管理人のつぶやき

4月の相場と車の買取状況について

投稿日:

今回は5月に入ったということで、4月の相場推移はどんなものだったのか。

その相場に合わせて車の買取はどんな傾向にあるのかを、管理人の個人的な印象でお伝えしていきます。

あくまで接点があった車からの印象であって、全部の車の相場を把握しているわけではありませんのでちょっとザックリした感じなのはご了承下さい。

 

 

4月の相場推移

3月あたりから一部の輸出車を中心に怪しくなっていた車の全体相場。

それが4月は国内需要も全体的に低下し、感覚として2月と4月の相場比較では3年落ち程度の高年式車だと20~50万ほど価値が下落してます

 

ただ3月の中頃以降から国内需要が低下するのは毎年恒例なので、コロナが原因で下がったと断定出来るものではありません。

 

感覚として、いつもより少し早く相場の下落が始まったような感じがすること。

3年経過時に100万前後の価格帯の安い車でもしっかり相場が落ちていると感じること。

 

ここら辺がいつもとちょっと違うかも?とは感じています。

なので問題はここからですね。

毎年恒例の流れであれば、一度3~4月で相場が下がった後はズルズルと9月の決算期まで相場の低下が続くもの。

あくまでズルズルと、モデルチェンジが絡まなければ緩やかに下がっていくものが、高額車を中心にハイペースで今後も下がっていくのか。

 

個人的にはリーマンショックの比じゃないくらいダメージが大きいので、未知の世界で今後車の相場がどうなるかはさっぱり分かりません。

 

 

買取の傾向

本業での他社金額やブログ内サービスでの結果を確認する限り、買取店の相場下落に対する警戒はかなり強い状況です。

要は今ある相場に対しての踏み込み度合いが弱く、高額売却の難易度が上がっているということです。

 

考えられる理由はいくつかあるのでそれぞれ補足しておきます。

 

①買取案件(査定)が少ないので1台当たりの利益を重視している

これはしょうがないかな・・・

当たり前ですが、活動自粛の真っただ中で売却や乗り換えを進める人は少ないです。

ただ会社にはノルマはありますし、営業マンは作った利益で給料が決まりますので、多くの買取からちょっとずつ利益をという考えではなく、1台からなんとか多くの利益をという思考にはなってきているはずです。

決め台詞は「コロナで相場ヤバいから!しょうがないんだから!」ですね。

現金が欲しくて焦って売却している人が一定数いるのも事実なので、とにかく焦らずに(時間を掛けろということではありません)

しっかり交渉して、本来あるべき相場に合わせた買取』を目指すようにして下さい。

高望みしてもしょうがないですけど、相場に合わせた買取であれば交渉次第で大概なんとかはなります。

知識武装して頑張ってください。

 

②コロナの不安材料が付き纏っていて、半月後、1ヵ月後の相場にまったく安心出来ない

これもしょうがない。

私もここまでの事態が初めてで今後どうなるのか不安なので、楽観視している営業マンや買取会社なんてほぼないと思います。

なので取れる対策は、車を売るなら『時期を先延ばししない』ということですね。

乗り換えで次車が1ヵ月後に納車だから1ヵ月後に手放す。

よくあるこのようなパターンは今までならなんとかなったんですけど、今の時期はかなり致命的になります。

 

案件が少ない分、買取側の代車も余っている可能性が高いので代車活用をする。

活動自粛で車を使う機会が週1~2回程度なら、もう気合で我慢して先に車を手放してしまう。

近場の親戚からちょっと車を借りとく。

なんでもいいですから、可能な限り車を早く引き渡すことを意識して、買い取る側の不安を極力取り除いていきましょう。

買い取る側は例年と違った特殊な相場変動が起きることを前提に、その中でなんとか利益を作ろうと構えています。

 

③オークション取引台数の低下、レンタカー比率の増加によって相場が荒れている(ように見える)

売り買いするユーザーが減ればオークション流通も減ってくるわけで。

そうなると相場に対しての総数が全体的に減りますから、相場が不安定になったように見えてきます。

 

・10台が200万前後の中に1台だけ170万で成約しているデータがある

たまたまかな?とスルーして200万前後を相場と判断しやすくなる。

 

・3台が200万前後の中に1台170万で成約しているデータがある

170万の成約データが目立つのでこっちが相場だと思いやすくなる(コロナだと余計に)

 

こういうことですね。

 

おまけに、今年は明らかにレンタカーの取引データが多いです。

レンタカーも今利用する人が激減しているでしょうからね・・・

いつ回復するかも分からないのに保有して維持費を掛けるくらいならとっとと現金化という動きがどうも凄そうなので、余計に相場が安くなったように見えやすくなっています。

※なぜ安く見えるかはレンタカー(レンタアップ)の記事をご覧ください。

 

年式と車種によってはかなり安い取引データの方に釣られやすい状況になっていますから、『なんとなく』程度だとかなり安い金額を提示される可能性は高くなっています。

 

 

ただまぁ、買取店も買ってなんぼの商売ですから、現実的に頑張れば買えると思えば頑張るのは今までと変わりません。

 

今まで以上に警戒度が強く、相場判断が難しく、ちょっと先のお相場予測が立てられない(予測するのが怖い)というのが今の現状ですので、動く方はここら辺を意識されて営業マンをやる気にして下さいね。

やる気にさせられるかどうかはあなたの腕次第ですので、時間があれば当ブログで知識を蓄えて今まで以上に気合を入れて商談に臨んで貰えればと思います。

 

みんな苦しいと思うけど頑張ってください!!(管理人はもう現実逃避中)

-管理人のつぶやき
-

執筆者:


  1. おー より:

    にーさん、お疲れ様です。
    ということは、中古車買う側からしたらお得な時期、ということになるのでしょうか?

    • にー より:

      決算期を過ぎたこともあって高い車ほど安くなってきてはいますね。
      ただここからおかしな相場下落が発生する可能性もあるので、安いと思って買ったらさらに安くなってた!なんて可能性も残されてはいます。
      そういう意味ではそんなに高くない高年式車狙いなら良いと思いますよ。
      レンタカーがかなり大量に出ているので、気にしないなら通常相場よりも10万20万とさらに安く買えますしね。
      逆に気になる方はレンタカーじゃないかをしっかり確認しておいた方が良いと思います。

  2. くわっちょ より:

    いつも楽しく読ませていただいてます。
    今年の秋に3年になるミライースに乗っているのですが6月ごろに売ろうと考えていました。
    ですが、コロナの影響で相場が下がっているなら乗り続けた方がいいのか?と思い質問させていただきました。
    1ヶ月先の話なので、現段階での予想でいいのでお答えが可能であれば教えていただけたらた思います。
    よろしくお願いいたします。

    • にー より:

      楽しんで頂けているようであれば何よりでございます!
      細かい調査は有料になってしまうので簡易的な回答になりますけど、乗りたい車があるなら乗り換えても良いと思いますよ。
      決算期を過ぎればどの車も相場は下がりますし、相場の上げ下げを意識してということであれば軽自動車はそこまで気にする必要も無いと思います。
      500万①000万の車であれば時期の判断をミスして50万①00万の損失なんてザラですけど、軽自動車であればいきなり半値になるなんてことまずないですからね。

  3. ほくすけ より:

    はじめまして!
    新車購入を検討し、こちらのHPにたどり着きました
    コラム系は全部読み、車種別の記事はすべて読み切れておりませんが、めちゃくちゃ楽しいです!!
    他の方のブログ(車系)でレクサスのSUVの下取価格が上がっていると見ました、1年以上で、本体価格以上の買い取りだそうです
    何か原因あるんでしょうかね
    これからも頑張って下さい!!

    ※コロナ関連自動車関係税金情報
    環境性能割の軽減が9月30日までから来年3月31日までに期限延長されました

    • にー より:

      はじめまして!
      楽しんで頂けているようであれば何よりでございます!
      なんだか皆さん同じ方のブログをご覧になっているような気がしますね(笑)
      今のところUXは調べましたが、市場データでその動きは確認出来ません。
      もちろん輸出業者とか先行して情報を入手出来る立場の人もいるので、もしかしたら今後何かしら動きがあるのかもしれませんけどね。
      あくまで今はめっちゃ国内需要です。

  4. シルク より:

    2000年代初頭のスポーツカーが、子供の頃から乗ってみたいと思っているのですが、RB26世代GTR、NSX、2JZ世代スープラはコロナの影響で値崩れは起こすのでしょうか。返信お願いします。

    • にー より:

      コロナで今後どう車の価値が変動するかは残念ながら分かりません。
      全メーカーに影響が出るようなここまでの事態は車屋の人間も大半が初の経験だと思います。

      なので一般論で予測すると、希望されている車種というのは実用性を求める車ではなく趣味の車ですよね。
      メインカーに据えている方は一部で、大半の方はセカンドやサードカーでたまに乗りたい時に乗る程度。
      しかも今までの高い水準の相場から、車好きなある程度の富裕層が所持している可能性が高いと思います。
      そしてコロナで影響が大きいのは投資家>経営者>雇用者なのかなと思うんですが、所持している層が不景気で現金を求めると、この手の生活に直結していないものが優先的に手放されると思うんです。
      家は住んでれば簡単には手放さないけど、余っている高級時計は困ったら現金化しようとかとか。
      なのでコロナが長期化すれば価値はどんどん下がるんじゃないかなと私は思います。
      日本だけじゃなく世界が不景気であれば輸出による買い支えもあまり期待出来ませんしね。
      少なくともこのような事態でなれば上がる要素はないと思いますよ。

  5. シュン より:

    いつも有益な記事をありがとうございます。
    現在、本体価格500万円代のSUVに2年程乗っており、これから600万円代のSUVに乗り換えを検討中です。
    コロナに伴う不況で、車の価値が下がっていく可能性が高いと思いますが、乗り換えはやめておいた方が良いでしょうか。
    どれくらいの間にどれほどの価値毀損が生じうるのか非常に気になります。

    • にー より:

      うーん個人の資産や現在受けている経済的なダメージ、今後の見通しによってなので一概には言えないんですが・・・
      私なら今は積極的に高額車への乗り換えはしませんね。
      よほど狙っている車が好き、今されているお仕事がコロナのダメージ皆無で今後も問題無さそう、資産的にある程度のダメージを受けても大丈夫とかならどんどんお金使って経済を回して欲しいとは個人的に思います。
      ただ単純にリセール面を意識されてということなら、高額車ほどコロナのダメージは受けやすいでしょうから、長引くほど損失は正常時よりも大きくなるんじゃないかなと思いますよ。
      高年式高額車を今のうちに現金化して、コロナが落ち着くまで安い車に乗っておくということなら良いと思うんですけどね。

  6. がばちょ より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いております。
    現在、フォレスターのSTIバージョンという輸出向けの車両を所有しております。距離も18万キロに近づき、故障していない状態で売却を考えていましたが、昨今の状況から様子を見ています。複数の中古車屋でも、外人バイヤーがオークションから居なくなって、相場が下がっていると聞いているのですが、輸出底値の車両の売却は、現在厳しいのでしょうか。

    幸い、駐車場はありますので、フォレスターはそっと置いておき(車検はあと1年あり)、輸出需要のあるデリカd:5のガソリン過走行車を購入し、しばらくつなごうかとも考えています。デリカも中古車相場が下がっているのか、輸出が切れたのか、3年前に比べるとずいぶんと安く乗り出せる様になった気がします。
     
    輸出7年規制などをうまく利用する方法もあるかもしれませんが、極力投資額を少なく、ローリスクローリターン、もしくは、ノーリターンでもよいので、いろいろな車に乗ってみたいと思っています。

    • にー より:

      楽しんで頂けているようであれば何よりでございます!
      個別のご相談は有料サービスになってしまうのでざっくりな印象でお伝えしますと、輸出の影響が大きいのは主に高年式帯の高水準輸出ですね。
      古めの車がコロナの影響を受けているのかどうか、今トヨタ車の一部を順番にやりながら確認していますけど、古いと横這いかワンランクダウン(中輸出が低輸出になっているとか)という印象が強いです。
      トヨタ車は3年前とかに調査しているので、時間経過で輸出底値が下がった可能性もありますけどね。

      新しい車は状態の影響も強いので現車確認もしておきたい⇒会場入りしている外人バイヤーが少ないと入札も少なく影響大
      古い車は状態の影響が薄い、もしくは無いので現車確認する必要も無い⇒会場入りしなくても遠隔入札で影響小

      こんな影響も受けている可能性があります。

      • がばちょ より:

        にーさま

        お返事ありがとうございます。大変参考になりました。古い車は影響が少ないとはいえど、コロナを理由に安く買い取られそうで、注意が必要ですね。我々素人は中古車価格しか参考になる数値が無いので、ブログ記事は非常にありがたいです。新しい記事のアップ、楽しみにしております。

        • にー より:

          売るには辛い、買うにはメリットの大きい時期ですからね。
          特に今まで見たことがないくらいにレンタカー上がりが大量に出回ってますから、コンパクトカーなんて色々な意味で凄いですよ(笑)
          売る時のこと考えないで高年式を安く欲しいなんて方には最高だと思います(レンタカーのピンポイント狙いはコツが必要ですけど)

          あと新規記事にするのは簡単ですしブログ的には新規記事にした方が良いんですが、見る方からすると同じ車種の情報が色々と分散して分かり辛いと思うんですよね。
          幸い大概の車種は既に記事を作っているので、追加情報は該当車種の記事内にまとめて突っ込んでいこうかなと思っております。
          もちろんニューモデルとか今まで取り上げていない内容なんかは新規記事でやっていく予定です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第11回更新アンケート実施【終了】

月始めなので第11回更新アンケートをやっていきます!   更新アンケートのルールがありますので、ご希望車種がある方はよく読んでからご応募下さい。 ・今まで調べたリセール関係の車種で未更新なら …

輸入自動車メーカー リセールバリューランキング!

はい前回の続きです。   輸入車メーカー別 リセールバリューランキング!!   個人的な経験上のランキングですけどね。 知る限りの全メーカーをやっても、実際乗っている人が極小では意 …

車買取業界の闇を見た

当ブログは散々車買取業界の闇について語っておりますが、この度読者様から中々の闇情報をご報告頂きましたので記事にしようと思います。   この内容、車買取業に携わってる人間からするとかなり重い。 …

第27回更新アンケート実施【終了】

当ブログをご覧頂きありがとうございます! おかげ様で2月はアフィリエイトのご利用が20件を突破しましたので、還元の意味も込めて久々の更新アンケートを実施いたします。 アンケート方法は色々と悩んだのです …

乱世! 鉄の価値急落 廃車がピンチでござる!

マジでピンチでござる。   昨日取引先の解体業者からお電話が。   「鉄の大暴落により解体料金値下げさせて頂きます・・・」         …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

4月の相場と車の買取状況について

by にー time to read: <1 min
14