車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【インプレッサ】リセールバリューをランク付け!

   

インプレッサ系の大元。

 

本日はインプレッサです。

 

ここからスポーツカーの「WRX STi」、乗用セダン」の「G4」などなど。

車種がそれぞれ分かれていって今の形になっています。

昔は一括りでインプレッサ!だったけど最後はSTiしか残ってなかったのね。

 

平成26年で分岐が完了して生産終了しております。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  67%

 

 

・海外輸出情報

や、ややこしい・・・

 

平成19年FC以降~~

7年規制有り・・・規制内なんでも低輸出に該当

規制外・・・FC以降であれば極プチ~プチ輸出に該当

STiのみ高輸出に該当(MTだと超高輸出の可能性有り)

 

平成19年FC以前~~

WRX(STi含む)・・・極プチ輸出以上は確定

型とATorMT、グレードなどによって高輸出まで期待出来ますが、複雑過ぎるため割愛

 

 

・総評

そいじゃまずはグレード別を。

WRX STi(ハッチバック) AT 不明

WRX STi(ハッチバック) MT ランクS

WRX STi(セダン) AT ランクS

WRX STi(セダン) MT ランクSS

 

上下差7%。

上位はMTのセダン形状。

下位は・・・割り出せたやつで見るとATのセダン形状ですが、たぶんハッチバックタイプのATが最下位になるはずです。

 

新型車として「WRX STi」が出てしまっているので型落ちとしての内容になりますが、やはりMTのリセールはかなり高い部類に入りますね。

そして下がるのは下がりますが、ATも全然悪くないという印象。

 

では次にこの車の特徴です。

・ハッチバックとセダンはセダンの方がちょっと人気高い(ただし現行型もセダン形状などでそこまでの差ではない)

・ATとMTはもちろんMT優位。

・色の差は思ったよりは無く、白、黒、そしてスバルブルーが上位。

・シルバーなどの下位と比較すると、3年経過くらいで15万程度の価格差。

・修復歴は3年経過程度の価値だと総じてダメージが大きく、50万は当たり前のように落ちます。

・距離に対しての価値減少度合いが大きく、特に低走行時は1万キロ=20万ぐらいの減り方をします。

 

こんなもんかなー。

 

改造に対する跳ね返り方も見たかったんですけど、なーんか新しめの型って弄る人少ないんですよね。

市場データ見ててもそうですし、実際に買取をしていてもノーマルかライトチューン(吸排気系くらい)で乗っている印象が非常に強いです。

平成19年より前のやつは改造している人凄く多いんですけどね(笑)

乗ってる層(主に年齢)の違いかな?

 

 

あと輸出項目はこの車複雑過ぎるため割愛・・・というか途中でブン投げてしまいましたが、昔はよく丸目、涙目、鷹目なんて言ったもんです。

 

おおよその価格的には

丸目 < 初代 = 涙目 < 鷹目

 

そしてMTの方が良い、限定車であれば尚良しという感じになります。

 

そして・・・台数限定のコンプリートカーの中で、一部おかしなことになっている物がありますので一応書いておきます。

たぶん見ている人でご縁がある方はいないと思いますが。

 

当時400台限定だったと思いますけど、台数限定で販売された初代インプレッサ「22B STi」

 

価格的にまず輸出だとは思いますが、1台のみあるそのグレードは場取引価格1500万を超えております。

 

新車価格500万くらいだったと思うので、リセールパーセンテージで言ったら今まで調べた中でトップかな(笑)「

超低走行だったということも高騰の理由にはなっていると思いますけど、試しでお世話になっているGoonetを見たところ・・・

走行20万キロ超えの修復歴有り車両が700万以上で売っているので、ぶっ飛んでことは間違いないでしょう。

 

普通に走れば新車価格超えは確定かと思いますので、もしご所有されている方がいましたらアタックしてみてもいいかもしれませんね!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクスバル車

【インプレッサ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
12