車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【C-HR】リセールバリューをランク付け!

      2018/04/05

やっとしっかり調査する時がキタ!!

 

本日はC-HRです。

 

もう販売して丁度1年くらいになるんですね~月日が経つのは早い早い。

現在所有されている方もこれから買おうかと検討されている方も。

 

それなりにしっかり調査してみたいと思いますので参考にして下さいませ!

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S(推定)

 

 

・海外輸出情報

G-Tの29年式のみ弱い輸出に該当している可能性有り・・・(不安定のため過信は出来ず)

 

 

・総評

う、うーん・・・

ちゃんと調べようと思うと難しいですこの車。

 

グレード事に短期で変な動きをしているため中々傾向が掴めません。

 

なので相場を見て思ったことをどんどん書いていこうと思います。

 

というわけで、まずは1年未満の経過1万キロ未満くらいを目安にしたグレード別です。

S-T 81%

G-T 89%

S 77%

G 86%

 

このような数値となりました。

 

数値を見てお分かりの通り、ハイブリッドorターボはターボの微勝ち

 

低グレードor高グレードは高グレードとなる「G系」がそれなりの差を付けて勝っております。

 

では続いてなんとなくですが分かった特徴を。

・色の差はそれなりにはっきり出ており、白黒と多色(グレー、シルバー、黄色、緑、赤など)の差は15万前後

・かなり強くリセールに反映されているのはエアロ系、派手であればあるほど評価値が高い(20万~30万ほど)

・逆にフルレザー、LEDなどは多少上昇というくらいで影響が少し薄い

・程度の良い新古車ばかりということもあって、評価の厳しい車(修復歴など)は30~50万とかなりマイナスが大きい

 

こんなもんになります。

 

とりあえず高いと思ったのは必ずエアロが付いている、安いのはエアロが付いてない。

他はおまけのような要素になっているというのが今のC-HR相場の特徴ですね。

 

 

そして輸出関連についてですが、こちらは面白い動きだけどちょっと複雑。

なのでグレード別にしてみたいと思います(ここ3ヵ月の範囲での調査になります)

 

【S-T】

まったく輸出該当した痕跡無し。

そもそも購入している人があまりいないため、空気のような存在になっています。

 

 

【G-T】

当ブログ内で微風と言われていた輸出に該当している?していた?グレード。

輸出期間は11月中頃~12月の1周目にかけての3週間ほどで、その間の上昇値は約50万ほどとそれなりに大きい。

現在はその余韻が残った状態で徐々に下がっているように感じられるので、これが戻りきってしまうと上記リセール数値からマイナス30~40万ほどの下落予想と結構危険な香りがします。

 

 

【S】

最も低いリセール数値を叩き出したハイブリッド下位グレードですが、こちらも一時輸出該当してますね。

期間は10月の2週目くらいまでで、現在より30万ほど価値が高い状態が一定期間続いていたようです。

面白いところは「G-T」と期間が異なるため、別ルートの輸出該当が短期で発動していたのではないかというところ。

現在はすっかり落ち着き国内需要で相場形成されてます。

 

 

【G】

下位の「S」で一時期輸出該当していたので、上位のこちらもなんかあるんだろう?くらいに考えていたら輸出該当の痕跡無し。

ずっと国内需要で回っているようです・・・難しいよこの車。

ただ良く言えば、流通台数含めて最も安定しているグレードと言えます。

 

 

そしてそしてー・・・

どうなるかと気になっていた1年規制についてですが

 

現在の相場を見る限り1年規制は該当しておりません。

 

今のところ特別な動きは無く、グレード「G-T」以外は29年度と同等レベルの価格になっています。

「G-T」だけは29年度と比較し一気に価値を落としているため(おおよそ輸出該当前の10月に近い価格)、「G-T」限定の輸出がプレミオのように29年度限定(逆パターンの1年規制)になっている可能性があります。

 

 

※今後予定している「週刊レポート」のグラフ図を試験的に使ってみました(まだ使うかも分かりません)

 

 

 

ここまで情報をまとめると

ハイブリッドの「S」「G」は基本国内需要ですが、短期での輸出該当の可能性が今後もあるかもしれないのでその辺を意識してもいいかもしれません。

ただ、そういったアンテナを張る作業がしんどい方はほっておいてもOK。

国内需要で今後緩く下降していくかと思われますので、売りたい時に売るくらいの感覚で良いと思います。

 

また、ガソリンの中でも「G-T」に関しては注意が必要です。

調べた上記リセール数値も、輸出該当の中でのたまたま高い数値である可能性が高く、1年経過後の取引額を見るとここ数か月で大きく価値を落とす可能性があります。

もちろん再度突発的な輸出該当に入る可能性もあるかと思いますが、短期で非常に読み辛いという点を考えるとまた発生しても狙うのは困難。

1年規制の結果を見てどうしようかと考えられていた方は、早々に動いた方が得策ではないかなと思われます。

 

以上、まだ1年経過ではありますがC-HRについてまとめてみました。

 

更新アンケートで1位になればまたやることになると思いますが・・・

出来れば3年経過時くらいを調査して、他車種と比較出来れば一番良いかな(笑)

 

とりあえずは現在の相場状況、上手く有効活用してみて下さいね!

 

 

 

【プチ更新】2018年1月28日

やっと軽く特徴が掴めるくらいには情報が出揃ったのでプチ更新しときます(プチですよプチ)

 

本日はC-HRの輸出について。

 

ただくれぐれもご注意頂きたいのは、私は車屋であって輸出屋ではありません。

市場データだけを見て判断しておりますので、あくまで今の段階での情報となります。

 

 

まず最初に。

 

やっぱり1年規制はありません。

 

調査した時期が12月と1年経過なりたてだったので、「ちょっと早過ぎたか?」と思いましたがやっぱり無い!

 

無いもんは無い!

 

なのでここは割り切った上で次に進みましょう。

 

続いて輸出該当車両についてです。

 

該当車両・・・G-T LTDエディション

 

内容は「ほんのり」

 

ふざけてるの?とか言われてそうですがふざけていません。

ほんのり輸出されてるっぽです(笑)

 

なので投資とか利益を出すためにとかって考えでやるのはお勧めしません。

 

たぶんですが「未使用限定タイプ」ですし、利幅が多くないです。

イメージとしては逆1年規制パターンのプレミオくらいの感じなので、使う費用とプラスになる可能性のある金額、そして輸出の信頼度(継続率)なんかも加味したらプレミオ買った方が個人的には良いと思います。

 

そして他の恒常グレードについてですが、こちらは輸出該当は無い(もしくは弱い)と判断。

あとG-Tだけは良く分かりません(え

 

全体的に多少ですが価格上昇しているので(ハイブリッドも)、もしかしたら釣られて輸出?と思いましたが、同じように思って抹消出品してしまった車両は取引金額が10万くらい落ちています。

ほとんどが車検残を残したままの出品にもなっていることから、単純に国内の仕入れが時期的に活発になったと考える方が普通です。

 

 

んー・・・

 

しかしだなぁ・・・

 

こんな時に試作で作った週間レポート用グラフが役に立つとは思いませんでしたが、10月のG-Tの価格が不自然過ぎるんだよなぁ・・・

 

あれが本来の国内需要向け価格と考えると、今の取引価格は高過ぎるくらいに高い。

それこそ翌月の11月と同等レベルか気持ちプラスくらい。

 

なんだこれは。

まったく分からんぞwww

なぜ他の出品者さんが車検付きでばっかり出品して、極々一部の人が車検切って泣いているのか理解不能。

 

はぁはぁ・・・プチ更新なのに・・・プチ更新なのに・・・

 

本気でやるしかないじゃああーーん!

 

 

というわけでガッツリ調べてみた結果。

 

うん、GーTも輸出該当しましたね。

正確に言えば11月のような段階に戻ったという感じ。

車検切った車両はたまたま取引額が落ちただけっぽく、中古市場相場と照らし合わせてみたところ10月の相場状況から仕入れて利益入れて~って価格表示をしています。

 

もっと分かりやすく言えば、今売っている車のうちの何台かは即転売出来るだろうなっていう価格で売っています(笑)

 

ふぅ・・・ほんと忙しい車だぜまったく!

とりあえず1年規制は無いという残念な部分と、輸出は安定とは言えないまでも発生しているとう好材料な部分とがゴチャゴチャしている車です。

なので一応今後もちょこちょこと確認はしてみたいと思いますが、とりあえずこれが今分かる内容となりますので参考にしてみて下さい。

 

 

【プチ更新】平成30年4月5日

今回当ブログのコメント欄でちょくちょく情報提供を頂いているしろくろルーフさん(情報収集プロ並み)からまとめたデータを頂きましたので、そちらを元に簡単な考察結果を報告していきます。

 

着目しているのはこちら。

 

新たに5月発売予定の1.2リッターターボ、その2WDタイプとなります。

 

過去の考察記事で

 

「1.2リッターのターボ来るんじゃないかー!?」

 

なんて大騒ぎしときながら、そもそもガソリンターボは4WD設定しか無い、おまけにサンルーフ設定が無いと・・・

どんどん雲行きが怪しくなり、結果的に私も手を引いたモデルに念願?の2WDモデル登場なわけです。

個人的には4WDのスタートダッシュの収束の早さ、その後の1年規制の微妙な感じから「うーーん」という感じでございましたが、頂いた情報と実際の取引数値を確認すると可能性はあるという結論に至ったのでご紹介しときます。

 

 

くれぐれもやる方は自己責任でやって下さいね!

 

 

現在のC-HR相場状況

2月あたりから一部の輸出が回復してきておりプロ転売ヤーが多少動いております。

 

条件として

・30年式の未使用車であること

・「G-T-LEDエディション」であること

・カラーがパール、パールツートン(ルーフ黒)、ワインレッド、ワインレッドツートン(ルーフ黒)であること(黒でもなんとかなりそうな感じはする)

 

この条件を満たすと値引き次第では新車価格を上回る可能性があるというのが現状の相場状況になります(グレード「G-T」はOP代が痛いので厳しい)

 

ポイントとなるのは傾向として輸出に弱い4WDでもこの状況になっているということです。

 

 

2WDを狙うにあたってどのような仕様にすればいいのか

上記条件の中でもより期待値の高い仕様があり、上手く積み重ねると利確の可能性が上がっていきます。

 

お勧め仕様は下記の通り(しろくろルーフさんから頂いた情報をこちらで確認、まとめております)

・カラーはパールツートン(ルーフ黒)

・リヤクロストラフィックアラート&バックカメラ(メーカーOPのバックモニター)

・モデリスタエアロ(現在新品で塗装込み13万くらいのやつ)

 

このようになります。

個人的にはここにスペアタイヤのメーカーOPを追加するとより保険になるかなと。

LEDライトについては2WDのラインナップ追加とセットで一部改良も入るようで標準装備になる模様です(あとシーケンシャルランプもかな?)

 

 

利確に向けた値引き目安値について

値引き目安をどのくらいに設定すればいいのか。

ここが大きなポイントとなるため、仕様が同等レベルになる「G-T-LEDエディション」を元に調査を行いました。

すると、「G-T-LEDエディション」に上記仕様を付けていくと約330万円ほどの総額となり(値引き無しの状態)、現在の相場状況に照らし合わせると35万値引きが分岐ラインとなって収支がプラスの傾向に入っていきます

 

ちなみに値引き参考値は下記をご覧下さい。

価格.comさんのユーザー値引き情報

 

ナビは未装着が前提となりますが、モデリスタエアロを付けることによってOP値引き分もそれなりに引き出せますので、現実的に不可能な数値では無いことが分かるかと思います(地域にもよると思いますけどね)

そしてC-HRの場合はトヨタ系4種どこでも買えますので、一般的なトヨタ車と比較すれば値引き交渉は非常にやり易いはずです。

 

また、ここが重要ではありますが4WDの場合でこの分岐ラインです。

 

過去のリセール記事をご覧になって頂くとお分かりかと思いますが、2WDの方が期待値が高いことはまず間違いありませんのでこの分岐ラインはさらに下がることが予想されます。

ここからは推定ではありますけど、おおよそ25~30万以上のトータル値引きを引き出せれば勝率も上がるんじゃないですかね?

2WDになることによって4WDより15~20万くらいは車体価格が安くなるでしょうから、その分本体値引きが多少渋くなる可能性はありますけど、投資額が抑えられるという意味では十分メリットにもなります。

 

 

最後に

この転売はスタートダッシュ特需を狙うものであって、1年規制を前提に考えると少々厳しいかもしれません。

というのも、現在の29年式相場(要は1年経過)を見ると収支がプラスになっているとは言えない相場をしております。

もちろん2WDが特別扱いを受け1年規制で大盛況なんて可能性も否定は出来ませんが、あくまで今の相場を見る限りは未使用のまま売却をおこなう即売りが利確狙いとしてはベストと考えます。

 

しろくろルーフさん情報によると、アルヴェルやプラドなど・・・

有名輸出車両と違う分ディーラーは無警戒らしく、しかも普段転売目的で利用することがほぼ無いカローラ系もこの車なら狙えるので、まず念書などを求められることは無いはずです。

 

ただ何かあっても誰も責任は取れませんので、ディーラーブラックや予想と違う損失が出た際も自己責任で済ませられる方だけ参考にして貰えればと思います。

 

 

ふぅ・・・久しぶりに考察やっちまった。

しかも簡単に済ませらんないし(笑)

 

まぁやる方はとにかく値引き頑張ってちょ!!

 

 

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランク【トヨタ】

【C-HR】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: 1 min
80