車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

リセールバリューをランク付け! 【フォレスター】

   

こちらも読者さんからの希望で先にやります。

 

本日はフォレスター!

 

非常に人気が高いように思えます。

 

特に今の現行型が出てからですね。

何度この車の乗り換え話を聞いたことか・・・(大体納期が長くて査定しても車買えてない)

 

 

一応読者さんはD型の内容をご希望とのことでしたが・・・

 

あ、一応D型ってなんぞって人もいっぱいいそうなので簡単な解説。

 

スバルは基本、毎年車のマイナーチェンジを行います。

他メーカーは3年とか落ち着いてきたころにって感じですね。

なので現在がどの型かを表すため、フルモデルチェンジスタート時がA型。

以降マイナーチェンジの度にB型、C型・・・と呼んでいくわけです。

ちなみにD型は平成27年10月以降の生産、であってるはず。たぶん。

 

 

ただ!

これは質問された方には大変申し訳ない話ですが

買取店はこの○型という部分をあまり意識しておりません。

 

意識しなくても業務上特に問題はないので、気にする必要が無いのです。

 

これは毎年マイナーチェンジを行っているが故にですね。

3年に一度とかだと前期後期で値段が大きく変動したりしますが

毎年だと単純に経過年数の違いで差があるくらいで、マイナーチェンジだから値段が~ってことにあまりなりません。

 

○型だから云々~と言うこともありませんので、あくまで○型は買う人の好みと思ってください(一部フロントマスクが大きく変わるなどあれば、それは別として見ています)

 

では長くなりましたが、どうせなんでフォレスター全体を見てみることにします。

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  69%

 

 

・海外輸出情報

平成17~平成19年(2代目フォレスター)・・・極プチ~プチ輸出

平成19~平成24年(3代目フォレスター) ・・・中~高輸出

平成24~(現行フォレスター)・・・超高輸出

2代目フォレスターSTiバージョンのみ・・・中~高輸出

 

 

・総評

まずこのリセールを調べた現行型に関しては、主にこのように分かれます。

 

・ターボなのかノンターボなのか

・アイサイトなのかそうじゃないのか

・おまけでオートマなのかマニュアルなのか

 

それぞれ確認していくと、まずアイサイトが付いている方がリセールはちょっと高い。

ノンターボとターボはどちらでもOK。特に変わりません。

マニュアルとオートマはマニュアルの方が気持ち高い。

 

ただリセールが一番下のグレードと上のグレードとで差は10%もありません。

 

よってグレードは好みで良いのかと思います。

 

ちなみにどれもランクS(後半)~ランクSS(前半)という感じです。

 

やっぱり人気ありますねフォレスター!

 

 

あーでも色はちゃんと気にしましょうね。

白黒とシルバーとでは結構な差がります。

買うならこの2種類の色にしないと5年経過以内の手放しなら15~20万くらいは価値が落ちると思ってください。

 

 

そして輸出に関しては見ての通りですね。

型によって輸出底値が変わります。

つまり何代目のフォレスターに乗っているかってことですね。

 

それでも生産12年くらいは特別なグレードを除き、安定して輸出には該当する車両です。

 

一部トヨタ車のブッ飛んだ輸出該当車両と比較しちゃうとアレですが

国内も良し、海外も良し。

 

さすがスバルの看板車!

 

そういえば昔フォレスターの特需がちょっとだけあったなー忘れてました。

新車価格超えるとかそういう類のものでは無いですけどね。

 

 

 

あ、あとこれからフォレスターを買おうとしている方。

ディーラーでは絶対に言わない(言ってくれない)情報を最後に残しておきます。

 

グレードは上記のようにそこまでリセール差がありませんので、予算と好みに合わせて何を買ってもいいと思います。

と言ってもオークション車両の7割くらいはアイサイトで埋まってますので、たぶんこの記事を見ている方もアイサイト希望の方は多いのでしょう。

 

そんなアイサイトが欲しい人の中で、高速を乗ることが多い人。

フロントガラスの飛び石には気を付けて下さいね。

 

近所の買い物くらいでトロトロ走る分には問題無いと思いますが、高速走っていると石が飛んできてフロントガラスに傷が付きやすくなります。

内容によっては亀裂が入り、そのままヒビワレのような感じになるわけですが、そうなったら当然ガラスを交換しなくてはなりません。

 

 

しかしアイサイトを選ぶと・・・

フロントガラスの修理費用が結構なお値段になります。

 

これはアイストップとか衝突防止の自動制御機能が付いている車全般に言えることかも(他メーカーはよく分からん)

 

中古品がほぼ無いため専用のかなり高いフロントガラスを新品で買い、さらにディーラーでアイサイトの登録(有料)をしないといけません。

普通の車なら中古で6万~7万くらいもあればガラス交換なんて出来ますが、これが20万くらいかかってしまいます。

 

グレードをアイサイトにするのに、新車だと10万円しか値段が上がらないのにです。

 

これで泣いた人を数人見ています。

知り合いはお金が用意出来ず、警察に怯えながら亀裂が入ったガラスで数ヵ月走っていました。

 

南米かよ!って感じですが、良いことばかりではありませんので、かっ飛ばして走る方は注意しましょうね。

 

あ、もちろん売る時も買取店はフトントガラスの飛び石キズよく見てますよ。

再販するとなれば大きな修理費用が掛かりかねないマイナス要因と思っていますので・・・

 - リセールランクスバル車