リセールランク【ハマー】

【ハマーH2】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2019年3月28日 更新日:

手頃な価格で目立ちたければこの車でしょう。

 

出典:goonet

本日はハマーH2です。

 

H1~H3まである中での中間設定とは言え、横幅が2M以上あるため相当な威圧感があります。

日本の細い道にはまったく向いていないというのもありますけど、車屋からすれば標準の積載車に乗らないので結構厄介な車ですね。

ノーマルで乗る人はかなり少なく、大概は社外の大口径ホイールにメッキパーツを付けている印象がありますので、実際の市場データではどう付加価値が付いているのか。

またそれなりに古い車種ですから、年数経過の影響をどう受けているのか調査してみたいと思います。

 

平成22年で生産終了です。

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S

 

 

・海外輸出情報

ディーラー車・・・超高輸出枠に該当

平行車・・・高輸出に該当

 

 

・総評

まずはグレード別です。

10年前後の経過、5万キロ前後くらいを目安に割り出しております(趣味の車なので全体的に距離数は少ない)

 

タイプS 28%

タイプG 25%

※ただし三井物産物ディーラー車の場合です。

 

タイプSが2列目までの5人乗り(最初期のベース以外)、タイプGが3列目シート有りの6or7人乗りとなりますが、H2の場合はグレードによる取引価格に差は見受けられません

当時の新車価格は100万ほどの価格差があったようなので、「新車で買って今も乗ってるよ!」なんて人はほとんどいないと思いますけど・・・

当時安いタイプSを買っていれば、より高リセールの恩恵が強いといった状況ですね。

 

その他相場を見て気付いた点がこちら。

・年式よりは距離と状態が優先されているため、初期の平成15~16年生産でも条件が一緒なら末期と価値はほぼ変わらない

・改造による外品パーツ付加価値は良くて10~20万程度で、掛ける費用に比べれば気持ち程度

・カラーは白黒がやっぱり強く、他色になると20万くらいはマイナスと思った方が良い

・ただしネイビーカラーはラグジュアリーとは別の路線で需要があるのか、白黒レベルかそれ以上に高い(たまたまの可能性もちょっとある)

・20万km近い修復歴車でも100万以上の取引価格が成立しているため、底値の存在が非常に優秀(輸出か部品取りかは不明)

 

こんなものですね。

特に説明が必要な項目も無いと思います。

なのでディーラー物はこれで終了!

10台に1台程度しか流通しておりませんし、大半のH2乗りに接点のある平行物も見ていきたいと思います。

 

 

平行物の場合、タイプGがラグジュアリーパッケージというグレード表記名になるんですけどー・・・(タイプSはベース)

 

あれ?

あれれれ?

 

想像より高いぞ??

 

過去に何度も買取している車なので、希少なディーラー物は抜けて高く、台数の多い平行物はそこそこ程度だと思ってました。

が、今相場を見るともうディーラー物とそんな変わらなくなってきてるなぁ・・・

正確に言えば平行物の中でも新車平行(モデル年式と日本の登録年が一致しているタイプ)で、かつ状態良好な低走行車は高い。

改造の付加価値もディーラー物と変わらずのようで、平均として見れば10万程度安いくらいが新車平行という価格になっていますね。

5万km程度であれば表示メーターがkmでもマイルでも余裕で200万を超えていくでしょうから、購入した時にボッタくられていなければ中々の高リセールが期待出来ると思います。

 

ただ平行物の場合はピンキリで、アメリカで数年乗られてから入ってきた中古平行や状態の悪い車。

こういったものは200万を切るどころか100万すら割り込む可能性も出てきます。

 

上限値はディーラーと平行物でほとんど変わらない。

ただ下限はディーラー物よりも大きく価値が下がるのが平行物のようなので、今から購入する場合予算に余裕があるならディーラー物を探して買った方がお得と言えますね。

逆に総額200万以内じゃないと買えない!って方になるとどうしても平行物に手を出すようになると思いますので、ほーーんとババを引かないようにご注意下さい。

難有車両が100~150万の範疇で結構取引されておりますので、簡易で直されていざ購入したら3ヵ月後に壊れたぁああああ!!とかなっても、たぶんその時には購入店の保証も切れている可能性が高いです(笑)

平行物は特に保証を付けたがらないお店も多いので(カーセンサーとかの外部保証だとめちゃんこ高い)、保証が無いならわざわざ店で買わずにオークション代行で競り落とす。

アメ車に強い整備屋を事前に見つけておくなど、別の手も検討しておくと購入費用と満足度のバランスも取りやすくなると思いますよ。

 

当時の新車価格(800~900万)を考えれば、輸入車の中でかなり優秀なリセールとなるハマーH2。

オンリーワンなこの形状のおかげで欲しい人は尽きないでしょうし、リセールは当面安泰でしょうね!(燃費はクソ悪いが)

 

 

おまけ

 

出典:AZZURRE MOTORING

トラック形状となる「SUT」は通常形状よりも高値で取引されています。

日本で正規販売されていないグレードなので新車価格は不明(国内流通は全て平行物です)

なのでリセールはどっちが良いか良く分かりませんけど、同条件なら通常形状より最低+20~30万くらいは取引実数値が高いので、接点のある方は参考にして頂ければと思います。

 

エスカレードもそうだったように、この手のSUVから派生でトラック形状が出ると希少性の問題で大体価値が上がりますなぁ。

私からすれば使い勝手が悪くなるだけのような気もするけど・・・

目立つかどうかなら球数の少ないトラック形状の方がより目立つもんね。

あ、そういえば昔のジムニーもこのタイプがあったのを思い出した。

たぶん傾向は当てハマりそうな気がする・・・

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【ハマー】
-, ,

執筆者:


  1. オッキー より:

    知人から聞いたハマーH2の並行車の話です。ひと昔前、当時ハマーH2の売れ行きが凄かった時期に某アメ車専門店がカリフォルニアのハリケーンで水没したハマーをタダ同然で引き取ってきて新車並行車として売ってボロ儲けしてた…。なんて話を聞いた事があります。真相は定かではありませんが(´Д` )

    • にー より:

      実際のところは分かりませんけどありそうな話ですね。
      私が把握しているケースですと、怪しいアメ車専門店は2~3年で店を閉めて、新しい看板に違う社長で新設会社を立ち上げて店を回転させています。
      そのくらいがクレームが殺到して手に負えなくなる周期なんでしょうねぇ。
      場所が同じでも、居ぬきのような形で別会社としてやっているんだから前のことは知らんと言われるらしいです(顧客さん情報)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ハマーH3】リセールバリューをランク付け!

最も小型なハマー。   出典:goonet 本日はハマーH3です。   小型と言っても全量470cm、幅は200cm近くありますので並みの国産車よりは遥かに大きく(特に横幅)、あく …

【ハマーH1】リセールバリューをランク付け!

この車は個人的に好きだからやっておこう。   出典:flickr 本日はハマーH1です。   日本だとサイズダウンしたH2までが正規販売ということもあって、中々お目にかかれる車では …

【ハマーH2】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2