車高価買取を実現させるための裏技集

知識は宝、情報は力、活かして財産に変えるかはあなた次第

*

【CX-5】リセールバリューをランク付け!

      2018/03/08

読者さんからこの車の希望がありましたので優先して調べてみました。

 

そんなわけで本日はマツダのCX-5です。

 

私の中のマツダ株が大きく上がった要因の1台でした。

トルクもあって踏めば早いという印象が強いです(ディーゼル)

 

 

別窓になっていますので、ランクを確認する前にまずはこちらのランク表をご覧下さい。

ランクの見方が書いておりますので、見比べると分かり易いです。

 

スポンサーリンク

 

・リセールバリューランク

 

ランク・・・S  67%

 

 

・海外輸出情報

普通に走ればなんでも高輸出枠に該当

 

 

・総評

あれ?

 

あれれ??

 

 

久しぶりにこの車の相場見たんですけどね・・・

 

ランクSに該当していますが、昔はもっと高かった!!

グレード別に調べてみましたが、2000ccのガソリンと2200ccのディーゼル。

 

現在はほぼリセール割合変わっておりません。

 

25年から出ている2500ccはワンランク落ちますが・・・

 

んーおかしいなディーゼルはもっと高水準で取引されていたんだけどなぁ。

 

 

 

一応この車の特徴でいきますと、月並みですがサンルーフは希少性が高く評価が非常に高いです。

 

また、これはCX-5というよりはマツダがという内容ですが

本来はひどい扱いを受けるマツダ推し推しのワインレッド

近所のマツダディーラーでは全車種展示車両はこの色で統一していたりしますが

マツダの最近の車に限ってはこの色の需要は悪くありません。

 

もちろんパール、黒には負けますが、底辺這いつくばるような色ではありませんので

CMなどを見てこの色が気に入った方なら候補に入れても問題ないんじゃないかなーと思います。

 

輸出にも非常に強い色ですしね。

 

あ、別設定である赤は底辺這いつくばります。

地べたペロペロ、プリケツ状態。

買うなら覚悟しましょう。

 

 

一応人気車種なので購入の個人的なお勧めですが

現在リセール自体はガソリン、ディーゼルほぼ同等レベルとは言え、

 

やはり将来性があるのはまずディーゼルかと思います。

 

 

購入費用はガソリン車より高くなりますが、特に距離を乗る方はディーゼル一択。

Lパケにするかどうかは好みですね。

 

あと2WD4WDをどうするかは、傾向で言えば2WDの方が輸出に強いはずです。

あまり距離を乗らない(輸出の恩恵を受けにくい)方は好きな方でいいと思いますが

距離走る方は住んでる地域が問題無ければ2WDの方がいいでしょう。

 

また、そこまで予算が無い!

けどCX-5に乗りたい!

 

こんな方はガソリンの「20S」がお勧めです。

 

大きな差はありませんが一番リセールが高く、このグレードに限ってはランクSS枠に入っております。

 

まだ販売開始されてから4年とそこまで期間が経っていないので今後の展開が気になるところですが、まぁ知名度、人気含めて大きく下落するということは考えにくいでしょうたぶん(不祥事が無ければ)

 

 

【更新】平成29年4月4日

新型CX-5のオークション第1号車が出ました。

特定グレード限定のお話ですがリセールで言えば80%台・・・

うーん特別なプレミア価格にはなっていない模様。

これからどう動いていくかが見物ですな。

 

 

【更新】平成30年3月7日

更新アンケートで1位になったためCX-5の記事を更新していきます。

最初に作ったのはもう2年くらい前か・・・

その後FCも入って色々と変動起きてそうですしどうなっているかなー!

ということで早速調査開始です。

 

以前はグレード別もやっていなかったようなので、まずは気になるグレード別いってみましょう!

20S(2WD) ランクS

20Sプロアクティブ(2WD) ランクS

XD(2WD) ランクS

XD(4WD) ランクS

XDプロアクティブ(2WD) ランクS

XDプロアクティブ(4WD) ランクS

XD-Lパッケージ(2WD) ランクS

XDーLパッケージ(4WD) ランクS

25S(4WD) ランクS

25Sプロアクティブ(4WD) ランクS

25S-Lパッケージ(2WD) ランクA

25S-Lパッケージ(4WD) 不明

 

上下差8%。

一番良かったのが20SプロアクティブとXDプロアクティブ(4WD)で同率でした。

 

まず調査して思ったのが、足を引っ張っている25S-L(2WD)以外ほぼ60%前半で収まっていて差がないということ。

以前調査時にもガソリンとディーゼルの差が無くなったなーと思ってましたけど、この傾向は変わらず今も続いているようですね。

 

そして2WDと4WDとでどちらかが強いというのも無し。

これは相場を見ていても高い水準で輸出該当していないことが原因と思われます。

よほどの過走行(15万キロオーバーとか)でも無い限りはずっと国内需要という印象なので、グレードによって4WDがたまたま高かったり2WDが高かったりと・・・

特に統一性が無いというのもCX-5の特徴になるんでしょうね。

 

そしてそして・・・ちょっと怖いなと思ったのが取引価格の幅。

有料版にしろこういったリセール調査にしろ、相場を見ると廃車前提車両でもない限りは必ず価格にブレ幅が存在します。

この部分は市場データがオークション形態を取っているので当たり前と言えば当たり前なんですけど、CX-5は価値と比較してこのブレ幅が少々大きいです

一般的には流通量の多い国産車だと大体10万くらいの幅が基本なんですけど(価値が高くなればブレ幅も大きくなる)、この車の場合はおおよそ15万~20万くらい

このくらいの価格差が、年式も距離も色も装備も状態も・・・ほとんど一緒でしょって車なのに発生しているんですよね。

 

おまけに不人気色だから発生しているというわけでも無く、人気色のパール&黒でも発生してしまっているので売る時はちょっとキツいというかハードルが高いタイプの車です。

 

買う側は赤字回避のために安いデータを見ようとしますので、なんとなく動くと最悪安いデータから割り出された保険価格比べて睨めっこすることになります。

 

 

うーんなんだろうなぁ・・・

グレード別リセール調査はほとんど抜けも無く出来たし台数は非常に豊富。

 

それが・・・逆に仇になってるのかな・・・

 

他にも買う側の選別が激しい、と言うよりは仕入れ意欲が少し弱いような特徴も見えますので、下記内容を参考にして下さいませ。

・難有り車両(修復歴や傷凹みなど)の価値減少が異常に大きい(修復歴までいかないけどちょっと傷凹みが多いというくらいで20万30万落とされる)

・全体的に高い印象を受ける色は白黒、次いでマツダレッド(ワイン?)

・シルバーが一番弱く、次いでコンやグレーと続いていく

・サンルーフは高い時(+20万以上)と評価がまったく入ってない時とがあり安定性に欠けている(国内需要だとそこまで安定的なニーズが無いのか?)

 

目立つのはこんなもんですかね。

 

なんだかお客さん注文とかで仕入れよう!と思った時はそれなりの予算突っ込むけど、それ以外は安かったら一応落札しようかなくらいの本気で欲しい感じじゃない落札って言ったらいいんですかね(笑)

気持ち供給の方が多くなっているような、そんな感じの印象があります。

 

みんな新型に目が向いちゃってるからなのかなぁ。

新型の市場価格は高いしね・・・

 

ちなみに気になっている人もいるであろう新型の取引価格。

こちらはいくつかグレードをピックアップして差額調査をしてみましたが・・・

 

28年式(FC前最終)と29年式(FC後初期)での価格差は平均70万円ほど。

 

 

いやいやデカいし。いやいやいやデカいし!!

 

それだけ国内の人気も強いんでしょうけどね~こりゃ次のMCとかも注意しとかないと、いつの間にかメガトンパンチ食らう可能性がありそうで怖いです。

 

  

 

現在新型偏重となっているCX-5。

 

その中で敢えて前型の中古狙って安く済ませるか(それでもランクSなんで高いけどね)

 

やっぱり新型でしょ!と新車or新古車狙いでいくか。

 

好みや予算によって考え方も違うでしょうけど、こちらが現在の情報ですので参考にして頂き良いお買い物をして頂ければと思います。

 

そして所有されている方は新型なら次のMCに注意すること。

前型所有の場合は次のMCの影響はあまり考えなくても良いと思いますけど、現在供給過多っぽい特徴がチラホラ見えておりますので、今後大き目の下落(安い方の取引データに釣られる)の可能性を秘めています。

通常の落ち方と違っていきなり数週で下がるというパターンに入ることもありますので、ポイントとしては中古車屋の仕入れがストップしてくる3月中頃~4月いっぱい。

ここを乗り切れば大丈夫そうな気もしますが、乗り切れないとヤベベな気がします。

注意してなんとかなるもんじゃありませんけど、一応頭の片隅にでも入れておいてください。

 

というわけでFCが入っても大きく下がらなかった分、ちょっと今後が怖いCX-5でございました!

 

あ、ちなみに輸出は現在確認出来る限り、ガソリン、ディーゼル共に高輸出枠です(記事上にある輸出情報は変更しておきました)

 

 

【goo】

中古車に興味を持ったらこちらから。

気に入った車両は見積もり依頼をすると、販売店からメールで教えて貰えます(県外の場合は陸送費用など含めて)

表示されている価格だけで予算を組むのは大変危険です。

しっかり総額を確認した上で予算を組んでいきましょう。

 

※一括査定ではありません

 

 

【カーセンサー】

売却を検討している方はこちらから。

高額売却に結び付きやすい地場企業や、車によっては県外の専門業者からも問い合わせが入ります。

極力聞いたことのある会社だけでなく、聞いたことの無い会社を選んで下さいね。

 

 

【ズバット車買取比較.com】

こちらも地場企業の参加率が高い一括査定サイトです。

オークション転売が主体の会社では無く、自店に在庫として並べる会社を見つけられるかがポイント。

小規模店、地場企業の方が営業力が無い&自社販売率が高いので、話がスムーズなことが多いですよ。

 

 

 

 

 - リセールランクマツダ車