車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【アトレーワゴン】

      2017/02/28

軽ワンボックス比較第ニ弾。

 

本日はアトレーワゴンです。

 

エブリィよりは流通量少ないかな?

 

グレード展開は3設定と2WDor4WDの枝分かれ・・・

ん?エブリィとまんま一緒じゃね?(笑)

 

どっちがパクッたか知りませんが、超ライバルってことですねハイ。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  63%

 

 

・海外輸出情報

平成17年~(現行型)・・・プチ輸出に該当

 

 

・総評

なるほどなるほど。

今まで私自身もエブリィとアトレーどっちが良いなんてしっかり比較したこと無かったですが、結果はこうなるのか。

 

まず勝敗でいけばエブリィの勝ちです。

 

アトレーも同じランクS枠となりますが、全グレード60%台前半に収まってきますね。

 

グレード別にいきますと

カスタムRS-LTD<カスタムR=カスタムRS

 

このような感じ。

 

違いは見比べればすぐ分かると思いますが

エブリィだと厳しかった下位グレードが、アトレーだと上位リセールとなります。

 

理由はなんだろうな?

見た目の問題か?(アトレーはカスタムRでもスポーティーな感が出てる・・・ような・・・気がする・・・)

 

そして最上位のカスタムRS-LTDが2WD、4WD合わせて一番下になります。

まぁそこまで差があるわけじゃないので、付く装備と予算から好きなグレード買っていいんじゃないかなと思います。

 

 

 

輸出はエブリィと同じ。

海外というよりは国内の部品取り目的で新しい型の方は値段が残る。

 

逆に初代になるのかな。

平成11年~の型は部品が余ってるのか、過走行など難ありだと容赦無く価値の無い廃車です。

 

ただ距離が少ないと初代でもまだなんとかなってる車もチラホラあります。

特に軽自動車は走行距離をシビアに見られますからね。

状態とかの複合で値段が決まるのでこの距離ということではありませんが、8万キロ以内なら買取店などに動いた方がいいと思いますよ!

 

 

 

さて、ここからは余談です。

 

ここまでの記事を見ると

「エブリィワゴンとアトレーワゴン、買うならエブリィか」

 

と思った人もいるかと思います。

 

リセールだけ見ると確かにそうなんですが

下記内容に当て嵌まる方は、アトレーワゴンの方を強くお勧めします。

 

・沿岸部に住んでいる。もしくは仕事とか趣味で海の方へよく行く(浜辺とか漁港とか)

・冬場、融雪剤を頻繁に撒く地域に住んでいる。もしくはよく通る(通勤とかで幹線道路よく走る人)

・先々どうなるか分からないにしても、基本車を買ったら10年は乗るタイプだ。

 

この中で2個以上当て嵌まったらエブリィはちょっと危険ですね。

 

正直今の現行エブリィは出たばかりなので知りませんが、スズキはとにかく錆びます。

 

下回りが錆びるのは、そういう地域に住んでればどのメーカーだってなるんですが

表面上まで浮いてくる(リアフェンダーとか)と価値はそりゃ誰が見たって下がります。

 

 

 

そういった地域に住んでいる方はこんな状態の車、よく見てるんじゃないですか?

 

これ、やっぱり非常に売れずらいです。

特にこういった耐性のない地域の人はめっちゃ嫌います。

 

直すにも、商品車前提となればそれなりにお金かかりますしね。

 

そしてそれで済めばまだいいですが、そのうちフレーム(骨格)にまで腐食が進み、穴が開いて車検が通らなくなります。

 

こうなるとアウトです。

 

雪が降らず、沿岸部じゃなければまずこうなりませんが、両方該当なんてしてれば、錆びは10年なんて全然もたず出てくるでしょう。

本来ならまだ価値が残っている年式なのに、腐食によって値段が付かない、もしくは二束三文になる。

こんなパターンが考えられますので、錆びやすい地域に住んでいる自覚がある方。

 

まだ錆びにくいダイハツの方が、高く売りたいならお勧めですよ。

あ、錆びないなんてことでは無いので、どっち買うにしてもしっかり洗浄するなりしてメンテして下さいね!

 

何も該当しない方はエブリィで全然良いと思いまーす!

 

では次回、とある買取店で「最強」と言われたらしいバモスを調べてみます。

 - リセールランクダイハツ車