リセールランク【シトロエン】

【シトロエンDS3】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年12月4日 更新日:

シトロエンの流通量2番手ボジション。

 

本日はシトロエンDS3です。

 

過去1台だけ買取経験有り。

お客さんが“分かっている人”だったので、価格提示した時も「だよね~」って笑顔だったのが印象的でした。

 

相応の覚悟がないと買えない車だと・・・個人的には思います。

 

平成22年からの販売開始、そして現在も販売中です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・D  35%

 

 

・海外輸出情報

不明(初期型10万キロオーバーでも中輸出枠での取引は確認)

 

 

・総評

ふーむ。

ちょっと難しい相場をしていますね。

 

まずいつもの3年経過、3万キロ時のリセール数値はこのようになります。

シック ランクD

シック キセノンフルLEDパッケージ ランクD

スポーツシック 不明

 

上下差は1%と誤差の範疇です。

 

 

そしてこの車の特徴がこちら。

・「スポーツシック」及び一部の限定車に設定されているMT仕様は、全体を通して見るとリセール差が無く特別視されていない

・未使用車、未使用に近い新古車のリセールはおおよそ65%前後

・年度落ちの影響は新車価格を考えるとそれなりに高く、1年1万キロ計算で20~30万ペースで落ちていく

・距離数増加による価値減少はもっと大きく、年間3万キロペースだと2年経過で60万台、年間1.5万キロペースの4年経過でも60万台を確認(どちらも距離数以外に難点無し)

・市場価格がほぼほぼ100万未満になるのは3年経過以降

・年間1万キロペースで走った場合3年程度では価値が緩まず、6年経過ほどでやっと底値とも言える緩いゾーンに到達

 

こんな感じになります。

って言っても内容が分かり辛いかもしれませんね。

 

ざっくり分かりやすく言えば、ATとMTはどちらでもOK

ただ6~8年も経過すれば価値は低走行以外一色田になってくるので、あまり乗らない方はMTの恩恵もそれなりにある。

もしくは長くても初年度から5年以内に手放してしまうのが宜しいかと思います。

 

また、DS3は今まで調べた他輸入車と違って、価値がハイペースで落ちる期間が長く感じます。

 

大体の輸入車は登録した瞬間にドーーーン!

その後3~5年ほどハイペースで落ちていき、そこら辺からマニア層に支えられて緩くなるというケースが多いんですけど、この車の場合一気に30万くらいまで価値が落ちると思った方が良いですね。

その間緩く相場推移するようなタイミングはまったくありません。

 

少し距離が人よりハイペース、程度が少し平均より悪い、軽微だけど修復歴、もしくはその一歩手前まで到達。

このようなデメリットで物凄いダメージを受けていますので、高年式に乗りたい。

もしくは乗っている方ほどかなり気を使わないと、売る時相当厳しい内容を突き付けられることになります。

 

 

もしこの車買おうってなったら・・・

 

6~8年経過、年間1万キロくらいのペースで走った程度の良い車両を安く買うかなぁ・・・

 

そのタイミングで買えばもう下がり方は緩いというか、今のところデータ上ではその下がありませんので、購入総額さえ抑えればお得に人と違う車を楽しむことが出来ます。

 

新車狙いの方は超注意。

これは輸入車全般に言えること。

ただ未使用車や新古車を60%台の価値(あくまで根っこの価値です)で買えるからと言ってなんとなく手を出してしまうと・・・

そこからもまだまだダメージは大きいので、本当に国産コンパクトカーじゃダメなのか。

良く良く考えて買って欲しいなと思ってしまうシトロエンDS3でございました。

 

 

おまけ

上記の通りDS3がシトロエンメーカーの2番手流通量。

ちなみに1位は「シトロエンC3」、3位は「シトロエンC4」となります。

中古車市場の台数とは多少違いがあるかもしれませんが、そこまで大きく順位が変動することもまずないでしょう。

 

ただ重要なのはここじゃありません。

 

1位でも過去3ヵ月の流通台数が100台未満。

 

ここが個人的には重要だと思います。

同じおフランスのメーカーでも、プジョーとルノーはどちらもクリア(1位は余裕で100台以上あります)

国産に例えればー・・・

1位がトヨタのパッソセッテくらいって思えば伝わりやすいかな?いや伝わんないか(笑)

 

この台数の少なさが希少性に変われば良いんですけどね。

ちょーっと2番手のDS3を調べる限りでは、シトロエンメーカーの危険度が数段跳ね上がるような気がしております。

まぁ追々他車種も調べることになると思いますので、詳しい内容はその時のお楽しみってことにしておきますかね!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【シトロエン】
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シトロエンC5】リセールバリューをランク付け!

初シトロエン!   本日はシトロエンC5です。   Cなんちゃらというシリーズがあるのを知っていたくらいで、この車は査定をしたこと無いですし相場すら見たことありません。 カタログ情 …

【シトロエンDS3】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0