買取価格ランク【スズキ】

【ジムニー】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

投稿日:2016年8月22日 更新日:

 

出典:goonet

SUZUKI(スズキ)ジムニーの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。

ジムニーを中古車として高く売る場合、どのようなグレードを選んでおけばいいのか。

ジムニーの総合的な買取価格ランク、グレード別の価値の差や買取価格に直結する輸出動向などなど。

現在の市場相場を調査しながら解説していきます。

また、お得なジムニーの中古車購入ポイントもこの記事を見れば分かるはずです。

ジムニーを高く売ろうと思っている方、これからお得に買おうとされている方はそれぞれ参考にして下さい。

 

 

車屋(買取店)から見えるスズキ【ジムニー】の印象

一昔前は軽自動車RVとしてライバル車も存在しておりましたが(三菱のパジェロジュニアやダイハツのテリオスキッドなど)、現在はまさに独壇場。

ライバルが存在しません。

その分アウトドア向け遊び車となればジムニーに需要が集中しますので、売る時に高い、売る時に笑顔になれる確率の相当高い車だと思います。

約20年振りのフルモデルチェンジで、今のタイミングなら目新しさも備わっているところがなおさらに好ポイントですね。

ただし昔から流通グレードは偏る車種ですので、売りやすさも意識するなら流通量の多い限定タイプを選ぶことをお勧めします。

 

 

スズキ【ジムニー】モデルチェンジ歴

1998年10月 フルモデルチェンジ 3代目ジムニー販売開始

2018年7月 フルモデルチェンジ 4代目ジムニー販売開始(モデルチェンジによる価格差約80万ほど)

 

※フルモデルチェンジは超ロング周期。当面は改良を繰り返すと思われる。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

スズキ【ジムニー】の買取価格ランク(3年経過時)

 

ランク・・・S  69%

 

※3年経過30000kmを基準にした、全グレードの平均値となります。

 

ランク早見表

総合ランク 買取価格/新車価格(3年経過) 各ランクについての解説
SSS 80%~ 全車種の1%にも満たない超高額の買取価格が期待出来ます。売る時は心ゆくまで交渉しましょう。
SS 70%~79% このランクに該当していれば相当ラッキーです。車の形状によってはこの枠に入ることすら許されません。
S 60%~69% 人気車種を買っている証拠です。お隣さんが悔しがります。
A 55%~59% 平均よりはやや上です。上には上がありますが、欲しかった車なら満足度とのバランスもそれなりに取れているはず。
B 50%~54% まさに平均です。可もなく不可もなく。この辺りから中古車を買うメリットも大きくなります。
C 40%~49% 売る時やや辛くなるランクです。特に高額輸入車はこのランクが多いので、中古車にもしっかり目を向けてみましょう。
D 30%~39% 新車で買えば泣きをみます。誰かが助けてくれるわけではありませんから後悔する前に検討を。
E 20%~29% 新車で買ってたら涙も出ません。買っちゃダメ。絶対。
Z 0% 既に最終モデルでも価値はありません。廃車が最有力となります。

 

スズキ【ジムニー】のリセール値(5年経過時)

 

5年経過50000km時のグレード別平均リセール値  59%

 

XG(MT) 62%

XG(AT) 53%

XC(MT) 58%

XC(AT) 50%

クロスアドベンチャー(MT) 67%

クロスアドベンチャー(AT) 66%

※クロスアドベンチャーとランドベンチャーは同等レベル。

 

 

スズキ【ジムニー】の海外輸出情報

2代目ジムニー(平成10年まで)・・・極プチ輸出に該当(腐食が無ければ)

3代目ジムニー・・・極プチ輸出(腐食が無ければ)

平成16年10月のMC以降からかな?ここから理由はよく分かりませんが低輸出に該当(腐食が無ければ)

 

輸出価格早見表

輸出ランク 目安価格
超高輸出 距離数に関係無く、100万以上のかなり高い相場で輸出されている(水準が高い分、状態に左右されることも多い)
高輸出 距離数に関係無く、50~100万未満の高い相場で輸出されている(修復歴はNGなど条件が付く場合もある)
中輸出 距離数に関係無く、25~50万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はあまり関係無くなる)
低輸出 距離数に関係無く、15~25万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
プチ輸出 距離数に関係無く、10万前後で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
極プチ輸出 距離数に関係無く5万前後で相場されるが、排気量によっては廃車と変わらないレベル

※部品取りとして価値(底値)が存在する場合も含めているので、必ず海外輸出されるということではありません。

車の輸出を狙うなら知っておきたい〇年規制について

 

スズキ【ジムニー】の調査結果

この車の場合は基本2種のグレード設定となりますが、常設されている限定車の需要が高いため今回だけそれも調べます。

限定車省いたら台数が極小になってしまいますからね・・・

 

では3年経過、3万km時のグレード別リセールランクです。

XG(MT)          ランクSS

XG(AT)          ランクS

XC(MT)          ランクS

XC(AT)          ランクA

クロスアドベンチャー(MT) ランクSSS

クロスアドベンチャー(AT)  ランクSS

 

 

リセールが高いのは分かっていたけど、まさかここまでとは管理人も思っておりませんでした。

 

グレード限定とはいえまさかの軽自動車でランクSSS!!

 

これは凄過ぎますね!

グレード需要でいきますと

 

XC < XG < クロスアドベンチャー

 

このようになっており、ATorMTはMTの勝利です。

ATに比べて新車価格10万強安いのに、それぞれMTの方がリセール10%くらい高い。

 

さすがの趣味カー、遊び車だと思います。

 

それと色はどの車でも安定の白黒と、追加でブロンズが人気有りますね。

逆にシルバー、コン。

このあたりはちょっと厳しいことになってます(それでも優秀ですが)

 

そして皆さんも一度くらいは見たことがあるかと思いますが、ジムニーはカスタム比率が非常に高いです。

どこまで手を掛けるかは人それぞれ。

そしてしっかりとした改造車需要が中古車になっても存在します。

ただし一つポイントとして、カスタムをするにしてもエンジンルームまではあまり手を掛けない方がいいですね。

外観の改造はリセールに非常に繋がり易いですが、見えない部分に対しては付加価値が付き辛いです。

今まで何度もジムニーは買取をしていますけど、これだけリセールが良いのに後悔をする人は、決まってエンジンルーム内まで専門カスタム屋で手を掛けてしまった方々ですので、カスタムする分には大いに結構。

ただやり過ぎ(お金の掛け過ぎ)には注意しましょう。

 

ジムニー買うならその時々の限定車で、出来ればマニュアル、カスタムは万人受けするレベルでほどほどに。

 

ここさえ押さえれば、あとは程度次第で売る時はかなり高値維持しますから、興味のある方は参考して貰えればと思います(この程度維持、錆びの進行食い止めるのが難儀なんですけどね・・・)

 

 

 

【更新】2017年12月8日

更新アンケート1位だったのでジムニーの更新です。

前回やったのが約1年3ヵ月ほど前。

限定車の内容が少し違いますけど、今回は平成26年式(いつもの3年経過)を元にグレード別を割り出してみたいと思います。

XG(MT) ランクS

XG(AT) ランクA

XC(MT) ランクS

XC(AT) ランクA

ランドベンチャー(MT) ランクSS

ランドベンチャー(AT) ランクS

 

上下差は20%となります。

余計な先入観を持たぬよう、以前の数値を見ないで割り出してみたんですが大よそ傾向は変わらないですね。

 

ランドベンチャー(その時の限定車) > XG > XC

 

この順でグレードごとのリセールは下がっていき、MTorATはMTが安定して勝利しております。

 

ただ前回と少し違う点がいくつか。

・XC、XGの数値が5%ずつくらい下がっている

・全体的に価格の上下幅が広がっている(少し不安定になっている)

 

このような部分が調べていて気になりました。

 

で、なんでだろうな~と色々調べていたら、とうとう20年振りくらいにフルモデルチェンジの予定が入っているんですね。

角度によってはベンツGクラスのような、丸目で角々した感じのジムニーがニューモデルとして来年5月くらいに登場予定になっています。

 

うーんちょっとブレ始めてるのはこれが原因かなぁ。

人気がある車なので、あと半年くらいとなれば買い控えて次型を待つという人も結構いそうですしね。

 

まぁ不安煽るような記事になってますけど、中古需要は元から高い車なので新型が出ようと極端に大きなリセール下落はまず無いかと思います(どうせそのうち落ち着く)

ただジムニーから新型ジムニーに乗り換え検討されている方は、新型販売日前後3ヵ月くらいはそれなりの相場が荒れるかと思いますのでご注意下さい。

 

一番ダメージを受けやすいのは

 

新型販売開始直後に、納車入れ替えで新型購入(型落ちジムニー売却)

 

このパターンかと思いますので、“人よりちょっとズラす”をぜひ心掛けてみて下さいね。

そのちょっとを普通の人は嫌がりますしめんどくさがります。

 

皆さんと同じように行動すれば同じような結果になりますので、その中で少し動きを変えられるかどうかはあなたのお気持ち次第です。

 

※一部の輸出向け高リセール車両と違って努力した見返りは正直薄いです。なので動ける方はくらいで無理をする必要まで無いかと思います(笑)

 

 

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両が見つかったら見積もり依頼をすると、販売店からメールで総額費用を教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で比較検討していきましょう。

 

goo-net(グーネット) 中古車情報検索サイト

※一括査定ではありません

 

 

トヨタ【アクア】の売り先アドバイス

車はなんでも買い取り専門店を利用すれば高くなるわけではありません。

国内外の需要先や車種それぞれの傾向、流通量によって異なりますので、この車種に合わせたお勧めの売り先をお伝えしていきます。

「◎」や「〇」の売り先を積極的に検討していきましょう。

 

車買取専門店 ◎

現在価値が500万以上の高額車や特別な輸出に該当しているような車、流通量の少ない車(もしくはグレード)はあまり向いておりません。

相場データを最重視した買取をしながら即現金化、差額の利益を出す商売ですので、相場データ量が少ない車や今後の価値変動リスクが高い車は往々にして安い買取額になり易く、別の売却手段を取った方が期待値も上がります。

しかし500万未満の国内需要車や特別な輸出該当車でも無ければ全般的に利用価値は強いので、よほど慣れている、ご自身の営業力に自身のある方以外は一括査定を利用しておきましょう。

単独交渉は上手くいけば一括査定よりも期待値が上がるものの、プロ相手ではあなたが負かさせる可能性の方が圧倒的に高いです。

お住まいの地域にもよりますが、最低5社以上を目標に同時査定依頼(日時を合わせて一斉に査定をすること)されると、労力と到達する金額が両立し易いのでお勧めです。

 

一括査定依頼のコツ

・査定依頼日時は申し込んでから1週間くらいと多少余裕を持つようにしましょう(今日来てくれ、明日来てくれと急な話になると、既に予定に入っているお店は辞退する可能性が高くなります)

平日の火、水、木曜日は定休日にしているお店が多いので極力回避しましょう(定休日は当然来てくれませんので業者数が減ります)

 

数日後に査定予約をして、待っている間に別の売却手段を試していくのが効率的です(要は最後の保険として活用します)

 

【カーセンサー】

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選ぶのが高値売却のコツです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いです。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

かんたん車査定ガイド

 

※お車の価値が30万以上くらいであればまだいいのですが、明らかに金額が厳しそうなら複数の一括査定依頼は止めておきましょう。

買取店の買取意欲減少に繋がる恐れがあります。

 

車の系統を合わせた専門店 ◎

ここで言う専門店とは「輸入車専門店」「輸出専門業者」「SUV専門店」など、何かに特化した車種や形状の車を販売、買取しているお店を指します。

専門店の内容とあなたの車が合致していれば、そのまま在庫にして貰える率は大きく上がりますので率先して交渉すべき売り先です。

難点は全国展開しているような会社は稀で、ご自身のお住まいの地域に合わせて合致しそうなお店を探す必要がありますので、普段から売り先候補を見つけておくと売却時には多少楽になりますね。

国産コンパクトカーなど、そもそも専門店がほぼ存在しない車も多いので、その場合は中古車販売店を相手に動きましょう。

 

中古車販売店 

中古車販売店とは、中古車販売がメインの混在した車種を並べているお店を指します。

国内需要向け車種であれば大半は該当しますので、特に傷や凹みのあまり無い平均的な距離数の車には向いている売り先です。

車種系統は揃っていなくても車の販売単価を合わせているお店が多いので、可能な限りあなたのお車の推定販売価格と近い車を並べているお店に交渉していきましょう。

販売価格平均30万ほどのお店に300万の車を売りに行っても得られるものは何もありません。

難点は価格帯を合わせたとしても在庫にする気持ちがそのお店に無ければ買取店よりも全体的に安い金額しか言われませんので、候補を見つけてからの動く件数が重要になってきます。

 

goonetの中古車店検索はコチラ

 

オークション代行出品 △

業者間の車専用オークションに自ら出品する方法で、買取店が買い取り後に現金化する場で同じように車の現金化を行います(ヤフーオークションやメルカリのような個人間ではありません)

流通量が少なく相場不確定な車や特別な輸出該当車。

あとは相場が下落傾向にあり、買う側の警戒度が強い車などには効果的な売却方法です。

逆に流通量がそれなりにある車は買取店でもしっかり動けば高くなりますので、代行出品手数料が余計な損失になることもあります。

知識がモノを言う世界ですので、不慣れなら軽はずみに行うのではなく、色々と試してダメだった時の最後の手段くらいに思っておきましょう。

一見流通がそれなりにある車種でも、その中で流通の少ないグレードを買われるとオークション代行がお勧めになる場合もあるので、意外とお勧めするケースは多いです。

 

手数料の安い代行業者がコチラ

中古車情報館(一律2.5万円と知る限りは最安値)

Carbiz(300万未満は一律3万円、300万以上は落札代金に対しての1%なので高額車は注意)

 

買取店並みの知識で高値成約を目指したい方は、オークション代行ノウハウ資料を販売しておりますのでご検討下さい。長くご利用頂けると思います。

 

 

車種に合わせた大枠での売り先評価一覧は参考になりましたでしょうか?

厳密に言えば同じ車種でもグレードや距離数、選ばれたオプションなどによっても選ぶべき売却先が変わるケースもありますので、所有されている車の内容に合わせてより詳しく知りたい場合は、当ブログ内で提供している「有料査定サービス」をご利用ください。

ベーシック版で5000円と有料ではありますが、個別に現在価値や相場状況などを調査させて頂き、より高く売却出来るように買取店側の人間が具体的な数値でアドバイスをさせて頂きます(当方が買い取ることは絶対にありません)

実際の売れる金額を把握出来れば精神的にかなり楽に動けると思いますで、少しでも高く売りたい方、効率的に動きたい方はぜひ検討してみて下さいね。

有料査定サービスのお申し込みはコチラから

 

スズキ【ジムニー】のライバル車

・ダイハツ キャスト 

・スズキ ハスラー  

・マツダ フレアクロスオーバー 

・スズキ スペーシアギア 

・三菱 eKクロス

・スズキ ジムニーシエラ

 

・三菱 パジェロミニ(生産終了)

・ダイハツ テリオスキッド(生産終了)

・日産 キックス(生産終了)

 

SNSで共有して頂けると管理人の励みになります!宜しくお願いします!

 

 

-買取価格ランク【スズキ】
-, , ,

執筆者:


  1. KJ より:

    いつも楽しく見させていただいています。
    レガシィ、アテンザもやってもらえると嬉しいです。

    • にー より:

      楽しんで頂けているようで何よりです。
      レガシィはレガシィB4でいいんですかね?
      とりあえずそう思ってB4とアテンザを順番に確認してみますので少々お待ちを!

  2. くらいまー より:

    う~む・・・
    遊び車で欲しい車ですよね~!!
    長かったモデルですが年末頃いよいよフルモデルチェンジらしいです。
    こういう特殊な車って・・・リセール的にはあまり影響しないのですかね??

    • にー より:

      あららジムニーもFCっすか!
      忙しい年だなまったく!

      ジムニーは次の見た目と中身がどうなるかにもよると思いますけど、一般車とは路線が異なりますのでリセールの影響は受けにくいと思います。
      ちなみに15年前にFCが入った時は、新型が丸みを帯びたせいで前型に拘る人がそれなりにいた記憶があります。
      さすがに今は経過年数が経ち過ぎているので高騰なんてことは無いですが、その当時は異常に値段が高いまま維持されいたはずです。
      ベンツGクラスじゃーないですけどRVとしての無骨な恰好が好きという人もいますので、新型がやたら丸みを帯びた近代的な感じになってしまうと前型の方が高い現象まで起きる可能性がある車ですね。

  3. たーぼ より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    ランドベンチャーMTの購入を考えておりますが、パジェロミニの復活は
    市場に影響を与えるとお考えですか?今年になってからの相場も教えて頂けると幸いです。

    • にー より:

      楽しんで頂けているようで何よりです!
      市場の影響ですかーたぶん大して無いと思いますよ。
      少なくとも新型パジェロミニが出たからジムニーの需要が下がるというイメージはまったく沸きません。
      年配の方は悩む人も出るでしょうけど、若い人とかオフロードを楽しみたい人はジムニーで変わらないでしょうし。
      パジェロミニの相場も一回生産ストップして空白期間があるので影響は受けにくいはずです。
      一応サラッと相場は見てみましたが、まだまだ先の話ということもあって以前調べた時と変わっていない印象です。

  4. たーぼ より:

    にー様お忙しいところ返信有難うございます。

    FMCやパジェロミニの登場でどのような相場になるのか少し不安
    でしたが、参考になるご意見ありがとうございます。
    ジムニーを買って相場とかどうでもいいくらい楽しめたら本望なんですが(笑)

    • にー より:

      いえいえ!
      ジムニーはオンリーワンの世界で生きてるのでリセールの心配しなくて良いと思いますよ。
      外野の影響でリセールに響くなら、いつまでも見た目が変わらない次点で大きく下落してるはずです。
      たぶんパジェロミニもライバルにはなれないので好きに乗り回しちゃって下さい!

  5. ダークレッドマイカ より:

    にー様  お疲れ様です。

    更新有難うございます。ジムニーは、輸出の影響はあまり感じない車種に
    なるのですね。
    なぜ、あまり行ってないのか気にはなります。
    他のスズキ車は絡んでいますが、やはり即出しに限られて居るのでしょうね。

    • にー より:

      いえいえ!
      ジムニーは元から輸出のイメージがまったく無いですね。
      古くなっても日本人が買っている印象があります。
      結局海外では軽自動車だからという優遇措置が無いので、軽自動車は荷物があまり詰めない小さい車という認識しか無いと思いますよ。
      なので私が海外の人間ならジムニーを選ばずジムニーシエラを選びます。
      ジムニーシエラよりランクルがあればそちらを選びますが(笑)
      スズキ車は輸出で新しいのだけ行っていると思いますが、普通車にその上位版が無いから行ってるんじゃないですかね~?
      輸出には詳しくないので個人的な予想ですけどね!

  6. target より:

    にー様!
    新型ジムニーは購入しましたか?
    ジムニーはリセール良しのようですが、即転売は利益は無いんでしょうかね〜

    • にー より:

      過去に実績があった車に手を出す方が勝率が高いのでジムニーはスルーです!

  7. さいばりょう より:

    はじめまして。
    いつも拝見させて頂いてます。
    何気なく現行ジムニー中古車探していたのですがかなり高騰してるみたいで。
    すぐ転売など儲かるものなのでしょうか?

    • にー より:

      はじめまして!
      利益を多少でも出すというくらいの感覚なら楽じゃないですかね。
      年間1000万以上とか目標作るとそれなりの軍資金や知識、運が必要ですが。
      慣れないうちは失敗しても自分で乗れる、乗りたいっていう車で試していくと良いと思いますよ。
      当ブログで公開している知識が100%頭に入れば7~8割くらいの必要知識は補えると思いますので、当たりをつけて無理なくチャレンジ。
      あとは適正な売却方法、金額で捌けるかどうか次第だと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アルト】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet SUZUKI(スズキ)アルトの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 アルトを中古車として高く売る場合 …

【MRワゴン】リセールバリューをランク付け!

日産「モコ」のOEM元。   出典:goonet 本日はMRワゴンです。   今更知りましたが・・・ OEMと言っても結構見た目違ったんですねこの車。 フロントの印象全然違うし! …

【セルボ・モード】リセールバリューをランク付け!

クラシックは顔面丸目のレトロ調。 対してモードはちょー普通だった車。   出典:goonet 本日はセルボ・モードです。   ミラとかアルトとかと同じで、取柄を作るより「安く仕上げ …

【ワゴンR RR】リセールバリューをランク付け!

ワゴンRのターボモデル。   出典:goonet 本日はワゴンR-RRです。   懐かしいなー昔はよく色んなところが錆びで茶色いRRを査定してました。 あの頃はスズキも景気が良かっ …

【エスクード】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet SUZUKI(スズキ)エスクードの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 エスクードを中古車として高く …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

【ジムニー】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

by にー time to read: 1 min
14