車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

予備知識を持つこと そのとててつもない重要性

      2017/02/28

車だけの話ではないですが、物の購入、売却の際、その対象の予備知識を持つことは非常に重要です。

どんなに良い歌い文句、宣伝などを行ったところで個人の売買でもない限り相手は企業なわけですから、そこに利益を求めます。

 

赤字覚悟!!決算!!

 

なんて言っても実際赤字になってまではしません。

 

それならやらない方がマシですから。

 

 

そして額が大きくなればなる程、たとえば住宅や保険、税金などはその予備知識の重要度が増します。

要は損する人と得する人の差が大きくなるわけですね。

 

車はよく住宅の次に高い買い物なんて言われてますが、数百万が当たり前の世界なわけですからこの予備知識をしっかり持って頂きたいなと思います。

 

と言っても今や「車の売却のコツ」やら「車を高く売る方法」で検索をかければ山のように情報が出てくると思います。

 

何を今更・・・と思う方もいるかもしれません。

 

あなたが行き着く情報が正解なのか不正解なのかは後日お話するとして、まず車業界の流通に関してある程度の知識を持ち上手く立ち回らないと、車を買うにしても売るにしても対プロを相手に負かさせてしまいます。

 

 

重要なので繰り返しますが

負けるということはあなたが損をするということです。

 

 

そして100円200円の損ならまだしも扱うのは車。

その損失は計り知れません。

 

 

ここで一つ想像をして下さい。

 

あなたが思う車の売り買いの損とはどれくらいの金額を思い浮かべますか?

 

他の人間だったら同じ車でも負わなかった可能性のある金額です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20万ですか?

 

 

 

それとも30万ですか?

 

 

 

 

 

50万くらいまで考えますか?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

営業だったころに、実際私が1台の車に対して出した利益の最高額は

 

 

車の売却で160万の利益

 

 

車の販売で115万の利益

 

 

 

社会人の方ならこの価格を見た際に、いやいや原価がびっくりするくらい高い車なんじゃないの?

利益率が10%切ってるなら妥当といえば妥当なんじゃないの?と思うかもしれません。

 

しかし実際私が車の売却で単体160万の利益を出した際は仕入れ原価40万弱でした。

 

お客様に40万弱の買取額を支払い、オートオークションで200万で売却をしました。

 

販売に関しては原価は高かったですがそれでも200万まではいきません。

 

 

世の中利益率の高い会社はいろいろありますがそれは専門性、特異性があっての話です。

ちょっとした知識でその会社に与えてしまった利益を数万円にすることも十分出来たはずが知識が無いため出来なかったのです。

 

そしてこの大きな損は特別なことではありません。

 

 

業界用語で「一本抜き」なんて言葉があります。

ようは1台当たり100万円以上の利益を作ったということです。

 

私が勤めていた最後の会社は大手だったので全国に支店があり、この一本抜きに対し表彰されたりなんかもありましたが、毎月全国で十数名、ひどい時には一人が2台この一本抜きをしているケースもありました。

少なくとも勤めていた会社だけで年間150人前後の方がこの恐ろしい損をしていたわけです。

 

ここまでの話にならなくても30万、50万の利益なんていうものはザラにある世界だということを知って下さい。

入社して1年もすれば新米スタッフでもほぼ行えているはずですし、慣れたスタッフなら毎月数台はあって当たり前の世界です。

 

 

当然売却をされる方は余程の事情が無い限り安く売ったとは思っていません。

高く売れたと思っています。

 

しかし高く売れたと思い込んでいるだけで、実際は真逆の内容になっているわけです。

そしてそのことをほとんどの方は知ることなく今に至っているでしょう。

ある意味幸せかもしれませんが・・・

 

 

 

そうならないために、どんな知識武装をしなければならないのかはまた改めて解説するとして

次回、なかなかに衝撃的なお話しをしようと思います。

 

買取店の平均的な1台当たりの利益に対してのお話しです。

 

店舗に直接行くのはもちろん、ネット上で皆が進める(お小遣い稼ぎのために)一括査定が実際はどうなのか。

現状を知った上で行動して頂きたく思います。

 - 車売却前に知っておくべき知識