リセールランク【アウディ】

【アウディTTSクーペ】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年10月3日 更新日:

Sが付くのでRSとベースの中間ポジション。

 

本日はアウディTTSクーペです。

 

市場データを見るとTT系でもっとも多い「TTクーペ」の10分の1程の流通量ですが、それでも40台弱の台数がありますのでまだ相場は見やすそうな感じはします。

他のS系と比較しても流通量は多い方かな?

一般の方でもかなり頑張れば買える700万前後の新車価格というのも大きかったんでしょう。

 

ただ難点として、TT-RSクーペにはあった初期のMT設定がこちらにはありません。

 

そこら辺が後半どう影響しているのかも注目してみたいと思います。

 

平成20年から現在も販売中となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・B  53%

 

 

・海外輸出情報

不明

 

 

・総評

TT-Sクーペは27年8月にFCが入っておりますので、データ量が豊富なFC後の現行型で今回は算出しております。

 

3年経過3万キロ時のリセール数値・・・53%

 

グレードはベースの1種のみとなりますので、どの車もこの数値が基になると思って下さい。

 

調べる前はもうちょっと悪いと思ってたんだけどなぁ・・・

現行型パワーがそのままリセールに直結しているような印象ですね。

 

ちなみに

29年式(1年経過)の1万キロ目安・・・63%

28年式(2年経過)の2万キロ目安・・・58%

 

各年式の下落幅は約30万~40万くらいとなります。

現行でこのペースなので、27年式以前の前になればもっと年間の落ち幅は緩くるでしょう。

 

また、FCによる下落数値も確認したかったんですけど、残念ながらFC前は買え控えが発生していたようでデータがまったくありません。

27年式のFC前はおろか、26年式すらデータが確認出来ませんでしたので、参考になるか分からない5年経過、5万キロ目安の数値を残しておきます。

 

5年経過、5万キロ目安・・・約35%。

 

数値は(輸入車にしては)まずまずな水準ですが、ザックリ計算してもFCの影響は70万80万くらいあったと思います。

なので、どうも前型の年間下落ペースがかなり緩いような気がしなくもないんですよね・・・

その証拠に10年経過、10万キロのリセール数値を計算すると約18%とかなり高めの数値が出てきます。

 

700万前後する新車価格の車が、10年後に100万はなんとか割らない価値をキープする。

 

これを普通のことと思う方もいらっしゃるでしょう。

600万も失ってるじゃん!と言われればごもっともとしか言えません。

ただそれ以上の価値ある車がボロボロと価値を落として地獄絵図になっているのは、他の輸入車記事をご覧になればすぐ分かると思います。

 

今まで数多くの車を調べてきましたけど、10年後の残り具合は国産車含めても平均10%くらい。

 

そう考えると、損失額では無くリセールの観点で見れば、TT-Sクーペは結構優秀な車ということになります。

まぁそこを把握してお得に買うのはちょっと難しいですけどね。

 

年式が上がれば価値も上がりますし、距離数が少なければ古くても100万以上一気に価値が上がってしまう。

輸出関係無しの国内需要だけで相場がなりたっているので、価値が落ち着くポイントを探っていくと、どうしても8年経過8万キロくらい以降からとなってしまいます。

現状相場を見る限り、そこから追加3~4万キロくらい遊び感覚で乗っても大した損失にはならないんですけど・・・

 

はたして故障は大丈夫なんだろうか?(笑)

 

輸入車だからこその心配が出てきてしまいますね。

 

壊れる前兆が出てきたら売る。

これが出来る方は問題無いと思いますけど、壊れきった後に動けば価値はダダ下がりすることでしょう。

 

買取店は新品でも壊れる寸前でも、普通の挙動ならマイナスには取らない。

 

ただし壊れていれば必要以上にマイナスにする。

 

こういうものですので、この辺を理解されている方は手を出さても良いのかなと思います。

 

※「TT RSロードスター」は市場データが無いため飛ばします。

 

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【アウディ】
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アウディS6】リセールバリューをランク付け!

他アウディと違って2019~2020年ごろにフルモデルチェンジ予定。   本日はアウディS6です。   新車価格1300万ほどの上位クラス。 しかもFCを今後に控えての状況なので、 …

【アウディA6ハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

当時アウディ発となったハイブリッドモデル。   本日はアウディA6ハイブリッドです。   この車は珍しいタイプですね。 平成24年に発売したものの27年にはすぐに生産終了と、僅か3 …

【アウディA6オールロードクワトロ】リセールバリューをランク付け!

毎回思うけど、オフロードモデルのステーションワゴン系アウディ売れてないですよ?マジで。   本日はアウディA6オールロードクワトロです。   以前調査した「A4オールロードクワトロ …

【アウディTTクーペ】リセールバリューをランク付け!

この車は比較的有名な部類の車でしょう。   本日はアウディTTクーペです。   歴史も平成11年からとそれなりに古く、過去に10台以上は買取をしている車です。 乗っている層もおじさ …

【A4カブリオレ】リセールバリューをランク付け!

まず見かけることが無いA4のオープンタイプ。   本日はA4カブリオレです。   アウディ自体は結構査定などで接点もあるんですけど、このカブリオレは実物を見た事がありません。 知り …

【アウディTTSクーペ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0