車売却前に知っておくべき知識

国内自動車メーカー リセールバリューランキング!

投稿日:2015年12月4日 更新日:

前回系統別の評価一覧をまとめた癖に、肝心のメーカー別評価を作り忘れていたという失態!!

ってブログ見ている人からメーカー別を作ってくれってメール貰って気付いたんですけどね・・・ウヘヘヘ。

 

というわけで作りました。

 

メーカー別 個人的なリセールバリューランキング!!

 

まぁこれも車種によっての差がいろいろありますが、一括りにした時の個人的な評価ということで。

ランキングと一緒に前回記事の評価も一緒に付け加えておきます。

 

あくまでリセールバリュー。

 

車の良し悪しでは無く売る時高いかどうかです。

 

評価一覧

◎・・・非常に金額が残り易い

○・・・そこそこ残り易い

△・・・あまり残らない

×・・・危険

 

スポンサーリンク

 

国産メーカーランキング

1位・・・トヨタ ◎

さすが世界のトヨタ。

車買取業界の人間なら異論は無いと思います。

国内人気車種を多数出し続け、尚且つ海外輸出車種も断トツのトップ!!

おまけにエンジンがなかなか壊れない。

人によっては乗っててツマラナイって人もいますが、売ることを考えたら新車で他メーカーを買う選択がほぼ無くなるレベル。

しかし中古で買うなら割高(人気があるため相場が高い)

 

 

 

2位・・・ダイハツ ○

軽自動車のリーセルバリューが高いため堂々の2位。

ただし軽自動車に限ります。

普通車、OEM車は×か△です。

 

 

 

3位・・・レクサス ○

海外輸出にも行く&国内中古需要も非常に高い!

ただそもそもの新車値段が高い。

そして海外需要のボーダーがトヨタ程高くない(底値はあるがその底値が新車価格から比較すると低い)

割合は高くても差分の金額は大きいため3位。

また、車種によっては×までいきます。

白黒とそれ以外の色とでかなりのギャップが生まれるのも特徴。

 

 

 

4位・・・スズキ △

軽自動車販売がメインだから辛うじて4位。

ダイハツには余裕で負けます。

ワゴンRとムーブが戦ってた時代はどこいったんでしょうかね?(まだ戦ってるっぽく見せてますが・・・)

錆びやすい印象が払拭出来れば3位になるかもしれませんが・・・

その期間が長過ぎたため個人的にはもうダメです。

 

 

5位・・・スバル △

ぐんぐん急浮上メーカー。

車種展開が少ないが、出している車種に相応の需要があるため5位。

フォレスターを筆頭に中々普通のリセールバリューは高いです。

国内外強いですね。

軽自動車も悪くはないですしね。

4位でもいいくらいです。

 

 

 

6位・・・ホンダ △

日産と悩むがホンダが6位。

理由は一部の車がやたらリセールバリューが良いから。

ほんと一部ですけどね。

他の車は買い取る側がうわー金額伝え辛い・・・って思う車が多いです。

 

 

 

7位・・・日産 △

ホンダよりも若干落ちて7位。

一部車種でも抜けてリセールバリューの良い車両があればまた違いましたが

残念ながらありません。

セレナ、エクストレイル無くなったらどうなるのだろう・・・

基本的にはネームバリューほどの売値は期待出来ません。

 

 

 

8位・・・マツダ △

最近浮上してきてますね。

以前は恐ろしい値引きをし、自ら車両価値を落とすという荒業をやっていましたが

アテンザ、CX-5などの主力メインに値下げは一気に控えましたね。

そのおかげでリセールバリューも高くなりましたが・・・

貧富の差が激しいとはこのこと。

ラインナップは○か×かのどっちかです(×のがまだまだ多い)

売れない車は相変わらずなのでマツダ地獄にハマる人は今もいると思われます。

 

 

 

9位・・・三菱 ×

ここ数年、息しているのはよく分かりません。

10年以上前のスーパーリコール以降海底に沈んでいる気がします。

一部海外需要が高い車もありますが、それ以外は国内需要が一握りのためまともな値段が付きません。

マツダにも圧倒的に負けている印象です。

 

 

 

 

ミツオカ、いすゞは一般の人が自家用として乗ることはまず無いと思いますので外しました。

 

個人的には大好きなんですけどね大蛇。

 

まとめとして全メーカーに言えることですが、メーカーの中でも良し悪しはあります。

車種によっては良い悪いの差があるということですね。

ただトヨタ車は×が付く車種が極端に少ないです。

だからこその1位。

 

逆に三菱は○が付く車種がパッと思い浮かぶので2種類あるかなくらい。あとはほぼ×。

だからこそ9位となります。

 

そしてトヨタに次ぐイメージのある日産、ホンダ。

意外かもしれませんが、海外需要が厳しいので売る時は安い車が多いです。

 

15年20年と乗る方は好きな車を選ばれればいいと思います。

しかし・・・

 

3年5年で乗り換える方。

 

こういった方は今までのお付き合いも大事ですが、広い視野で車選びをすることによって数十万、人によっては100万単位の得になる可能性があります。

 

そういった方々の参考になれば幸いでございます。

 

 

では次回、ついでに輸入メーカーのランキングもやってみます。

輸入車乗っているor乗りたい人は乞うご期待!

 

実際に全車種のデータ取りをした最新版はコチラから。

【国産車】本気で調査した高く売れるメーカーランキング(2019年)

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

かんたん車査定ガイド

 

-車売却前に知っておくべき知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【車の売却】狙うのは難しい? 海外輸出を超える「スーパー特需」とは?

前回の続きと言えば続きですね。   日本車は海外需要が高いこと。 海外需要にハマっている車両だと、距離や状態の影響を受けにくいことなどを上げましたが お題にあります「スーパー特需」とは一体な …

大手車の買取店 それぞれの特徴と傾向、デメリットを解説

はいお待たせしました! 今回の記事はこんな内容です。   大手買取店それぞれの特徴や傾向、デメリットを解説!   よく買取店ごとの特徴を書いてあるサイトはありますがほんと上部だけで …

初っ端なから買取店の警戒度爆上げさせるこんなパターンの車査定は要注意

今回はそんなに頻度が高いわけではないんですけど、買取店がスタート時から警戒する来店構成について触れていきます。 知らずにやらかすと査定価格が伸び辛くなりますので、思い当たる節がある方はしないように注意 …

2020年3月 直近未使用車輸出レポート

今回は荒れ始めてきた輸出状況をざっくりレポートしていきます。 それぞれの車種を詳しく解説しようという意図では作ってはいないのでその辺はご了承を。 それでも今まで個別のご相談を頂いた方などは見れば内容が …

【新しい売却方法】カープライスを本気で検証する

さてさて、今回はご要望がありました売却システム「カープライス」を車屋視点から検証してみたいと思います。   私は読者さんからご希望があって初めて名前を知りましたが、CMもやっているようですし …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

国内自動車メーカー リセールバリューランキング!

by にー time to read: <1 min
0