車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

オートオークションの詳しい解説Ⅱ

      2017/04/02

前回のオートオークションの詳しい説明の続きです。

 

オークション会場も大小様々有り、会場によって同じ車でも売れる値段が違うこと

大手でもその制約の中でやっている会社があることを説明しましたが、今回はオートオークションの中身について触れます。

 

 

一番認知度の高いyahooオークションを例に出しますが

yahooオークションでの出品ですと

 

スタート金額の設定

最低落札価格の設定

即決価格の設定

 

金額の項目でいくとこんなところでしょうか。

スタート価格=最低落札価格とし、入札が1件でもあれば売り切ってしまう方法が一般的ですかね。

 

スポンサーリンク

 

ではオートオークションはとなると

 

スタート金額の設定

最低落札価格の設定(売り切り金額)

会場によって有る無しはありますが即決価格の設定

 

こんな感じでほとんどヤフーオークションと違いが無いように見えます。

 

 

が、根本的に違うのはyahooオークションの場合、オークション出品期間を1週間に設定すればその間いつでも入札が可能ですよね。

しかしオートオークションの場合は開催日時、時間が決まっているため、わずか数十秒の時間しか競りに参加するタイミングがありません。

 

一日に何千何万と出品されるわけですからね。

1台当たりに掛ける時間が無いのでしょう。

 

事前に指値という方法を使い、金額を登録することは出来ますが、基本出品されている車が欲しい場合は指値の金額を超えられると手に入らない

もしくは「調整」により必要以上の値段で落札してしまう可能性があるため、リアルタイムな競りに参加し、他の欲しい同業者さんと火花を散らすわけです。

 

 

現役時代もよくやってました。

 

 

ま、負けたくねぇ!!

 

 

こんな思いで頂いていた予算を超過し、泣きながら利益を削る作業(笑)

 

 

まぁここまでの話は車を売りたいユーザーに取ってはどうでもいい話ですが

 

重要なのはここからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばあなたの車が残念なことに不人気車だったとします。

需要はか細く、やたらと値落ちの早い車。

 

ではそんな車を買い取った業者がオークションに出品するとどうなるでしょう?

 

需要が厳しい車はそもそもオークションでの競り合いが期待出来ません。

 

欲しい人が一人しかいなければ、オークションというシステム上、売り切りたい設定金額でピタッと止まってしまうなんてことも良くある話です。

 

こういった車は相場が不安定という特徴が有りますので、買取りを行う業者も高く売れる可能性よりは安く売れる可能性を考えます。

 

最悪は底値で売れてしまうなと・・・

 

 

そこで差が生まれるのが「調整」を行っている会社かどうかというところ。

この調整とはオークション会場に車だけでは無く、直接その会社の人間がいき、オークションルールの範疇で軽いオークション操作をすることです。

 

 

例えば

相場が平均20万前後

しかし不人気者のため10万~30万程の価格のブレがある。

落札をしようとしている販売側の業者がたった一人だったとしても、その業者の予算が20万だった場合

 

調整無し:売り切り金額を確実に売るために10万に設定した場合10万で売れてしまう。

 

調整有り:売り切り金額を確実に売るために10万に設定した場合でも20万まで引っ張れる(多少の知識と駆け引きは必要です)

 

こういった差が生まれます。

 

しかし調整というのはその車の開催日当日、しかも数十秒のリアルタイムの中で行うため、基本的には出品台数の少ない小規模店はあまり行いません。

逆に大手買取店は全国から車を集めるわけですから出品台数がそもそも違うので、あくまでこの車だけのためにではなく他の車輛も合わせて行うため、通常は調整員という人間が会場入りします。

 

 

ここに買取金額の差が生まれるわけです。

 

 

調整をするつもりのない買取店は、人気車ならまだしも不人気車に踏み込んだ値段を出すことは早々ありませんので、上記の例でいけば買取金額は5万~10万あたりが妥当なところになるでしょう。

結果としてオークション出品からの競り合いの結果25万までいったらそれはそれでラッキーと。

 

ところが調整をする大手買取店は調整もあるので多少のリスクを冒しても15万までなら踏み込もう。

 

あくまで例ですがこういった判断をするわけです。

 

 

小規模店は必ずやらないということではありませんが、少ない人員の中から調整が行える、それなりに技術と知識がある人間を派遣するというのは中々難しい部分があります。

高額取引になり易いオークション会場は基本関東なので地方に行けば行く程そこまでの旅費も考えなければいけませんからね。

 

 

ちなみにこの調整。

不人気車だけで無く、需要がか細い車に対して非常に有効な手となりますので、買い手を選ぶやたらと高い車、相場が不安定な改造車、希少車などにも効果があったりします。

 

逆に需要が高い人気車は、程度が良ければ欲しい販売業者はたくさんいますので、勝手に競り合いが始まりわざわざ調整をしなくても自動的に相場までいっちゃいます。

調整をすることによって相場以上に!なんてこともありますけどね!

 

こういった部分をピックアップすると大手の有利性が出てきたりもするわけです。

 

 

 

 

 - 車売却前に知っておくべき知識, 車買取店の内情 ,