買取価格ランク【フィアット】

【フィアット500C】リセールバリューをランク付け!

投稿日:2019年7月20日 更新日:

フィアット500のオープンカー。

 

出典:goonet

本日はフィアット500Cです。

 

ちょっと前に調査にしたシトロエンのDS3カブリオと同じで、上面の幌だけまくり上げるオープンスタイル。

背面や高い位置から見られなければやや分かり辛いので、人の目が気になるけど乗ってみたいというオープンカー入門車としては良さそうな車です(ちょっと前にやったバーキン7なんかは玄人というか達人レベル)

手頃な新車価格200万台後半というところも良しですね。

 

現在も販売中です。

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・B  53%

 

 

・海外輸出情報

極プチ輸出っぽです(廃車よりはやや高いくらい)

 

 

・総評

まぁまぁこんなもんかな?

いつもの3年経過、3万キロ時のグレード別リセールがこちら。

1.2ポップ ランクC

ツインエアラウンジ ランクB

 

上下差は6%とやや開き気味で、上位グレードのツインエアラウンジが勝利となります。

 

そして市場データから見える特徴がこちら。

・30年式データの取引価格から考えると最初のズドンは(輸入車にしては)控えめ、未使用車のリセールは推定75%くらいと予想(未使用車のデータはありませんでした)

・その後1年経過1万キロ増の年間下落幅が約20万ほど(2年で40万、リセール値平均15%ほどのダウン)

・価格帯を考えれば思いのほか28年1月にあったMCの影響は重く、以前の型だと約30~40万一気に価値が下がる

・可愛らしい見た目でも人気カラーは白で、赤などの他色はマイナス10万の範疇で収まるくらいの下落

・頻繁に出てくるその当時の限定車は、パッと見た感じだと特別感無し(リセール面で優遇されている感は無い)

 

こんなもんですね。

最も目立つ特徴が恒常グレードである1.2ポップとツインエアラウンジの関係性で、この2種の新車価格差は27万ほど。

これが30年式データ、28年式データをそれぞれ比較してもそれ以上の価格差が発生しており、明らかにツインエアラウンジのリセールが良いです。

 

ちなみに30年式1万キロ目安のリセール値だとこのくらい。

1.2ポップ・・・63%

ツインエアラウンジ・・・72%

 

市場データで見る限りは流通量が半々か、やや1.2ポップが多いくらいで割とバランスは取れているんですけどね。

それでも複数台の取引データからこのような数値差が確認出来ておりますので、考えられるのは・・・排気量の差かな?

ツインエアラウンジの900cc、1.2ポップは名前の通り1200ccなので、燃費差5km/l上昇、自動車税も年間5000円安いというポイントが重視されているのかもしれません(中古車を売っていると年間5000円程度でも自動車税を気にする人は多い)

 

あとはー・・・

長く乗ることを想定したとしても、10年経過10万キロ程度ならまだまだセーフ。

そこまでハイペースで乗る人も珍しい車だと思いますけど、年5000キロ程度なら10年所有でも中~高輸出枠程度の価値は残っています。

1万キロペースでも10年経過時はおおよそ7~8%くらいありますので(ナビくらいは十分買える)、今の段階なら諦めて廃車にする必要はまったくありません。

初期の平成21年式でもあと3年くらいはなんとかなりそうなので、輸入車だからこその後半の粘りに期待して買取店巡り推奨ですね。

 

あ、ただ年間5000kmペースが多い低走行中心の車だと、その中で高年式の過走行はかなりウケが宜しくありませんので、過走行気味の方はそもそもこの車を選ばない、年数や距離数を妥協して初期投資を抑えるなどの工夫はした方が良いと思います。

平成24年あたりから過走行に対しての扱い(取引額)があまり変わっている印象がありませんので、年度落ちの影響がそれなりに強いのは7~8年経過あたりまで

それ以降は車の質、距離数のウェイトが大きくなると思っておきましょう。

 

以上、傾向はフィアット500と同じようなものですが、オープンカー補正で全体のリセールが気持ち上がったかな?と感じるフィアット500Cでございました。

 

 

おまけ

安い車、超高い車と差が凄いイタリア車に突入。

まだ未調査の車種で、過去3ヵ月に5台以上取引の確認出来る車は全て終わらしていきますので宜しくお願いしまーす!

 

 

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両が見つかったら見積もり依頼をすると、販売店からメールで総額費用を教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で比較検討していきましょう。

 

goo-net(グーネット) 中古車情報検索サイト

※一括査定ではありません

 

 

フィアット【500C】の売り先アドバイス

車はなんでも買い取り専門店を利用すれば高くなるわけではありません。

国内外の需要先や車種それぞれの傾向、流通量によって異なりますので、この車種に合わせたお勧めの売り先をお伝えしていきます。

「◎」や「〇」の売り先を積極的に検討していきましょう。

 

車買取専門店  〇

現在価値が500万以上の高額車や特別な輸出に該当しているような車、流通量の少ない車(もしくはグレード)はあまり向いておりません。

相場データを最重視した買取をしながら即現金化、差額の利益を出す商売ですので、相場データ量が少ない車や今後の価値変動リスクが高い車は往々にして安い買取額になり易く、別の売却手段を取った方が期待値も上がります。

しかし500万未満の国内需要車や特別な輸出該当車でも無ければ全般的に利用価値は強いので、よほど慣れている、ご自身の営業力に自身のある方以外は一括査定を利用しておきましょう。

単独交渉は上手くいけば一括査定よりも期待値が上がるものの、プロ相手ではあなたが負かさせる可能性の方が圧倒的に高いです。

お住まいの地域にもよりますが、最低5社以上を目標に同時査定依頼(日時を合わせて一斉に査定をすること)されると、労力と到達する金額が両立し易いのでお勧めです。

 

一括査定依頼のコツ

・査定依頼日時は申し込んでから1週間くらいと多少余裕を持つようにしましょう(今日来てくれ、明日来てくれと急な話になると、既に予定に入っているお店は辞退する可能性が高くなります)

平日の火、水、木曜日は定休日にしているお店が多いので極力回避しましょう(定休日は当然来てくれませんので業者数が減ります)

 

数日後に査定予約をして、待っている間に別の売却手段を試していくのが効率的です(要は最後の保険として活用します)

 

 

【カーセンサー】

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選ぶのが高値売却のコツです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いです。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

かんたん車査定ガイド

 

※お車の価値が30万以上くらいであればまだいいのですが、明らかに金額が厳しそうなら複数の一括査定依頼は止めておきましょう。

買取店の買取意欲減少に繋がる恐れがあります。

 

車の系統を合わせた専門店 ◎

ここで言う専門店とは「輸入車専門店」「輸出専門業者」「SUV専門店」など、何かに特化した車種や形状の車を販売、買取しているお店を指します。

専門店の内容とあなたの車が合致していれば、そのまま在庫にして貰える率は大きく上がりますので率先して交渉すべき売り先です。

難点は全国展開しているような会社は稀で、ご自身のお住まいの地域に合わせて合致しそうなお店を探す必要がありますので、普段から売り先候補を見つけておくと売却時には多少楽になりますね。

国産コンパクトカーなど、そもそも専門店がほぼ存在しない車も多いので、その場合は中古車販売店を相手に動きましょう。

 

【外車王】

輸入車専門の買取業者です。

今まで当サービス内でご利用者が複数名おり、同業から見ても驚くような金額で買取をしているケースがあります。

他の会社が絡んだとしても、今のところの成約率(査定依頼をして最高値で外車王が買い取った率)がかなり高いので、輸入車の売却先候補には絶対に入れておいた方が良い会社です。

日本全国出張査定費用は無料なので、この会社一本に絞るのではなく、本命の一つとして利用していきましょう。

外車王 輸入車・外車査定の詳細はコチラ

 

中古車販売店 

中古車販売店とは、中古車販売がメインの混在した車種を並べているお店を指します。

国内需要向け車種であれば大半は該当しますので、特に傷や凹みのあまり無い平均的な距離数の車には向いている売り先です。

車種系統は揃っていなくても車の販売単価を合わせているお店が多いので、可能な限りあなたのお車の推定販売価格と近い車を並べているお店に交渉していきましょう。

販売価格平均30万ほどのお店に300万の車を売りに行っても得られるものは何もありません。

難点は価格帯を合わせたとしても在庫にする気持ちがそのお店に無ければ買取店よりも全体的に安い金額しか言われませんので、候補を見つけてからの動く件数が重要になってきます。

 

goonetの中古車店検索はコチラ

 

オークション代行出品 △

業者間の車専用オークションに自ら出品する方法で、買取店が買い取り後に現金化する場で同じように車の現金化を行います(ヤフーオークションやメルカリのような個人間ではありません)

流通量が少なく相場不確定な車や特別な輸出該当車。

あとは相場が下落傾向にあり、買う側の警戒度が強い車などには効果的な売却方法です。

逆に流通量がそれなりにある車は買取店でもしっかり動けば高くなりますので、代行出品手数料が余計な損失になることもあります。

知識がモノを言う世界ですので、不慣れなら軽はずみに行うのではなく、色々と試してダメだった時の最後の手段くらいに思っておきましょう。

一見流通がそれなりにある車種でも、その中で流通の少ないグレードを買われるとオークション代行がお勧めになる場合もあるので、意外とお勧めするケースは多いです。

 

手数料の安い代行業者がコチラ

中古車情報館(一律2.5万円と知る限りは最安値)

Carbiz(300万未満は一律3万円、300万以上は落札代金に対しての1%なので高額車は注意)

 

買取店並みの知識で高値成約を目指したい方は、オークション代行ノウハウ資料を販売しておりますのでご検討下さい。長くご利用頂けると思います。

 

廃車業者 △

廃車の場合は買取店に行かれても中間マージンだけを取られて廃車業者へ売却されてしまいますので、それであればご自身で直接動かれた方が楽ですし金銭メリットも強いです。

過走行や傷凹みが多い車は特に廃車業者が最高値になる可能性が高いので、詳しくは上記にある海外輸出情報をご覧になりながら判別してください。

廃車業者も交渉することによって価格は変動することが多いので、見積もり後のもう一押しを忘れないようにしていきましょう

 

【廃車本舗】

全国規模の廃車専門業者です。

自社でリサイクル工場を持っており、部品の輸出も含めた価格を割り出して貰えますので期待値は高いです。

レッカーや廃車に関する費用は全て無料なので、余計なことを考えずに高値売却を目指せます。

 

廃車買取査定の詳細はコチラ

 

 

車種に合わせた大枠での売り先評価一覧は参考になりましたでしょうか?

厳密に言えば同じ車種でもグレードや距離数、選ばれたオプションなどによっても選ぶべき売却先が変わるケースもありますので、所有されている車の内容に合わせてより詳しく知りたい場合は、当ブログ内で提供している「有料査定サービス」をご利用ください。

ベーシック版で5000円と有料ではありますが、個別に現在価値や相場状況などを調査させて頂き、より高く売却出来るように買取店側の人間が具体的な数値でアドバイスをさせて頂きます(当方が買い取ることは絶対にありません)

実際の売れる金額を把握出来れば精神的にかなり楽に動けると思いますで、少しでも高く売りたい方、効率的に動きたい方はぜひ検討してみて下さいね。

有料査定サービスのお申し込みはコチラから

 

-買取価格ランク【フィアット】
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【パンダ】リセールバリューをランク付け!

フィアットの中ではかなりリセールが優秀な部類(だと思う)   出典:goonet 本日はフィアットパンダです。   パンダがニューパンダになって、ネオパンダにならずにパンダへ戻って …

【バルケッタ】リセールバリューをランク付け!

フィアットのオープンカー。   出典:goonet 本日はバルケッタです。   この後に出たニューバルケッタよりもこちらの方が有名かな? といっても過去3ヵ月で3台しか取引されてお …

【ムルティプラ】リセールバリューをランク付け!

良く言えば個性的、悪く言えばブサイクな車。   出典:goonet 本日はフィアットムルティプラです。   古い型はかなり特徴的な見た目で、私の中では一番ブサイクな車だと思っていま …

【フィアット500】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet FIAT(フィアット)500の買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 500を中古車として高く売る場合 …

【フィアット500S】リセールバリューをランク付け!

フィアット500のちょいスポーツモデル。   出典:goonet 本日はフィアット500Sです。   エアロが付いてアルミもスポーティーな感じになって、おまけにターボの基本5速MT …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

【フィアット500C】リセールバリューをランク付け!

by にー time to read: <1 min
0