車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【フリードスパイクハイブリッド】リセールバリューをランク付け!

   

もういい加減フリード系も飽きてきたぞ!!

 

本日はフリードスパイクハイブリッドです。

 

ガソリンもあればハイブリッドもある。

 

つまり調べる車も倍になるのである。

10年くらい前にこんな作業やってたらもっと楽に完遂出来たんだろうなとちょっと思った。

 

 

フリードスパイクと同じく平成28年9月に生産終了。

そのままフリード+ハイブリッドに移行しております。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A  57%

 

 

・海外輸出情報

ありそうな気もするけど断定出来ないため不明としておきます。

 

 

・総評

この車は基本グレードが2種類。

ベースの「ハイブリッド」か「ジャストセレクション」なんですけど、他フリード同様ベースは壊滅的なくらい市場データがありません。

やっぱりスライドドアが電動って大事なんだね。

 

ではグレード別です。

ハイブリッド 不明

ハイブリッド・ジャストセレクション ランクA

 

ほっほ~。

前回やったガソリン車と見比べて頂けると分かりやすいと思いますが、気持ちハイブリッドの方がリセール上になっています

 

これは意外だなー2%差なんで誤差っちゃー誤差ですが、良くて同等、ちょっと負けるくらいに思ってましたよ。

やるじゃんハイブリッド!

 

高い位置での輸出がさっぱり絡んで無いからだな(笑)

 

ではホンダ車によくある内容ですがこの車の特徴です。

・距離の価格影響が大きい(けど不思議な下がり方)

・色は黒白>パープル>シルバーグレー系

・3年経過時くらいならインターナビによって社外ナビよりプラス5万ほど

・3年経過時なら両側パワースライドドアにすることによってプラス5万ほど

・修復歴はマイナス20万ほど(思ってたより少なかった)

 

こんなもんかなぁ。

 

新車価格200万強の無難な価格帯のため、装備がまったく度外視されるようなことはありません。

ただパワースライドドアを両側までするメリットはそこまで強くない模様。

 

ミニバン系より明らかに付加価値は弱くなっています。

 

ナビも高価な純正メーカーナビにすることによって多少プラスにはなるけど・・・程度。

このクラスなら片側だけはパワスラ絶対に付けて(もしくはそういうグレードにして)あとは社外ナビで充分ってことですね。

 

あとは距離の増加による価値減少は非常に強く感じます。

 

例えば4年経過で4万キロ。

この内容と倍の距離数を走った4年経過で8万キロ。

この価格差が約50万ほどです。

 

新車価格300万400万の車なら全然普通のお話ですが、この価格帯とリセール率を考えるとちょっと大きいですね。

 

ただ7~8万キロあたりからの下落率は急に緩くなるという不思議な傾向もある。

 

うーん理由はなんだろう・・・

5年規制の疑いもあるし、国内に廻ってる可能性もあるし・・・

今ある市場データだけじゃ確定でコレ!って言えないんですけど、8万キロと15万キロの差が30万程度しかありません。

 

なので、今所有されていて年間15000キロ以上走る人。

古い車じゃないので、多く走っているといっても10万キロ未満の方が大半だと思います。

一番損失が大きいゾーンを通過しているなら、逆に突き抜けてそのまま走った方が損得で言えば得な可能性がありますので売り時は十分注意して下さい。

 

ネックはこの車が23年からの販売で、市場データに23年式はほとんど無いってこと。

23年式の過走行が急激に落下していれば5年規制って確定出来るんですけどね。

過走行の人は5年規制だったらドボン、そうじゃなかったら得というシビアな判断が必要になりそうですので、知り合いに中古車屋の知り合いがいたら聞くとか市場の動向はこまめにチェックした方が良いと思います。

 

あ、年間1万キロ未満の方はそこまで気にしなくて大丈夫ですからね。

距離が少なければ当面価値は残ったままですから、好きなタイミングで乗り換えて下さい。

もうすでに飽きている方は距離3万キロ~4万キロ以内の売却を意識されると、この車の中では高い位置での売却に繋がります。

 

※有料版の方の件数が昨日今日と多いため、コメントやメールなどは後日お返事致します。

ごめんなさいごめんさいごめんなさいー!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクホンダ車