し)

初代・・・MTのみ極プチ輸出(排気量的には廃車でもOK)

 

 

・総評

最後は2500ccのみになっているのでこの排気量を中心に見ていきます。

ではこの車の特徴です。

・ATorMTはMTの勝利(特に6速MTになってから)

・25Sと25Zでのグレードによるリセール差は感じられない

・超希少な4WDはこの車には求められていないらしい(リセール的には2WDの勝ち)

・ある程度落ち着いているのか距離の価値減少が少なめ

・色はやっぱり白黒が強い

・改造による付加価値は普通程度(エアロ、アルミ、足回りで10~15万UPとか)

・修復歴の影響が10~15万程度となぜか少ない

 

こんなもんですかね。

 

全体的な印象として、最終生産の24年式(5年、5万キロあたり)でおおよそ30%前後とそれなりに下がり切っているため、2代目に関してはそこからの下がり方が非常に緩いです。

一応輸出に底値も存在していますが(20万キロオーバーまで確認)、それよりも国内需要が上に来ているため低走行であれば年式の影響はあまり受けていないですね。

 

ただ初代に入ると一気に輸出が消滅に近いレベルになってしまうので、2代目をもし所有されている方も輸出に過信すべきではありません。

そこまでアテンザ系が輸出に強い印象もありませんから、いつ終わってもおかしくないという気持ちでいた方が無難です。

それか過走行気味ならもう早めに手を打って売ってしまうかですね。

 

 

あと中盤まで設定があった2000ccと2300ccは・・・

うーん特別これといった特徴が無いな(笑)

国内需要として問題無いレベルであれば10年経過程度ならまだ全然再販に回っています。

 

大体12年経過12万キロあたり。

 

ここら辺までは初代でも一応買取店に足を運んだ方が良いですよ!

廃車よりは気持ち高い売却金額が望めるかと思います(もちろん状態次第ですが)

 

6MTセダンって最近はだいぶ少なくなってきていますし、あっても特別枠設定みたいな感じで高額なことが多いので、お手頃に、そしてライトな感じで乗りたいなんて方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

管理人のお勧め購入ポイントは2代目の最終生産あたりで、長期では無く短中期(乗っても5年くらい)で回転させるのがベストかと思います。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランクマツダ車