車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【インプレッサスポーツワゴン】リセールバリューをランク付け!

   

インプレッサ系の流通量二番手。

 

本日はインプレッサスポーツワゴンです。

 

低いグレードは当時かなりお安かったのもあって、まぁ~よく査定してました。

スポーススポーツしてない通常ステーションワゴンとして、若い人からおじいちゃんまで幅広く乗っていた印象があります。

代車としても使い勝手よかったなぁ。

 

平成19年で生産終了と・・・もう終了してから10年経つので最近はあまり見なくなってしまったのが悲しいです。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク
 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C

 

 

・海外輸出情報

WRXのみ、型によっても変わりますが極プチ~プチ輸出に該当。

 

 

・総評

んー久しぶりに見たけど廃車率かなり高くなってる!

 

この車の中でも一番流通量が多いであろう「1.5i」

ベースグレード(当時で車体130万前後)で安いということもあるんですが、このグレードだと最終生産でも8割型は廃車ですね(古いと廃車一色です)

 

生き残っているのは低走行・・・だけじゃダメで、状態がそれなりに綺麗、車検が残っているなどの付加価値が無いともう厳しいようです。

それでやっと回避出来るというレベルなので、所有されている方は大きな期待は持たずに買取店巡りしてみましょう。

条件さえ満たせば廃車よりは確実に高くなるはずです。

 

 

あと最終にだけ設定があったっぽいグレード「1.5R」

このグレードはだいぶマシかな?

枠で言ったらプチ輸出くらいなんだけど、それでも比率で言ったら半分以上は生き残っているので廃車回避の可能性は高いです。

12万キロくらいが一つのボーダーと覚えておきましょう。

 

 

そして最後にスポーツグレード設定としてあった「WRX」

 

このグレードのみ、年式に関係無く廃車の選択は無さそうですね。

 

輸出のラインは高くないのでそこまで売却金額に対しての期待が出来ないですが、最後はきっちり輸出。

そして距離が少なければ国内需要に廻っているようです。

「MT > AT」という構図は毎回の通りだけど、そこまで目立った差は感じませんのでATの方でもしっかり動くべきだと思います。

 

あ、丸目(平成12年あたり)に設定があった「STi」はもちろん別枠で高いです。

まぁ相当台数少ないマニア車両だし、新車で買っている人なんてもうほとんどいないでしょうから分かっているとは思います。

 

以上、スポーツセダンと比べるとちょっと寿命早いかなーと感じるインプレッサスポーツワゴンでございました。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【廃車ひきとり110番】

一通りの諸費用無料、車体にお金出してくれる率90%以上の全国対応型廃車業者です。

そして車検が残っている場合、自賠責保険や重量税などの還付金も事前に含めて支払ってくれます。

車検が残っている車の廃車を検討している場合は非常にお勧め!

しっかり交渉していきましょう。

 

 

 - リセールランクスバル車