車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【アウディA1スポーツバック】リセールバリューをランク付け!

   

この車はそれなりにリセール期待出来るんじゃなかろうか?

 

本日はA1スポーツバックです。

 

前回調査したA1にあるデメリットは、スポーツバックの仕様で5ドアに変更。

しっかり乗車定員も5人乗りになっているので一般受けしそうな車になっていますね。

強いて言えばコンパクトなんで大きさそのものに不満がある人もいるでしょうけど・・・

まぁそんな人はA3とかもう少し大きいサイズ買うだけでしょう。

 

新車価格270~350万ほどと、輸入車の入門にはちょうど良い価格帯です。

現在も販売中となります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・B  52%

 

 

・海外輸出情報

中輸出に該当(15万キロ未満まで確認)

 

 

・総評

ほうほうほう・・・

やっぱりA1よりリセール数値は上がってますね。

 

まずはグレード別です。

1.0TFSI ランクA

1.0TFSI スポーツ ランクA

1.4TFSI ランクC

1.4TFSI スリンダーオンデマンド ランクC

 

上下差11%。

最上位が1.0のスポーツ、最下位がオンデマンドとなります。

 

続いてこの車の特徴を。

・リセールは排気量が大きく分かれており、排気量が同一であればグレードごとのリセール差はほぼ確認出来ません(1%程度でした)

・カラーは白黒が上位&安定。ただしアウディによく言われる白が一番強い感じはせず、白黒は変わらず

・他色は不安定、白黒と同等の時もあればマイナス50万くらいの数値まで確認出来るので、出来るなら選ばない方が良い

・フルレザーは付加価値20万ほどと意外なことにそこそこの付加価値が入る(3年経過時レベルで)

・最初にズドンはするけどそこまででは無いので、良く言えば新車選択もちょっとだけ有りなタイプの輸入車

 

こんなもんですね。

A1の時に「1000ccダメいまいちだなー」と感じていましたけど、どうも車種そのものに原因があったようです(笑)

 

1.0と1.4では約10%ほどのリセール差、さらに1.0の方が新車価格も安いので、実質損失額を見ても1.0の方がお勧めと言えるでしょう。

 

 

そしてこの車で重要なのは最後かなぁ・・・

輸入車続きなのでだいぶ最初にズドーーン!といくのが当たり前になってきていますけど、この車はそこまでではありません。

 

参考程度に1年経過1万キロ目安の「1.0TFSI」を調べると、リセール数値は70%ほど

60%前後のオンパレードだった気がするので、輸入車の中ではそれなりに優秀な部類だと思います(国産とは比較しちゃアカン)

新車価格が輸入車の中では安く手を出し易い車なので、新古車の需要が他車種と比較して高いことが原因なんでしょう。

 

そしてそこから1年経過1万キロ加算ごとに、約10万強ほどのペースで価値が落ちていきます。

購入検討されている方はそこまで強烈な新古車のメリットがありませんので、予算に応じて年式などを調整するか・・・

もしくは潔く新型が出てから動くのが良さそうですね。

 

既に欧州では新型モデルの受注が開始されているはずなので、日本にも来年くらいには新型が出てくるかと思います

販売後に前型狙いで動けばガクッと価値は落とすでしょうから、現行狙いか、値段重視の前型かは好みの分かれるところですけど、参考にして貰いながら車選びをしてみて下さいね。

 

以上、このままいけば“アウディランクBかもしれない説”が現実になりそうな気がする・・・

そんなアウディA1スポーツバックでございました。

 

 

おまけ

更新アンケートにご参加頂いた方ありがとうございました!

今回は1番目の方と決めていたので「トヨタ86」に決定です。

近々更新しときますので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

更新完了の際はツイッターで報告させて頂きます。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【アウディ】

【アウディA1スポーツバック】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0