車を高く売るためのコツ 車売却前に知っておくべき知識

ディーラー下取りは実際どうなんだ!? 高い?安い?

投稿日:2015年12月15日 更新日:

では前回の続きです。

ディーラーの下取りとやり方について解説しましたが、肝心の下取り価格については触れていませんでした。

 

なので今回は

 

「ディーラーの下取り金額は実際高いのか安いのか」

 

について解説します。

といっても答えは凄く簡単です。

 

スポンサーリンク

 

人気車種は買取店の方が高い。

 

不人気車種はディーラーの方が高い。

 

以上となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぇ?

 

 

 

 

 

 

ふぉ?

 

 

 

 

 

 

 

ふぁ?

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと詳しく解説しろやバカって?

 

 

 

私は正月をどう過ごそうかで頭がいっぱいいっぱいなんです!

 

 

 

 

 

まぁ前回ラストに結構大口叩きましたからね。

 

 

ではもっとリアルな情報をお伝えしましょう。

 

私はディーラーに知り合いは多数いますが勤めたことはありません。

しかしディーラーも買取店と同じ市場データは見ています。

これは間違いありません。

ディーラーもオークションに出品していますからね。

ただ買取店と違いがあるとすれば、オークションデータはディーラーの中でも一部の人間しか見ることが出来ません。

 

店長クラスでもまず見れていませんね。

 

後は会社によりますが、下取り価格を算出する部署だけは見ていたり、そもそもその部署も見てない会社もありそうと思ったり・・・

 

つまり実際に現場で動く末端のディーラーマン、それを指揮する店長は相場が分からない中で下取り額がどうのこうのとやっているということです。

 

逆に買取店は末端スタッフまでオークションデータが見れます。

商談中にその車の相場を見れるかどうかは会社にもよると思いますが(実際の相場を見ると出来ない営業マンは高く買ってしまうため)

ここがまず大きく違うところです。

 

 

そして下取りを算出する部署がどのように金額を出しているのか・・・

そういった専門部署の知り合いがいないのでここが良く分からないところですが、金額を出す大元はオークション相場だけではないと思われます。

以前に買取店がクロージングのために使用するツールについて解説しましたが、あのような本などのベース金額から加算、減点などを行い金額を出しているような感じです。

 

というかオークションデータは見ているけどそれを元に金額を出してないようなような・・・

 

 

 

どういうことかと言うと、ディーラー下取りが相場を形成しているオークションデータよりも高い金額を付けることが多々あります。

 

車買取専門店!なんて言っときながら下取りに勝てないなんて事態も普通に起きるわけです。

 

前回記事のように調整が入ってこうなることももちろんありますが、調整をせずにこうなることもありますね。

 

そしてその特徴が上記の「不人気車」となるわけです。

 

減価償却もそうですが、経過年数からのパーセンテージで金額を算出するんでしょうね。

ただ元々のパーセンテージ率が低いため、実際の相場と照らし合わせると

 

人気車種、普通くらいの車種は買取店の方が高い

 

不人気車種はディーラーの方が高い

 

こんなことになります。

 

 

 

何千件とディーラー下取り金額と実際の相場を照らし合わせてきましたが

勝率でいくと

 

買取店 7 : ディーラー 3

 

このくらいの勝率です。

 

意外とディーラーの勝率高いじゃんって思う方もいるかもしれませんね。

 

・海外輸出が絡む車両はほぼ100%買取店の勝ち

・人気車種はほぼ100%買取店の勝ち

・人気が普通くらいの車種は8割くらい買取店の勝ち(ディーラーが店頭で売るケースもあるため)

・不人気車種、不人気メーカー(値落ちが早いと言われる車)は8割くらいディーラーの勝ち

・商品価値がまったく見込めない低単価車両は5割くらいディーラーの勝ち(キャンペーンなどで一律5万買取とかするため)

 

こんなイメージです。

 

ディーラー下取りが高いと思っている人はほとんど見たことがありませんが、ディーラー下取りは絶対に安いと思いこんでる人は結構見ます。

 

10年くらい前は確かにそうでしたが、今はそこまで安いわけではありませんので

ディーラーの下取り聞いて

 

「ディーラーだからしょうがないか」

 

なんて余り思わない方がいいですよ?

 

そう思って買取店に行ったらもっと安くて腰抜かす方結構見てますので。

腰抜かしたくない方は人気車種に乗りましょう!

 

 

 

-車を高く売るためのコツ, 車売却前に知っておくべき知識
-,

執筆者:


  1. もんもん より:

    コメント失礼します。
    値落ちが早い輸入車を一年で乗り換える時も買取よりもディーラーの下取りの方がいいのでしょうか?

    • にー より:

      次にどのメーカーの車を買うのかによって変わってきますね。
      例えばベンツ⇒ベンツなんかになると、新古車として自店で売りに出したりするのでディーラー下取りが高いイメージがあります。
      ただそれをトヨタに持って行っても高くなるイメージはまったくありません。

      ベンツ⇒ベンツでも、そのベンツを扱うヤナセとかから下取り車のベンツを買い取っていましたので、一応下取り値引き交渉後に確認、それを元に買取店をハシゴした方がいいですね。

  2. もんもん より:

    返信ありがとうございます。
    同じメーカーの乗り換えなら高くなる可能性があるという事ですかね。
    実は来年出るであろうハリアーターボの資金調達しようと思い、今乗っている車を売ろうと考えて金額の参考にオートバックス行ったのですが自分が思っていたより低くて今売るか買う時に下取りにするか悩んでいまして。
    グランドチェロキーリミテッド黒・一年落ち・1万キロ・買取360万でした。
    カーセンサー等の売値が500万くらいだったのでこのブログで消費税の事とか勉強して400〜430くらいでいけるかもと思っていたのですがこの金額はがめついですか?
    悩みすぎて禿げそうなんで助言を下さい。(;_;)

    • にー より:

      そうですね~あとは他メーカーでも値引きをして自社ブランドの価値を下げたくないメーカーは下取りが強いです。
      そこで調整してますからね。
      ベンツBMWはもう台数勝負に移行してしまっているので他メーカーはきつそうですけど、レクサスとかは該当しますね。

      グラチェロの価値はヒントくらいしかお伝え出来ませんが、オートバックスの価格は経験上「無難」な金額です。
      特別安くもないですが高くもありません。
      たぶんオートバックスで360万ならサンルーフは付けられてないですよね?
      努力と知識次第でその上はありますよ。
      430はさすがに無理がありますが(笑)

  3. もんもん より:

    メーカーの方針にもよるんですね。
    マツダもそうなんでしょうか?

    やっぱりがめつかったかー
    400目指して頑張ってみます。

    • にー より:

      まずはメーカーの方針、そしてその範疇での各ディーラーを運営している会社の裁量によるでしょうね。
      マツダは以前は鬼値引き、鬼下取りで頑張ってましたが今はどうなんでしょう。
      有力車種の値引きも2~3年前と比較するとだいぶ上がってきますが、以前の自滅パターンは取らないような気がします。
      スズキも自滅パターンをやっと理解したのか、もう会長が台数勝負しないなんて言ってますしね。
      ちなみに最近のマツダの値引きをクソ高い!と思ったことはないです。
      県によって会社が違うので住む地域によっては・・・ていうのがあると思います(笑)

  4. もんもん より:

    運営会社って一つの県に一社なんでしょうか?
    都市部は複数あったりするんでしょうか?
    ホームページ見てもわからなくて…
    質問ばっかりすいません。

    • にー より:

      メーカーによりますね~。
      私が関係する県しか詳しくないですが、例えばお住まいの県にトヨタならネッツ、カローラ、○○トヨタ(県の名前)、トヨペットとあると思います。
      これは1つの県に1つずつのはずです。
      重複して販売している車両もありますが(プリウスとかアクアとか)、基本はそれぞれ販売車種が決まっています。
      ハイエースならトヨペット、レジアスエースならネッツみたいな感じですね(他でも買おうと思えば一応買えますが)

      これが日産になるとたぶんお住まいの県にもあると思いますが、サティオ、プリンス、○○日産(県の名前)があるんじゃないかなと思います。
      それぞれ母体が異なり、全日産車を扱う競合会社となりますね。

      ホンダも複数社ありますし、ベンツやBMWなんかも県によっては複数取り扱っている正規ディーラー会社があるはずです。
      その他、接点が無いのでよくわかりませんが代理店のような会社もあります(特にスズキとダイハツ)

      当然会社が違えば方針も違いますので、出始めでメーカーが値引き制限掛けている時は別ですが、値引き、下取りなどはそれぞれの販売会社の裁量に委ねられます。

  5. もんもん より:

    車を買う時に相見積もりをとる場合、日産車は同じ県内の違う名前の販売店で大丈夫やけどトヨタ車は他府県でとらないと駄目みたいな考えで大丈夫ですか?
    そういえばどっかの記事に書いてあった気が…
    リセールと関係無い事ばかり聞いてすいません。

    • にー より:

      今は流れでリセール記事をやっているだけですので関係無くても全然問題ないですよ(笑)

      ちょっと間違った認識を持たれているような・・・
      NGなのは同会社の別店で相見積もりを取ることです。

      例えばもんもんさんがプリウスを欲しかったとしましょう。
      プリウスはトヨタでも全販売会社が取り扱いをしております。
      なので別会社であるネッツで見積もりを取った後にトヨペットで見積もりを取っても何も問題ありません。

      しかしこれがヴェルファイアだったら内容が変わります。
      ヴェルファイアはネッツでしか販売をしていませんのでトヨペットに行っても基本的には買えません。
      かと言って同県内の別店舗ネッツに言っても、県内は運営している会社が同じなので相見積もりを断られます。
      そうなると相見積もりをしたい場合は隣県のネッツであれば別会社ですから相見積もりが取れるわけです。

      日産車やホンダ車もプリウスと同じです。
      プリンスでもサティオでも全車種取扱いなので会社を変えれば大丈夫ですね。

      トヨタだけが理由は良く分かりませんが販売車種を会社によって分けていますのでこのようなややこしいことを考えなければいけません。

  6. もんもん より:

    なんか複雑ですね〜ややこしい!
    丁寧に教えて頂いてありがとうございます。
    これからもブログ楽しみにしています。
    ありがとうございました‼︎

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オートオークションの詳しい解説Ⅱ

前回のオートオークションの詳しい説明の続きです。   オークション会場も大小様々有り、会場によって同じ車でも売れる値段が違うこと。 大手でもその制約の中でやっている会社があることを説明しまし …

車を売るべきタイミング 売るべきでは無いタイミング

今までの記事をご覧になっている方なら   車を売るべきタイミングは早ければ早いほど良い!   と即答出来ると思います。   その通りです。     に …

希望額の吹っ掛け過ぎに注意 【リアル商談を公開】

今日珍しく売りたいだけのお客様が来られました。 私は新しく買い取った車のネット掲載で忙しかったので、一番新人のスタッフが対応しているのをコソコソ聞いていたんです。   車は古かったけど・・・ …

車売却のための豆知識 パーツ査定評価値一覧

以前別記事で、評価値に入るものをリスト化するようなことを言ったような言ってないような(覚えてない そんな気がしたので作ってみました。     売却時のパーツ評価値一覧! &nbsp …

車の売却 即決から逃れるためにあなたが用意しておくべき逃げ道 決定権!

前回の続きとなります。   車の売却では商談内容が大まかに   動機 ⇒ 時期(決定権) ⇒ 決定権(時期) ⇒ 金額   という順番で進んでいくこと。 全てがクリアにな …

ディーラー下取りは実際どうなんだ!? 高い?安い?

by にー time to read: <1 min
11