リセールランク【三菱】

【ギャランフォルティス】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年11月15日 更新日:

再販したものの、セダン需要の低さから昔ほどの販売台数を稼げなかった車。

 

本日はギャランフォルティスです。

 

販売した直後に1件だけ商談で絡んだのは覚えていますけど、その後はさっぱーり。

気付いたらいつの間にか生産終了しておりました。

ラリーアートはそれなりに強いはずなんだけどなぁ・・・

 

平成27年で生産終了となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・C

 

 

・海外輸出情報

ラリアート・・・推定中輸出に該当

それ以外のグレード・・・プチ輸出に該当(2WDor4WD関係無し)

 

 

・総評

ん~どういう理由か分かりませんけど、やたらと過走行車比率が高いです。

 

25年式以降のデータ計15台中、10万キロオーバーが11台・・・

 

おいおいこんなんで数値化出来るかコラッ!!!

三菱関係の営業車にでもなってたんだろうか?

過走行の代名詞、ハイエース君もビックリの比率だよまったく。

 

とりあえず24年式、25年式の平均的な走行距離数データを見る限りは、5年経過5万キロで大体リセール数値が20%をちょっと切るくらい

なので3年経過3万キロ時で言えば良くて30%くらいだったと思われます。

輸入車でもなくEV車でもない普通の車でこうなってくると・・・所有者は売る時頭抱えるだろうなぁ。

 

ラリーアート以外のグレードで、価値が50万以上ある車両はかなりレアだと思われます(最終27年式の1万キロ白黒だとクリア出来るかもくらい)

 

 

ただその後は地味に優秀。

人によっては中古購入の視野に入れても良い車へと変化していきます。

 

まず初期の平成19年式まではプチ輸出が継続。

たまに地方会場でズッコケている(極プチ輸出になっている)車もありますけど、基本どのギャランフォルティスも廃車よりはまず高い売却にはなるはずです。

ちょっと今から過走行目的で手を出すとなると、いつ輸出が切れるか不安な面もありますが・・・

10万円前後が最悪2~3万になる覚悟があるなら、初期投資はかなり安く済ますことが出来ますね。

 

また、高年式が低走行でも安いなら、低年式の低走行はもう価値が無いのかというとそういうわけでも無く、8~10万キロ未満なら国内需要に回る可能性もそれなりに残っています。

現在所有されていてあまり距離が伸びてないなんていう方は、ヘタに焦って動くよりも長めに維持する方が得に繋がりますので参考にして下さい。

 

25年式と19年式の相場がパッと見あまり変わらない不思議な相場をしているのが、ギャランフォルティスとなります。

 

あと最上位設定となるラリーアートというグレードだけは予想通り別物ですね。

輸出底値は推定中輸出の枠。

初期の平成20年式でも10万キロ未満であれば国内需要によって高輸出枠以上での取引が大半になりますし、状態が良好な低走行車であれば100万以上も可能性が出てきます。

当時の新車価格が300万くらいだったことも考えればリセール数値は30%くらい

グレード単体で見ればかなり優秀な部類です。

 

悲しいことに他グレードが足を引っ張り倒しているため、無理やりランク付けすればランクC。

ランクD~Eの大衆グレードと、SSクラスのラリアートという感じで大きく分かれていますので、それぞれ傾向を把握した上で所有されている方、購入を考えている方は損をしないよう動いて頂ければと思います。

「ギャラン・シグマ」「ギャランスポーツ」はデータがまったく無いため飛ばしました。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【三菱】
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【EKスペース】リセールバリューをランク付け!

EKワゴンがノッポになった車。   本日はEKスペースです。   平成26年2月からの販売開始ですが・・・ 買い取ったこと無いなーこの車。 というか見たことすら無い気がする。 &n …

【GTO】リセールバリューをランク付け!

憧れたな~国産フェラーリみたいで。   本日はGTOです。   グレートティーチャー鬼塚のネタが入ると思ったやつは甘いわ!(笑) このお車はそれ以上のネタがあるんだよ!! &nbs …

【アウトランダーPHEV】リセールバリューをランク付け!

噂の三菱車が初登場。   本日はアウトランダーPHEVです。   電気ですね電気。   この車も補助金が絡むだろうと思って調べてみましたが・・・ それっぽい公式サイトにア …

【ランサーワゴン】リセールバリューをランク付け!

エボ系かそうじゃないかで物凄い格差が発生していそう。   本日はランサーワゴンです。   元は極々普通のステーションワゴン(日産のプリメーラみたい) ところが平成17年以降、セダン …

【ランサーセディア】リセールバリューをランク付け!

ワゴンは結構見たけどセダンは非常に少なかった印象。   本日はランサーセディアです。   この車が販売されていたタイミングはエボが絶好調だったため、幅広い層がエボとセディアワゴンに …

【ギャランフォルティス】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0