車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【カローラ】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/01

はい超有名どころ来ました!

 

誰もが知っているカローラ。

一応カローラ系は今も続いていますが、「カローラ」という車名は平成18年10月で生産終了です。

まさに元祖庶民カー!!

 

ではいってみましょう。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・ A

 

 

・海外輸出情報

ザ・輸出カーです。

これ以上安定している車はそうありません。

とにかく壊れないエンジン。

これだけでしっかりとした価値が残ります。

 

では詳しい内容ですが、まず全てのカローラが輸出対象です。

例外は有りませんし知りません。

 

一応乗っている可能性がある年代としてリスト化しますが

~平成3年までの型

プチ~低輸出該当、特にマニュアル車、ディーゼル車は多少強くなります。

 

~H7までの型

こちらも同じプチ~低輸出該当、マニュアル、ディーゼルが強いところも同じです。

 

~H12までの型

ここから排気量選択が多くなるため枝分かれが多くなります。

基本はプチから低輸出。

1800cc、2000cc、2200ccは低輸出。

1500cc、1600ccはプチ輸出。

ただし1300ccの4速ではなく5速マニュアルのみ中輸出。

これは一時的な需要かもしれませんけどね。

 

~H18までの最終型

1300cc・・・中~高輸出

1500cc・・・低~中輸出

1800cc・・・中輸出

 

 

・総評

さすが輸出車両の代名詞です。

本当になんでも行く。

 

それこそ平成元年の車でも50万キロを超えた車でも。

 

ただ悲しいのはそこまでの値下がり具合は早いため、最終型カローラでも5000キロと500000キロの値段が何も変わりません(笑)

もう外人しか買ってないんでしょうね。

古くから続く輸出のため、分かっていて営業車に使っている法人も多いと思います。

もう思う存分使って下さい。

ボコボコだろうが何だろうが、走りさえすればいいので。

 

 

そして余り乗らない年配の方。

次に乗る方はほぼほぼ日本人ではないので、走行距離が少ない=高いと思わない方がいいです。

残念ですが、もうそういった車ですので割り切りましょう。

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクトヨタ車