車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

超重要 車の売却に伴う消費税の裏

      2017/01/22

はい前回の続きです。

 

今回の記事はかなり重要度が高いです。

 

しかし細かい計算も入ります。

計算が苦手な方は・・・がんばって読んで下さい(笑)

興味のある方は電卓を片手に読むとより分かり易いと思いますのでご準備を!

 

では始めましょう。

 

 

お題の通り皆さんもよくご存じの消費税

もちろん内容は分かっていると思いますが、直接販売や在庫販売となった場合この消費税が非常に大きなポイントとなり、買取金額が変動します。

 

まず過去に車の買取店などで売却をした経験がある方は、まだ持っていればで結構です。

その当時の契約書を見てみて下さい。

どこかに小さい文字で・・・

 

「買取車両金額には消費税も含まれております」

 

こんな文面があることに気付くはずです。

この意味分かりますか?

 

 

あなたが10万円でパソコンを購入しました。

内税にでもなってなければ、当然10万円とは別に8千円の消費税を購入したお店に支払う。

これが現在の法律です。

なんら不思議なことは無いと思います。

 

では・・・

 

買うでは無く売る時はどうなるのでしょう?

 

というのがこの記事の本題です。

物を買う立場の人間、つまり買取店側が、売る人間、つまりあなたに消費税を支払っている。

このような構図が出来上がります。

 

ただ消費税の話までしてしまうと買取金額がややこしく、そして細かくなってしまうため

暗に買取店はユーザーにはそのことに一切触れず、買取金額の中に内税として含めているわけです。

 

こんなこと普通に売るだけなら誰も知らない話ですよね。

私も過去何千台と買取していますが一度もお客様から突っ込まれたこともありません。

 

 

 

私があなたから100万円で車を買い取った。

そうすると実際の仕入れ金額は¥925.926-になる。

まずはこの流れを覚えて下さい。

 

超重要です。

 

 

 

 

 

そしてここからです。

なぜオートオークションへの出品が前提の場合と、在庫販売などの方法とで値段が大きく変わるか。

その仕組みについて解説していきます。

 

まず車の買取に対してそこまで積極的ではない中古車販売店は、車をどこから仕入れるのかというとほぼオートオークションから仕入れます。

売れた分の車両の穴埋めに別の車両を買い付けたり、または在庫に無い車両を注文販売としてオークションから探して落札したりと・・・

オークションから車(商品)を仕入れてユーザーに販売するのが基本中の基本。

 

そして在庫販売などは、本来オークションから仕入れるはずの車両をユーザーから仕入れる。

 

だからよく広告や宣伝でも見かけるように

「オークション間のマージンが省けますからその分ユーザーに還元出来るんです!」

こんなシステムが成り立つと言えば成り立ちます。

 

 

ただここに消費税に関することは一切触れられておりません。

触れちゃいけない部分ですから。

 

 

 

では具体的な例として見比べてみましょう。

以前書いた車の流通の流れは覚えていますか?

見たことないor忘れてしまった方はまずこちらを見て下さい。

この記事では仮定としてオークションに出品するのに6万円としていますが、今回は分かり易いように5万としておきます。

流通の流れはこの通りです。

 

 

一般的な考え方としては

買取車両が100万円だった場合。

100万円+5万円=105万円・・・これが仕入れ原価となり、それ以上でオークションで売れれば利益という見方になると思います。

オークションで110万円で売れれば5万円利益!みたいなみたいな。

 

逆に100万円でオークションから競り落とせば経費を掛けても105万円・・・これが仕入れ原価。

そうするとその差分100万~105万の間で買っても、在庫販売などの場合は損という考え方にはならない。

 

これがCMなどで宣伝している、マージンをカットするメリットとしての典型パターンです。

 

でもこれじゃ精々1~5万程度しか高くなりませんよね?

 

しかし実際買取店が行っている細かい計算式は以下のようになります。

必要があらば電卓のご準備を。

 

 

 

★オークション出品の場合★

(買取金額ーリサイクル料金)÷消費税1.08%+陸送代+出品手数料+落札手数料=仕入れ原価

例えば買取金額100万円 リサイクル料金1万円 陸送代2万円 出品手数料1万円 落札手数料1万円だったとします。

これを上記の計算式に当て嵌めると仕入れ原価は¥956.667ーとなります。

 

このままオークションに出品し、結果上記のように105万円で売れました。

そうすると

¥1.050.000 - ¥956.667 = ¥93.333- 

これが実際の利益の出し方となります。

 

利益5万円じゃなーい!!!

 

さらに別途ナンバーを付けたまま(抹消をせず)出品した場合、未経過分の自動車税が出品をした側に戻ってきますので、追加でプラスですね。

 

では次にオークションから落札する場合の諸費用を見て見ましょう。

 

 

 

★オークション落札の場合★

計算式はこうなります。

落札代金×消費税1.08%+落札料+陸送代+リサイクル料+(抹消出品じゃなければ未経過分の自動車税)=仕入れ原価

上記の例に当て嵌め、オークションから100万円で車を落札したとすると

100万円×消費税1.08%+落札料1万円+陸送代2万円+リサイクル料1万円+(未経過分自動車税)=約112万円+α(未経過分自動車税)

 

 

ここまで出すと後は簡単ですね。

分かり易いように自動車税は抹消前提、費用発生無しとしますが

オークション出品を前提の場合は100万円前後の相場だった場合、約100万円あたりが買取れる限界値となるでしょう。

 

仕入れ原価¥956.667-から見ても差し引き見込み利益は4万円強。

安く売れてしまえば赤字のリスクも伴うかなりシビアの状況です。

 

 

ただ直接販売、在庫販売の場合は、オークションから仕入ようと思えば112万円程かかるわけですから、極端な話それより安ければ得という考え方に結び付きます。

もちろんオークションは相場が前後しますから、多少安く仕入れられる可能性も考えますので、112万円まで買取でというのはなかなか難しいです。

しかし105~110万円くらいならオークションからの仕入れよりは得になる可能性高いですよね。

好んで出したくはないですが、ユーザーからなんとかとお願いされれば・・・私なら出してしまいます。

 

会社によって見解は異なるでしょうがオークションの検査は本当に細かい部分までは確認されません。

修復歴の判別などに自信が無いと出来ないですが・・・しっかり見れる能力があれば自分で見た車の方が安心出来るものです。

 

そうすると112万・・・ケースによっては加修の必要がまるで無いという理由でさらにもう少し踏み込んだ金額まで出すケースもあります。

 

 

 

これが売り手、つまりこのブログを見ているあなたが車の売却時に目指す内容であり

 

本当の高価買取となる売却内容です。

 

 

そして・・・

お気づきの方もいると思いますがこの消費税。

 

当然ベースの価格が上がれば上がる程、消費税の額も増えていきます。

 

仮にあなたの車の売却金額が300万、500万クラスだったら・・・?

その差は数十万単位となるわけです。

 

 

 

ただ、勘違いしてはいけません。

先ほどお伝えしたように、好んで高い金額が出るわけではありません。

当たり前ですが相手は利益を求める企業です。

買取の上限値を在庫販売などで高くしても

それをスムーズに出す会社なんて私は知りませんし、まずそんな会社は無いでしょう。

そんな会社があれば倒産してしまっているでしょうからね。

 

だからこそ他社はいくらだったのか?

 

いくらなら売ってくれるのか?

 

などなどクロージングにクロージングを重ね、下限での買取をしようとします。

 

詳しくは過去記事をご覧下さい・・・世間話のつもりが・・・実はクロージングをかけられている

 

 

先ほどの例でいけば112万までが限界だと思っていても

隙あらば50万円、80万円で買取を行う世界です。

 

そして実際に在庫販売などを行うつもりが無くても、営業マンは皆口を揃えて在庫車両に~客さんがいまして~と言います。

何が本当の話なのか見極めるのはこんな記事を書いといてあれですが難しい作業でしょう。

それは前回の記事で書いた検証の結果からもお分かりかと思います。

 

大手だから、販売日本一だから限界値で毎回買取を実行しているわけではありません。

 

ちなみに私が自分の車を一括査定で売却した際は(嫌いなのに結局一括査定かよって突っ込みはしないで下さい)

ビッグモーターは一番早く無理ー!って言って帰られました(笑)

 

 

 

またよく勘違いしている方がいますが、売値が高いからその分高価買取を行っていると思っているユーザーが非常に多いです。

まぁ気持ちは分からなくないですけどね。

 

買取金額はどこも100万前後。 

 

でも売っている値段は150万円。

 

直接売るなら150万まではいかなくても、120万130万くらい出したってなんとかなるんでしょ?と。

 

上記の例に当て嵌めればすぐ分かることですが、オークションから仕入れた方が仕入れ額が安いなら、買取店は当然オークションから仕入れます。

そこはユーザーからお願いされようが、企業ですから仕入れが安い方から仕入れるのは車に限らず当たり前のことです。

 

 

ただ・・・

ちょっと変わった車に乗っている方は別です。

・希少車(古い、高価、装備が特殊などの理由で市場に余り出回ってない車両)

・改造車(系統に合わせた改造を施している車両)   

 

参考過去記事・・・車売却のための豆知識 パーツ評価値一覧

 

このような車に乗っている方は予想外の値段になる可能性があります。

 

例えば改造費に200万円掛けましたという車。

会社によっては評価値が5万程度しか入れないこともあれば50万入れられる会社も出てきます。

 

または自分の車をGooなどで検索したら、全国でも数台しかヒットしない。

このような車は相場が確立されていない=会社によっての評価値に差が出る。

こんな現象が起きるわけです。

 

そういった車の特徴は買取金額と売値との差が非常に大きいです。

 

何社か査定して貰っても100万前後。

でもあなたの車に近い車が売値で200万以上で売っている。

 

こういった車はその可能性があると思って貰って結構です。

当然元は取れませんが、直接販売、在庫販売などによって値段が引き上がる可能性は充分有り得ますので、ぜひ頑張って頂きたい!!

 

 

 

 

追記

知り合いに車屋がいるから相場を見せて貰った上で買取って貰ってる。

もしくはそこでオークションに出して貰っている。

 

こんな方もいると思います。

 

ちなみにあなたの車の価値が300万円前後だったとしましょう。

実際オークション取引データを見ても300万くらい。

確かに知り合いのおっしゃる通り!

 

でもこういった方々・・・

 

結構消費税分を騙されてますからね?

 

300万くらいで取引されている。

オークションに出すのに手数料も5万くらいかかる。

せめて他の買取店程じゃないけど、知り合い価格で5万くらいはマージン頂戴よ。

またはオークションで売れた金額から知り合い価格の5万ほどの僅かなマージンと経費差し引いてあとのお金は渡すよ。

 

300万で売れたら290万ね!

 

もちろん売れた金額も見せるよ。知り合いだから特別ね!

 

 

こんな話よく聞きますが・・・

 

消費税だけで24万くらいあるわけです。

 

軽く20万くらいは損してるわけですね。

 

「知り合いだから特別に相場を見せてあげる」

 

これ中古車屋さんとかのかなり美味しい商売ですのでご注意を。

やる方も商談の必要がないので非常に楽ですし、特別に取引データを見せるという演出が非常に売る気にさせます。

 

この知識が無いと・・・高い車ほど大損し続けますよ。

 - 車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識, 車買取店の内情 , ,