買取価格ランク【ホンダ】

【ステップワゴンスパーダ】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

投稿日:2017年4月8日 更新日:

 

出典:goonet

HONDA(ホンダ)ステップワゴンスパーダの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。

ステップワゴンスパーダを中古車として高く売る場合、どのようなグレードを選んでおけばいいのか。

ステップワゴンスパーダの総合的な買取価格ランク、グレード別の価値の差や買取価格に直結する輸出動向などなど。

現在の市場相場を調査しながら解説していきます。

また、お得なステップワゴンスパーダの中古車購入ポイントもこの記事を見れば分かるはずです。

ステップワゴンスパーダを高く売ろうと思っている方、これからお得に買おうとされている方はそれぞれ参考にして下さい。

 

 

車屋(買取店)から見えるホンダ【ステップワゴンスパーダ】の印象

本来のステップワゴンスパーダの立ち位置は、ステップワゴンという本家のサブで排気量を大きくしたりスポーティーモデルにしたりと。

要はおまけ的な車種として存在していました。

しかし平成27年から販売された5代目ステップワゴンからはスパーダが本家。

市場流通量もスパーダの方が多いですし、セレナやヴォクシーの外観デザインに対抗出来るのもスパーダのデザインじゃないと無理でしょう。

本家ステップワゴンの大人しい見た目じゃ若い人のウケは弱すぎるでしょうからね。

特に平成29年のマイナーチェンジ以降から需要が上がっていると思われます。

 

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】モデルチェンジ歴 

2009年10月 初代ステップワゴンスパーダ販売開始

2012年4月 マイナーチェンジ

2015年4月 フルモデルチェンジ 2代目ステップワゴンスパーダ販売開始

2017年9月 マイナーチェンジ

 

※周期は約2年半~3年ほど。

 

※新車価格やグレード一覧はこちらを参考にして下さい・・・goonet様カタログ

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】の買取価格ランク(3年経過時)

 

ランク・・・S  61%

 

※3年経過30000kmを基準にした、全グレードの平均値となります。

 

ランク早見表

総合ランク 買取価格/新車価格(3年経過) 各ランクについての解説
SSS 80%~ 全車種の1%にも満たない超高額の買取価格が期待出来ます。売る時は心ゆくまで交渉しましょう。
SS 70%~79% このランクに該当していれば相当ラッキーです。車の形状によってはこの枠に入ることすら許されません。
S 60%~69% 人気車種を買っている証拠です。お隣さんが悔しがります。
A 55%~59% 平均よりはやや上です。上には上がありますが、欲しかった車なら満足度とのバランスもそれなりに取れているはず。
B 50%~54% まさに平均です。可もなく不可もなく。この辺りから中古車を買うメリットも大きくなります。
C 40%~49% 売る時やや辛くなるランクです。特に高額輸入車はこのランクが多いので、中古車にもしっかり目を向けてみましょう。
D 30%~39% 新車で買えば泣きをみます。誰かが助けてくれるわけではありませんから後悔する前に検討を。
E 20%~29% 新車で買ってたら涙も出ません。買っちゃダメ。絶対。
Z 0% 既に最終モデルでも価値はありません。廃車が最有力となります。

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】の海外輸出情報

基本低輸出(たぶん国内部品取り)

5年規制はあるっぽい・・・高輸出に該当

 

輸出価格早見表

輸出ランク 目安価格
超高輸出 距離数に関係無く、100万以上のかなり高い相場で輸出されている(水準が高い分、状態に左右されることも多い)
高輸出 距離数に関係無く、50~100万未満の高い相場で輸出されている(修復歴はNGなど条件が付く場合もある)
中輸出 距離数に関係無く、25~50万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はあまり関係無くなる)
低輸出 距離数に関係無く、15~25万未満で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
プチ輸出 距離数に関係無く、10万前後で相場されている(このあたりになると車両状態はほぼ関係無くなる)
極プチ輸出 距離数に関係無く5万前後で相場されるが、排気量によっては廃車と変わらないレベル

※部品取りとして価値(底値)が存在する場合も含めているので、必ず海外輸出されるということではありません。

?車の輸出を狙うなら知っておきたい〇年規制について

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】の調査結果

27年でFCが入っているので前型最終という不利な状況ではありますが・・・

これは少々予想外の展開。

分家のノーマルステップワゴンに負けてるじゃありませんか(こちらも前型で調査しています)

 

んー・・・

良くも悪くも“ホンダ車の特徴”“ミニバンの特徴”がしっかり出てますね。

まずは3年経過3万km時のグレード別リセールランクをご覧下さい。

リセール低下の原因がこれで分かります。

S(2WD) ランクA

S(4WD) 不明

Z(2WD) ランクS

Z(4WD) ランクS

Zクールスピリット ランクS

Zクールスピリット ランクSS

Zi(2WD) ランクB

Zi(4WD) 不明

 

一目瞭然ですね。

ノーマルステップワゴンと違って上下差が非常に広く、特に最上位のZiが足を引っ張りまくってます。

 

ちなみに流通量の差は

Zi < S <<< Z << Zクールスピリット

 

このような感じ。

オデッセイハイブリッドと同じで、最上位はその下の「Zクールスピリット」と比較して50万ほどいきなり価格が上がります。

2000ccクラスのミニバンで総額400万近くじゃそりゃ買う人相当少ないでしょうな・・・

アルファードとかもっと上のクラス狙えちゃいますし。

 

また、最下位グレードとなる「S」は標準が片側パワースライドドアのためこれも納得。

オプションで両側パワースライドにすればその上での「Z」と取引実数値が変わらなくなります。

で、スポーティーミニバンはそれなりに見た目と装備に拘る方が多いので、「Zクールスピリット」の流通、中古需要が一番高いと。

うん、分かりやすい。

 

 

では次にこの車の特徴です。

・やっぱりホンダは4WDが強い(というより4WDの新車購入率が低い)

・2WDとの新車購入差分(約30万ほど)が3年程度ならそのまま2WDの価格に乗っかります

・色は黒白安定、次点でパープル(ワイン、シルバー、グレーはスポーティーミニバンでは非常にまずいです)

・距離減点(距離を走ることによる損失)がホンダらしく大きめ

・片側パワスラと両側パワスラの差は20万ほど

・メーカー9インチナビの効果は薄い(社外のワイドタイプと変わりません)

・修復歴になるとマイナス30万くらいは覚悟

・国内流通なので傷や凹みは価値が目減りしていきます

 

こんなもんですね。

2WDと4WDの差はフリードと同じ。

 

4WDの圧勝です。

 

まぁ新車価格も上がる分得するわけではないので、まったく必要無いなら選ぶ必要は無いと思いますが(笑)

 

あとは極端に特徴的な部分は無いかな?

よくある中間クラスのミニバンの特徴そのままだと思います。

 

なので現行型を検討されている方。

安心して下さい。

現在は今回調べた「Zi」のようなやたら高い最上位モデルは消えております。

ホンダさんもそこら辺は気付いたんでしょう。

 

なので買うなら上位のクールスピリットお勧め。

 

2WDと4WDも悩むくらいなら、そして3年5年での入れ替え予定なら4WDはお勧め。

カタログ値で燃費差0.4km/lしかない。

 

なのに売る時は高い。

 

でも年間1.5万キロ以上走る予定の人はお勧めしません。

 

過走行予定の人はトヨタ車を買った方いい。

ステップワゴンの輸出なんて強くないんだから、距離を走っても海外に運ばれやすいメーカー、車種を買った方が高く売りやすいので結果的に得をします。

 

あ、現在所有の方は特に気にすることなく好きなタイミングで手放しても大丈夫です。

5年規制はあるっぽいですけど、さすがに一般の方が5年で20万キロとか30万キロ走らないでしょう。

年間3万キロ、トータル15万キロくらいならまだ国内に廻りますので、安心していいのか良く分かりませんがご安心を。

 

 

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両が見つかったら見積もり依頼をすると、販売店からメールで総額費用を教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で比較検討していきましょう。

 

goo-net(グーネット) 中古車情報検索サイト

※一括査定ではありません

 

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】の売り先アドバイス

車はなんでも買い取り専門店を利用すれば高くなるわけではありません。

国内外の需要先や車種それぞれの傾向、流通量によって異なりますので、この車種に合わせたお勧めの売り先をお伝えしていきます。

「◎」や「〇」の売り先を積極的に検討していきましょう。

 

車買取専門店  ◎

現在価値が500万以上の高額車や特別な輸出に該当しているような車、流通量の少ない車(もしくはグレード)はあまり向いておりません。

相場データを最重視した買取をしながら即現金化、差額の利益を出す商売ですので、相場データ量が少ない車や今後の価値変動リスクが高い車は往々にして安い買取額になり易く、別の売却手段を取った方が期待値も上がります。

しかし500万未満の国内需要車や特別な輸出該当車でも無ければ全般的に利用価値は強いので、よほど慣れている、ご自身の営業力に自身のある方以外は一括査定を利用しておきましょう。

単独交渉は上手くいけば一括査定よりも期待値が上がるものの、プロ相手ではあなたが負かさせる可能性の方が圧倒的に高いです。

お住まいの地域にもよりますが、最低5社以上を目標に同時査定依頼(日時を合わせて一斉に査定をすること)されると、労力と到達する金額が両立し易いのでお勧めです。

 

一括査定依頼のコツ

・査定依頼日時は申し込んでから1週間くらいと多少余裕を持つようにしましょう(今日来てくれ、明日来てくれと急な話になると、既に予定に入っているお店は辞退する可能性が高くなります)

平日の火、水、木曜日は定休日にしているお店が多いので極力回避しましょう(定休日は当然来てくれませんので業者数が減ります)

 

数日後に査定予約をして、待っている間に別の売却手段を試していくのが効率的です(要は最後の保険として活用します)

 

【カーセンサー】

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選ぶのが高値売却のコツです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いです。

 

《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

 

【かんたん車査定ガイド】

最大10社の査定が取れる一括査定です。

ただし最高額が分かるわけではありませんので、あくまで査定確保ツールとお考え下さい。

査定数が増えれば高額売却になりやすい在庫採用などのチャンスは広がります。

 

かんたん車査定ガイド

 

※お車の価値が30万以上くらいであればまだいいのですが、明らかに金額が厳しそうなら複数の一括査定依頼は止めておきましょう。

買取店の買取意欲減少に繋がる恐れがあります。

 

車の系統を合わせた専門店 〇

ここで言う専門店とは「輸入車専門店」「輸出専門業者」「SUV専門店」など、何かに特化した車種や形状の車を販売、買取しているお店を指します。

専門店の内容とあなたの車が合致していれば、そのまま在庫にして貰える率は大きく上がりますので率先して交渉すべき売り先です。

難点は全国展開しているような会社は稀で、ご自身のお住まいの地域に合わせて合致しそうなお店を探す必要がありますので、普段から売り先候補を見つけておくと売却時には多少楽になりますね。

国産コンパクトカーなど、そもそも専門店がほぼ存在しない車も多いので、その場合は中古車販売店を相手に動きましょう。

 

中古車販売店 

中古車販売店とは、中古車販売がメインの混在した車種を並べているお店を指します。

国内需要向け車種であれば大半は該当しますので、特に傷や凹みのあまり無い平均的な距離数の車には向いている売り先です。

車種系統は揃っていなくても車の販売単価を合わせているお店が多いので、可能な限りあなたのお車の推定販売価格と近い車を並べているお店に交渉していきましょう。

販売価格平均30万ほどのお店に300万の車を売りに行っても得られるものは何もありません。

難点は価格帯を合わせたとしても在庫にする気持ちがそのお店に無ければ買取店よりも全体的に安い金額しか言われませんので、候補を見つけてからの動く件数が重要になってきます。

 

goonetの中古車店検索はコチラ

 

オークション代行出品 △

業者間の車専用オークションに自ら出品する方法で、買取店が買い取り後に現金化する場で同じように車の現金化を行います(ヤフーオークションやメルカリのような個人間ではありません)

流通量が少なく相場不確定な車や特別な輸出該当車。

あとは相場が下落傾向にあり、買う側の警戒度が強い車などには効果的な売却方法です。

逆に流通量がそれなりにある車は買取店でもしっかり動けば高くなりますので、代行出品手数料が余計な損失になることもあります。

知識がモノを言う世界ですので、不慣れなら軽はずみに行うのではなく、色々と試してダメだった時の最後の手段くらいに思っておきましょう。

一見流通がそれなりにある車種でも、その中で流通の少ないグレードを買われるとオークション代行がお勧めになる場合もあるので、意外とお勧めするケースは多いです。

 

手数料の安い代行業者がコチラ

中古車情報館(一律2.5万円と知る限りは最安値)

Carbiz(300万未満は一律3万円、300万以上は落札代金に対しての1%なので高額車は注意)

 

買取店並みの知識で高値成約を目指したい方は、オークション代行ノウハウ資料を販売しておりますのでご検討下さい。長くご利用頂けると思います。

 

 

車種に合わせた大枠での売り先評価一覧は参考になりましたでしょうか?

厳密に言えば同じ車種でもグレードや距離数、選ばれたオプションなどによっても選ぶべき売却先が変わるケースもありますので、所有されている車の内容に合わせてより詳しく知りたい場合は、当ブログ内で提供している「有料査定サービス」をご利用ください。

ベーシック版で5000円と有料ではありますが、個別に現在価値や相場状況などを調査させて頂き、より高く売却出来るように買取店側の人間が具体的な数値でアドバイスをさせて頂きます(当方が買い取ることは絶対にありません)

実際の売れる金額を把握出来れば精神的にかなり楽に動けると思いますで、少しでも高く売りたい方、効率的に動きたい方はぜひ検討してみて下さいね。

有料査定サービスのお申し込みはコチラから

 

ホンダ【ステップワゴンスパーダ】のライバル車

【国産車】

・トヨタ エスクァイア 

・トヨタ ヴォクシー 

・トヨタ ノア 

・日産 セレナ  

・ホンダ ステップワゴン 

・ホンダ オデッセイ 

・ホンダ オデッセイハイブリッド 

・三菱 デリカD:5 

・スズキ ランディ

・トヨタ アルファード 

・トヨタ アルファードハイブリッド 

・トヨタ ヴェルファイア 

・トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 

・日産 エルグランド

 

【輸入車】

・ベンツ Vクラス 

・フォルクスワーゲン シャラン 

 

SNSで共有して頂けると管理人の励みになります!宜しくお願いします!

 

 

-買取価格ランク【ホンダ】
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【N-VAN】リセールバリューをランク付け!

平成30年から販売開始となった新しいホンダの軽バン。   出典:HONDA 本日はN-VANです。   最初はバモスの後継?って思いましたけど、バン専用車なのでどちらかというとアク …

【オルティア】リセールバリューをランク付け!

オルティア三兄弟の長男。   出典:goonet 本日はオルティアです。   昔はそこそこ見た。昔は。 代車で良い働きをしてくれた優秀な車です。   平成14年に生産終了 …

【ゼスト】リセールバリューをランク付け!

ホンダのそれなりに売れていたけど見切り付けられたシリーズ!   出典:goonet 本日はゼストです。   販売期間は平成18年~24年まで。   この車結構査定したんだ …

【フリード+】リセールバリューをランク付け!

なんとも微妙な路線の車作ったねホンダさん。   出典:goonet 本日はフリード+です。   私の周りではまったく話題になってませんが、皆さんの周りでは話題になっているでしょうか …

【ステップワゴン】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

  出典:goonet HONDA(ホンダ)ステップワゴンの買取価格について、車の専門業者のみが見れる会員制オートオークションデータから調査、分析をしてみました。 ステップワゴンを中古車とし …

プロフィール


管理人 にー 

本業は買取業メインの車屋さん。

ブロガー&カーコンサルタントとして、いかに損をせずに車と向き合っていけるかを色々な視点から解説しています。

【ステップワゴンスパーダ】買取・査定価格をランク付け!【ライバル車と比較しよう】

by にー time to read: 1 min
0