車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【コペン】リセールバリューをランク付け!

      2017/04/01

25年くらい前に流行ったっぽい軽オープン。

それが終わった後に唯一復活した車なのかな。

 

本日はそんなコペンです。

 

一定以上の人気はあったと思います。

ワゴンRやムーブは別にしても、軽自動車の中でも査定数は多かったはず。

そしてリセールじゃない部分で買取店泣かせの車でもあります。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・SS

 

 

・海外輸出情報

全てプチ~低輸出に該当

 

 

・総評

ちょっと厄介ですね~この車。

一度平成24年9月で生産終了。

その後26年6月で再度販売開始。

 

いつもリセール割り出してる25年(3年経過)が無いじゃない!!

 

というわけで無いものはしょうがないですし、新しく販売開始された新型、26年式で調べて見ました。

出始めは1種のみのグレードにATorMT設定となりますので非常に簡素になりますが、グレードで見るとこうなります。

 

ローブ(AT)・・・75%

ローブ(MT)・・・82%

 

非常に分かり易いですね。

 

見た感じからスポーツカーを連想させる車ですので、当然マニュアルの方がリセールは上がります。

 

もう1年経過でオートマがランクS、マニュアルがランクSSって感じっぽいですね。

 

 

ただ。

 

 

ただただ。

 

 

この車の場合はこれとは別に書かなきゃいけないこともあります。

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、コペンはずーっと丸目でした。

それが上記の画像のような顔に変わり・・・まぁ賛否両論あったわけです。

 

そして・・・

 

丸目が色々な事情により平成27年に復活しました。

 

そして現在は同時並行して販売と。

で、気になるのは同じ車種名、ただ顔はまったく違うこのコペン。

 

どっちがリセール良いの?って話です。

 

当然新車価格も似たり寄ったり。

性能もグレードが同等なら同じです(たぶん)

 

なら・・・好みがどちらかに寄ってなければ売る時高い方がいいですよね?

 

本当は両方販売されてから3年後くらいを見比べるのが一番良いんですけどね~。

残念ながら販売されて間もないためその比較が出来ませんので、あくまで1年経過くらいを見ての暫定的な内容と思ってください。

 

 

 

では結論。

 

 

 

丸目圧勝。

 

 

あくまで1年経過くらいの現在の内容です。

ただ圧勝。

 

同等内容で価格差が約15万前後あります。

 

新車価格からすると10%まではいかないですが相応の内容です。

たぶん・・・3年後もこの流れは変わらないんじゃないかなぁ。たぶんですけど。

 

今から買おうとしている方は特に注意した方が良い部分ですよ。

 

 

あとはー・・・

現在所有されている方。

コペンはひたすらに根強い人気がありますので、トヨタ車バリに廃車という選択がありません。

20万キロ超えた初期型でも価値が残っています。

ちょっと輸出なのか部品取りなのかは分からないですけどね。

 

マニュアルだからーとかグレードがアルティメットだからーというのもありませんので、乗っている方はしっかりと高値目指して売りましょう。

 

そんなもんかな!

乗ってどうのは個人差があるので割愛しますが、リセールで見ると非常に良い車です!!

後々も価値が残るという意味でランクはSか悩みましたがSSにしてみました。

 

 

 

あ、そいや冒頭の買取泣かせというのはあまりユーザーには関係ありません。

 

いや無くもないか。

新型の方は改善されたのかもしれませんが、この車。

 

フロント両フェンダーのボルトがとにかく錆びます。

 

構造上水が溜まるのが原因?良く分かりませんが、このおかげで買取店は事故車かどうか凄く悩みます(笑)

ボルトを回しているかで交換しているかどうか判別するのが基本なんですけど、それが思うように出来ないんですよね。

査定に慣れていれば触った感触だったり他の方法で判別するんですが、不慣れだと・・・

 

奥義!なんとなく事故!!

 

これ食らいます。

 

ユーザーが注意する部分では無いですが、事故が無いなら無いと自信を持って言いましょう。

 

いつぞや記事に書いた2重査定をしない会社だと・・・

奥義を食らって損する可能性がありますよっと!

 

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクダイハツ車