車の購入豆知識 車売却前に知っておくべき知識

お礼の年賀状を送ったら大惨事になった件

投稿日:2017年6月6日 更新日:

以前なんかの記事内に書いていたどうでも良い話を息抜きがてらに一つ。

これは特定までには至らないと思うけど、数年前の話とだけしておきます(笑)

 

注)決して面白い話ではありません

 

スポンサーリンク

 

えーうちのお店だけでなく、利用された方に対してDMや年賀状などなど・・・

感謝の気持ち+宣伝(大半はこれ目的)で自宅に売却先から郵便物が届くことがあると思います。

新車で車を買えばディーラーからも新型車の案内とか届いたりしますよね。

個人情報を渡している分、まぁ普通と言えば普通です。

 

ちなみにこの手のDMやはがきなどなど。

ネット関連だと事前に受け取るか拒否って選択も出来たりすると思います。

物を買いたいだけで余計なメルマガや案内通知なんかはいらねー!と思えば拒否。

 

でも対面の買い物だと基本的には拒否という選択が無い。

 

私が知る限りは事前に拒否なんて出来ず、一方的に届くのが当たり前だと思っています。

 

契約書の取り交わしがある物だと、契約書内に「頂いた個人情報を基に~云々~」って書かれてたりしますしね。

なので「今後広告やクーポンなどの郵便物が届きますよ」と説明されることも基本的には無い。

 

 

これが前提のお話ですが、数年前に私はその年に売却or購入でご利用頂いた方に感謝の年賀状を送りました。

 

「今年はご利用頂きありがとうございました!」と・・・

 

「また機会があればご利用して下さいね!」と・・・

 

毎年やっているんですが本当に感謝の気持ちだけ。

これ持ってきたら「オイル交換無料」とか「1万円キャッシュバック」とかそんなのも無いちょーシンプル仕様。

 

そして無事元旦に届くよう筆ペンで書き上げ、気持ち良く新年を迎えたお店でキャッキャしていると謎の電話が・・・

 

 

 

電話主「昨年9月頃に松井和夫(仮名)という名前の人間がそちらで車を売却しましたか?」

 

私「は?」

 

たまーに警察の方が盗難車両の調査で電話、もしくは店に来て売却確認を取ることがあります。

 

ただこの電話主は名乗らない。

 

そんな誰かも分からん人に答える義理も無いし、個人情報に関係することを答えられるわけが無い。

 

私「失礼ですがどなた様でしょうか?個人情報に関することはまず答え出来ないですし・・・」

 

 

すると

 

電話主「松井和夫(仮名)のです」

 

 

電話主「年賀状が届いたのでご連絡しました。夫から聞いていた売却先と違かったのでどういうことかと」

 

私「は、はぁ・・・」

 

詳しく理由を聞いていると

・旦那からは個人売買で売却をしたと聞いている

・うちで売却をしているんであれば話が違う

・実際に売っているんであれば売却金額を教えて欲しい

 

このようなことを3回くらいマシンガントークで説明され、電話で答えるべきでは無いと判断した私は

 

「とりあえず旦那さんと一緒に店に来てください」

 

と伝えました。

 

 

そして後日、夫婦揃ってお店に登場。

 

どちらも・・・顔がすでに不機嫌です・・・

 

旦那さん、あなたもっと笑顔だったのにどうしたの!!

って言いたかったですがとりあえず冷静に対応。

 

調べたら旦那さんがうちで売却しているのは間違いなかったので、その場でうちが保管していた契約書を見せました。

 

私「確かに旦那さんはいついつにうちで売却をされています。これがその時の契約書です」

 

奥さん「どういうことよ。知り合いに売ったって言ってたじゃない」

 

奥さん「それに言ってた金額と違うし!!」

 

 

張り詰める空気。

 

どこかへ逃げたい私。

 

 

そんな中で

 

旦那さん「ふざけんな!!!」

 

私・・・(お~っとここで夫婦喧嘩かよー!!かんべんしてくれー!!)

 

 

って思っていたら旦那さんの目線がなぜか私に・・・

 

旦那さん「何勝手に年賀状送ってきてんだおいいいいい!」

 

 

私「矛先はこっちですか!!」

 

なんという責任転換。

世の中非情である。

 

事前に展開をいくつか予想していたので、最悪離婚絡みの財産分与、軽症で旦那さんのお小遣い稼ぎと思ってましたがこの時は後者の内容でした。

奥さんがこちらの味方だったので、最終的には旦那さんが言葉攻め(私と奥さんの)で喘いでおりましたが、前者だったら喘ぐだけじゃ済まないよねたぶん(それでも3時間くらいは口論してたけど)

 

  

 

基本的に車の売却は夫婦揃ってか旦那さんの単独が多いです。

 

お小遣い制のご家庭はこういった時に旦那さんがちょろまかそうとすることも少なくありません。

 

後日、何か売却先から売却証明に成り得るものが届くかも・・・

と考えておけばこんな方法取らずに済んだのに

 

契約書が無い個人売買=ちょろまかせる

 

と短絡的に考えてしまったためこうなんな結果になってしまったんでしょう。

 

 

というわけでへそくりを作りたい旦那さん(もしくは奥さん)へ

夫婦喧嘩の種になってしまう可能性もあるためお勧めはしません。

 

しませんが!!

 

ちょいちょいこの手の相談に乗ることもあるのでアドバイスはしておきます。

あくまで自己責任の元でやるならやりましょう(マジで夫婦喧嘩になっても知らんぜよ)

 

・契約書の金額変更

これはたまに言われますが現実的ではありません。

嫁に見せる用と本当のを用意してくれと言われても、契約書ってそんな簡単なものではないので不可能だと思って下さい。

 

出来るとしたら・・・

廃車以外は返金対象となる「リサイクル預託金」は法定費用となるため、消費税対象となると車両代金と分けて書くケースもあります(会社による)

よく読まなければその分は誤魔化せるかもね(入金時には総額が振り込まれるのでバレると思いますが)

 

 

・支払先口座を分ける

これが現実的。

ただし対応出来る会社は限られます(大手はまず融通が利かないので、あなたが車関係の業者でもない限りは無理です)

 

例えば正規の旦那さん用口座に50万円、もう一つの秘密口座へ5万円。

もしくは現金渡し。

 

契約書は55万円としか書けませんが、契約書を見せずに通せるならこれが一番賢いと思います。

 

実際に私が対応している方法です(笑)

後から契約書を見せろと奥さんに言われても泣かないように。

日ごろの行いが大事です(信用を勝ち取って下さい)

 

・念を押す

何の念を押すって話ですが、今回の実例に合わせて個人売買などの別口で売却をした体にし、実際の売却先から郵便物などが来ないように念を押します。

 

ただこれはまったくお勧めしません。

 

担当スタッフは分かっていても店単位でそのことを把握しなければいけない、最悪本社から全国一括でDMなどの郵便物が届く可能性もあるので、念を押せるのはいいとこ担当スタッフくらいだと思って下さい。

それに忘れられたらアウトですしね・・・

バレてもなんとかなるくらいの覚悟が必要です。

 

 

とまぁこんなことをつらつら書きましたが、尻に敷かれないことが一番だと思いますハイ。

  

-車の購入豆知識, 車売却前に知っておくべき知識
-

執筆者:


  1. シロニイ より:

    こんばんわ。その後

    にー「旦那さん。アンタ車も売って魂も売っちまったんだね。」
    旦那「う・・・うわああ(´;ω;`)」
     嫁「行きましょう。」

    (この時お店に流れていた歌は山口百恵のいい日旅立ち)

    みたいな展開だったのでしょうか?
    あと、にーさんのハリアーの賭けが勝ったとか負けたとかは
    1ヶ月以内で決着がつくものなんでしょうか?

    • にー より:

      その後は旦那さんが恨めしそうな顔で私を見ながら、奥さんに無理やり場外退場(店外に連れ出され)ておりました・・・
      ご本人名義で事前に「お小遣いが欲しい」と相談を受けていればちゃんとアドバイスをしたんですけどね。
      言われないと分かりませんので、私も恨めしそうな顔でお見送りしておきました。

      私のハリアーは1ヵ月くらいで決着が付くんじゃないですかね?
      ただ一般の方へ超短期売却を進めるのは危険かなーと感じてきているので、以前の別の車のように結果を公表するというのはやめとこうかなと思っています。
      変に煽ってしまってブラックリスト量産とか笑えませんからね・・・
      ズッコケてプギャー!!ってなったら公表するかもしれませんが(笑)

  2. okiraku146 より:

    嫁に内緒でヴェルファイアを契約しそのまま即転売してたら、
    ディーラーからご丁寧に1カ月点検のDMお知らせというのが来てまして。
    普通の商談を装って購入しましたので、ディーラーからはDM送付先自宅でも宜しいでしょうか?
    とか聞かれませんので普段通りの営業ルーティンワークだったんでしょう…
    ハガキを受け取った嫁には既にバレていて「車買ったでしょ?どこにあるの?」と…。
    ディーラーにも即転売したからDM止めてとも言えず、結構焦りました…。

    • にー より:

      うわー新車バージョンのバレるケースですね。
      言わなかっただけで偽ったわけじゃないと思うので、転売で儲かるから小遣い稼ぎしてたと堂々と言えばセーフな気もしますが(笑)
      儲かってるならバッグ買ってよとか、家にもお金入れてよって言われるのが結婚生活なんでしょうか・・・?

  3. だーほん より:

    お疲れ様です。

    契約や売却をした訳では無いですが、

    トヨタのハリアーを検討してた時、嫁は営業マンの自宅訪問やDMを極度に嫌がる人間なので、見積もらいに行った際に「買うときは直接出向きますから、お願いだからDM送ったり自宅訪問しないで下さい。」と伝えて了解を頂いたのですが。

    その夜に、営業マンと店長がやって来ました。。。

    あれだけ言ったのに…

    当然嫁は営業に激怒、ハリアー買いたい話を伝えておらず、私もしばかれる羽目に。

    私「来ないで下さいって言ったじゃないですか!」

    営業「すみません…(店長にだから行くなって言ったじゃんという目線)」

    店長「奥様に熱意が伝えたくて。。」

    嫁「あんたら、ストーカーですか…早く帰って下さい」

    当然、ハリアー購入計画は断念(笑)

    お金のやりとりは発生してないので、良かったですが、、、(笑)
    トヨタの売り方って、21世紀の世の中でも、前時代的ですよね。。

    • にー より:

      うわー嫌な方に営業熱が向いてしまっていますね・・・
      昔の上司を思い出しました・・・

      今は母体の会社によってなのかなーとは思います。
      私が知っている某トヨタディーラーは外回り営業を完全に止めたと聞きました。
      お願いをしに行くんじゃなく迎える存在になるような話をしていましたね(営業成績は落ちそうですが)

      DMとか突撃営業を回避しながら見積もりを取る方法も一応ありますので、そのうち記事にしようかなと思います(笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安易に貼るな ステッカー、シールの危険性 

今日はこんなお話です。 というのも痛車とは違いますが、本日シールをペタペタ車に張り付けたお客様が来られたんです。   ちなみに痛車をご存じ無い方もいるかもしれませんので、参考程度に痛車はこん …

後からのトラブルを避けるための知識 メーター交換とは?

管理人は現役時代に年間300~400台前後の車を買取をしてましたが、年間5件前後の割合でトラブルになるのがこのメーター交換です。   まずメーターの交換は経緯が以下のように分かれます。 ①故 …

正規ディーラー以外からの新車購入について

今まで何度かご質問があった内容ですので記事にしようと思います。   本日は正規ディーラー以外からの新車購入について!   よく街中でも中古車屋さんなんかが中古車販売と一緒に「新車販 …

超重要 営業マンは知り合いだらけ 恐怖の談合 その実情とは

はい今回はこんな内容です。 正直この話はすべきかどうかかなり悩みました。   爆弾投下の次元が違うような気がしますからね・・・   まぁ個人ブログですから好きに本当の部分を偽りなく …

事故の現状車もお金になる?諦める前に取る行動

本日通勤途中に車が転がっておりました。 事情を知らず渋滞でイライラマックスだったわけですが、その横を通った際に女性運転手であろう人の切ない顔を見て あぁ・・・人は大丈夫そうだけど新しそうな軽自動車なの …

お礼の年賀状を送ったら大惨事になった件

by にー time to read: <1 min
6