リセールランク【アウディ】

【アウディTTクーペ】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2018年10月5日 更新日:

この車は比較的有名な部類の車でしょう。

 

本日はアウディTTクーペです。

 

歴史も平成11年からとそれなりに古く、過去に10台以上は買取をしている車です。

乗っている層もおじさんを筆頭に、若いお兄ちゃんもいれば女性の方が赤いTTに乗っていたなんてこともあったので、結構幅広いんじゃないかなーと思います。

古くなっても廃車になるイメージはありませんけど・・・

現行型は買い取ったことが無いので、3年落ちあたりのリセール数値は個人的にも気になるところですね。

早速調べてみたいと思います!

 

現在も販売中です。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・A  56%

 

 

・海外輸出情報

現行・・・不明

2代目(平成18年~27年のA5型)・・・機関系不調が無ければ低~中輸出に該当(20万キロオーバーまで確認)

初代(平成11年~18年のA4型)・・・機関系不調が無ければプチ輸出に該当(20万キロ近辺まで確認)

 

 

・総評

TTクーペも平成27年8月にFCが入っておりますので、どうせなら新しい現行型リセールを調査してみます。

 

グレード別数値はこちらです(別の対比データもあるため数値も残します)

2.0TFSI 52%

2.0TFSIクワトロ 52%

 

また、現行に切り替わった翌年の平成28年に、2WDの2.0TFSIが廃止され1.8TFSIに切り替わっております

排気量が200ccダウンした変わりに新車価格も70万ほどダウンした470万円ほどと・・・

かなり買い求めやすい価格になっておりますので、こちらも気になってリセール数値と差分を調査してみました。

 

28年式(2年落ち)の2万キロ目安

1.8TFSI 57%

2.0TFSI 55%

 

こちらは誤差の範疇ではありますけど1.8リッターの勝ち。

新車価格が安くなって中古車もより買い求めやすくなったのが一番の要因かなと思います。

 

その他気になったこの車の特徴はこちら。

・カラーの差は白黒では特に無し(安い部類だからかな?)

・白黒と他色のカラー差は約20~30万ほど

・Sラインの付加価値は25万程度(思ったより大きくはない)

・年間下落ペースは3年落ちくらいまでは約20万程度

・FCによる影響は約60~70万ほど

 

こんなもんですね。

まぁまぁ特に解説が必要なほど難しい特徴は無いと思います。

FCで一回大きく落ちて、前型の最終近辺は200万前後が平均相場。

ベースの価格が落ちればその分カラーや装備の影響は薄くなってきますので、あとは予算と好みでどこを狙うか上手く調整すれば良いという感じです。

 

あーただ現行はまだ分かりませんが、少なくとも2代目のモデルはそこまで輸出価格が高いわけではありません。

 

参考数値として、24年式(6年経過)の3万キロと10万キロは価格差が約100万ほどはあります。

 

これでもまだ底値というわけでは無く、そのまま中輸出枠まで下降していく見込みですので、通勤使用などでハイペースに乗られる方なんかは注意しときましょう。

 

あくまでスポーツタイプ。

趣味枠に入る車ですから、過走行予定の方にはあまり向いておりません。

逆に低走行であれば、10年経過しても100万以上の価値が残りますので、好きな方は状況に応じて使い分けるくらいの駐車スペースとお金が必要です(笑)

 

初代でも6MTと左ハンドルが合わさればそれなりに強い国内需要も残っている。

どちらかが欠けたって廃車よりは高く、ほどよく乗った10年経過でも15%くらいのリセールと平均よりは高い。

 

新車で買いさえしなければ・・・

 

どのタイミングで買ってもほどよくバランスが取れているなと感じるアウディTTクーペでございました。

乗っている方は次のMCに気を付けるんだぜ?(30万くらいはダメージ来ると思うんだぜ?)

 

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

 

-リセールランク【アウディ】
-

執筆者:


  1. CREA より:

    にー様
    こんにちは
    次はTTロードスターかぁ、と思っていたら、まさかの2年前の今日、2016年10月5日にアウディTTクーペを記事にしていますよ?
    Q3に次いでアウディで2回目(Q7の未遂は除く)やっちゃいましたか。
    当時はフルモデルチェンジ前のリセールで48%だったようなので、現行がフルモデルチェンジしたときの参考になりそうです。
    輸出は二代目が高輸出から中輸出に格下げのようですが。
    2年前の記事からすると前モデルが強かった白が黒との差が無くなっているというのも新しい傾向なんですかね?

    • にー より:

      はぐぁあああー!!!
      チェックしないでリストを順番に調べる癖がついてしまったようでイカンですね・・・
      しょうがないのでこちらを最新版として差し替えておきます(笑)

      2代目は間違いなく現在中輸出枠ですね。
      底値がそれなりに高い車は新型が出たり月日追うごとに底値が下落していくので、よほど輸出に強い車でも無い限りはしょうがない部分ですね~輸出というより国内での部品取りの可能性もありますしね!
      あと色は今回調べる限りでは差が感じられなかったですね~。
      他アウディ車種調べていても、価格差が在る車種無い車種と結構分かれていたので、昔ほど白の影響が強くなくなってきているのかもしれません。
      選択出来る状況なら白を選んどいた方が無難というやつです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アウディS8】リセールバリューをランク付け!

はたして40%をキープすることが出来るか!?   本日はアウディS8です。   この車も40%前後をキープすることが出来れば、アウディのSシリーズは大体どれも似たり寄ったり。 車体 …

【アウディRS6】リセールバリューをランク付け!

一番古いタイプのRS系だと思われる。   本日はアウディRS6です。   販売時期は平成15年~22年までの7年間。 C5タイプと言われる古い型が存在するので、最も低予算で買えるR …

【アウディTT RSプラスクーペ】リセールバリューをランク付け!

一時的にTT-RSクーペの移行先となった車。   本日はアウディTT-RSプラスクーペです。   現在のA8とA8プラスの関係と同じで、車種の販売時期は被らず上位版として車種変えと …

【アウディQ7】リセールバリューをランク付け!

アウディで一番でっかいSUV!   本日はアウディQ7です。   goonet見て色々新事実発覚だよ!   平成25年で一回生産止まって28年に復活(知らなかった &nb …

【アウディTTロードスター】リセールバリューをランク付け!

地味に長かったアウディもこれで最後!   本日はアウディTTロードスターです。   ロードスターなので、TTクーペのオープンカータイプですね。 市場データを見るとTTクーペの10分 …

【アウディTTクーペ】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
2